格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国の無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

キャンプも自宅と一緒で快眠に!インフレータブルマットの使い心地は?

キャンプと聞いて思い描く物って何でしょう?

 

テント、BBQ、寝袋、ランタンなどを最初に思い浮かべる人が大半だと思います。

 

ですが・・ 

 

楽しいキャンプを過ごす為に、一番重要な事ってなんだと思いますか?

 

答えは睡眠です!

 

実はキャンプ初心者の時にはここが疎かになっていて、大失敗した経験があります。

 

( ノД`)シクシク…

 

⇩その大失敗した初キャンプの記事です⇩

www.a-chancamp.com

 

単純に、いくら大自然の中で奇麗な景色を見たり、自然の開放感の中で美味しい食事をしたり、焚き火でマシュマロを焼いたり、奇麗な星空を眺めたりしても、最後は眠るんですよ!

 

しかも、眠るのはテントです!

 

そして使う寝具は寝袋なわけなんですが、初心者がこういった中で快適に眠れるかと言ったら正直難しいと思います。

 

理由として

 

①自宅に比べて物音が凄く聞こえる!

 

例えば、川の近くなら水の流れる音が聞こえますし、海の近くなら波の音が聞こえますよね?ただ、この音って起きていたら心地良かったりしますが、いざ眠ろうとすると雑音でしかないんです。

 

しかも、風が強くなるとテントがバタつく音や、雨が降ればテントに雨粒が叩きつける音などの自然の音以外にも、他のキャンパーが騒ぐ声や、人の歩く音まで聞こえますので、そんな環境でいきなり眠れるぐっすりと眠れる訳がないんです。

 

まあ、耳栓とアイマスクを使えば問題は解決しますが・・w 

 

②自然の影響を受けやすく不安になる! 

 

これは、10年近くキャンプをしている我が家も今でも気になる問題です。

 

テント設営において設営場所の傾斜や、ペグ打ち、ガイロープのテンションなどをしっかりしていても、急な天候の悪化で風が強くて、雨足が強くなってくると今でも心配になりますね。

 

※初キャンプで設営が適当でテント内に浸水した経験があるからかも・・w

 

ただ、この問題も物音と連動する事なので耳栓すれば解決は出来るのでしょうが・・w

 

③寝心地が悪く暑さ寒さの影響を受けやすい!

 

自宅でのベッドや布団と違って、そもそも寝る場所に地面の凸凹や、地面の傾斜があると眠りにくいうえに、背中まで痛かったりしますし、寒い時期は冷気が地面から伝わってきます。

 

また、キャンプをする時期にもよりますが、当然ながら夏は暑かったり、冬は寒かったりしますので、気温などを事前に調べておくことが肝心です。 

 

そして、上記で説明した①音、②天候不安も睡眠を妨げますが、①、②の問題は行き先を変えたり、天候を事前に調べたりで、軽減したり対策はできますが、③寝心地については、根本的な解決方法が必要になります。

 

逆から考えれば、寝心地改善が出来れば快眠出来るという事ですね!

 

 

テント内について

 

ちなみに我が家の寝る際のテント内の説明をしますと、まず最初に我が家が使用しているテントは2つありますが、スノーピークのヴォールトで説明します。 

 

by カエレバ

 

まずは、寝るテントの外側にフライシートがあります⇩この部分が、雨や風から守ってくれるシェルターです。

f:id:A---chan:20191104113535j:plain

中はこんな感じで、奥にインナーテント(眠るテント)を吊り下げる訳なんですが、当然ながら屋外になりますので、ここは地面でそのままインナーテント(眠るテント)を敷くと、床面が汚れたり、傷ついたりするので、保護するためにグランドシートを敷くわけです。 

by カエレバ

我が家はスノーピークの純正品を使っていますが、高いので湿気対策や雨水対策なら市販されているブルーシートで代用もできます。

 

そして、その上にインナーテント(寝るテント)を吊り下げる訳なんです。

f:id:A---chan:20191104114606j:plain

 

まず、この状態で厚めのレジャーシートを2枚重ねたレベルの床面が完成しますが、正直言って地面の凸凹や大きめの石などの感触も残っています。

 

そして、更にこのインナーテント内に敷く物がさっきのヴォールト用マットシートセットで、グランドシートとセットになっていたフロアマットです。

 

材質は表裏生地がポリエステルで中に発泡ウレタン5mm入っていますが、正直ペラペラですね。

 

昔はこの上に更にもう一枚7mmのマットを敷いて、総厚12mmの上で寝袋を使って雑魚寝していました。(夏場ですが・・w)

 

良く考えてみて下さい!

 

屋外で厚さ1センチ弱程度のマットで快適に眠れると思いますか?

 

答えは無理です!まあ慣れれば眠れるでしょうが快適とは程遠く、普通の布団よりも薄いマットでは限界があります。

 

その為に、追加で必要になるのはコットやマットで、我が家が使用しているのは厚さ50mmのハイランダー製の格安インフレータブルマットです。

f:id:A---chan:20190825151405j:plain

実際使っているのは、シングルサイズ×2とダブルサイズですね。 

 

by カエレバ

 

by カエレバ

そして、こうする事でインナーテント内の1cmほどの床の厚みの上に、5cmの厚みのあるインフレータブルマットを引く事で、自宅並みの快適さを実現できます! 

 

分かりやすく順番を述べると

地面があって・・・

①グランドシート(インナーテントを湿気や雨から守る)

②インナーテント(寝る為のテントで蚊帳の効果あり)

③フロアマット(地面からの冷気を防ぐ)

④インフレータブルマット(敷布団やベッドかわり)

⑤寝袋(敷布団&掛布団)

 以上の5段構えな訳です。

 

そして、この中で快適快眠にするためにキャンプで一番重要なのが④のインフレータブルマットで敷布団やベッドの役割です。

 

ですが、この敷布団やベッドの役割をする道具もいくつもあるんです。

 

敷布団&ベッドの役割

 

①銀マット系(ウレタンマット系)

 

by カエレバ

1,000円以下で購入でき、非常にコスパが良く丸めて持ち運びするタイプで、地面のデコボコを和らげ、冷気をシャットアウトする厚手タイプになっており、車中泊時にご使用になると、底冷えを防ぐ簡易マットレスにもなります。

 

サイズに関しては幅約60cm×長さ約180cm×厚さ約0.8cmで重量も約330gの軽量なので、徒歩でのキャンプにはオススメで、材質もポリエステル(アルミ蒸着)、発泡ポリエチレンを使っていますので、地面からの冷気を遮断する事は可能ですが、厚みが0.8cmしかないので、快適に眠る事は中々難しいと思います。

 

 

by カエレバ

キャプテンスタッグ製のフォームマットは価格も安く3,000円程度で購入可能です。

 

また、使用サイズはW56cm×D182cm×H2cmで折り畳んで収納出来その時のサイズは13×12.5×56cmになります。素材は発泡ポリエチレン・EVA樹脂をしようしていますので水にも強く嬉しいですが、厚さが2cmあり銀マットよりはマシですが快適とは程遠いと思います。 

 

②エアマット系

 

by カエレバ

ロゴスのエアマットのサイズは185×52×10cmで、収納サイズは10×10×28cmになっており、素材は ナイロン(TPU)、PUで総重量は540gの超軽量ですので、山岳登山などにおいては非常にオススメです。

 

また、ポンプ内蔵で空気入れは足で踏むだけの超軽量のコンパクトマットで、およそペットボトル1本分の重さで手のひらサイズですが、穴が空いたら使えなくなる危険性はありますね。 

 

by カエレバ

エアマットではありませんが、このFIELDOORのエアベッドは2,000円弱で購入出来て非常にコスパが高い商品で、サイズも(約)幅97cm×長さ185cm×厚さ23cmもあるツインサイズで、非常に満足できると思います。

 

ただ、エア(空気)で膨らますタイプのものなので、穴が空いてしまうと使えなくなりますし、寝返りの際の空気の反動が苦手な方も多いかもしれませんね。

  

③インフレータブルマット系

 

by カエレバ

このキャプテンスタッグ製のインフレータブルマットは、弁を開ければ簡単に膨らみ、エアーマットと違い、中には厚さ2.5cmのウレタンフォームを使用し、空気をたっぷり含み、優れた弾力性で価格も3,000円以下はコスパが良いと思います。

 

もし穴が空いたとしてもウレタンがある分、一気に寝心地が悪くなる心配は少ないですが、正直2.5cmの厚みでは快適とまでは言えず、快適な寝心地を考えるなら4cm以上のインフレータブルマットの方が良いと思います。

 

 

by カエレバ

Bears Rockのこのインフレータブルマットは、コスパの良い商品でありながら枕部分もインフレータブルピローになっており、取り外しが出来るので非常に便利です。

 

また、厚みも5cmあり寝返りも違和感なく出来そうなのと、カラーやデザインバリエーションも豊富ですので、次回購入する際にはこの商品を選んでも良いくらいのクオリティーと値段になっています。 

  

④コット

 

by カエレバ

コチラは我が家で使用しているローコットで、サイズも大きく耐荷重も100kgあって寝心地は良いのですが、冬場の際には+αでマットがないと下からの冷気を防げないと思います。

 

また、軽量・コンパクトで車の積み込みラクラクの組立式なので、折りたためば片手で持てるサイズに収納可能です。

 

by カエレバ

そして、FIELDOORのアウトドアコットはサイズ的に高さがあるハイコット仕様で、価格も安くコスパが良い商品になっています。

 

また、高さが40cmありますので、ハイスタイルキャンプの椅子代わりに使う事も可能で便利ですが、コットは横幅があっても寝返りがしにくいのと、冬キャンプでの単体の利用がしにくいのがネックかもしれませんね。

 

以上、一例を紹介しましたが・・

 

快適に眠る条件は、地面の影響を受けない5cm以上の厚みのあるマットで、幅があって寝返りがしやすく四季を通して使えるといったら、どう考えてもインフレータブルマットが一番オススメで快眠出来ると思います。

 

※個人的な感想ですが・・・w

 

ただ、行き先だったり、キャンプスタイル(車、バイク、自転車、徒歩)次第で、積載も変わりますので、一概に結論付ける事は難しいかもしれないですね。

 

 

それでは、皆さんの

キャンプライフの参考に 

なれば幸いです~♬

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓