格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国の無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

無料キャンプへGO!上市町馬場島キャンプ場(富山県)

前回のキャンプ用品の軽量化&コンパクト化!

の記事の際に・・・

www.a-chancamp.com

 

実際、手持ちのマット類などは

使ってみないとわかんない!!!

と言っていましたが・・・

 

そんなとき!!

 

丁度よいタイミングの機会が巡ってきました^^

 

時期は2018年、6月上旬の平日たままた連休がとれ

休みの1日目は、妻も休みの絶好の機会です。

 

天候に関しては、曇りで微妙ですが・・・

 

まず、三男も保育園を休ませ、三人で家から近い

富山県の上市町にある

馬場島キャンプ場に向かいます!

 

この馬場島キャンプ場は、馬場島荘という剣岳を登る際の

ベース宿泊所があり、無料キャンプ場も併設されています。

 

そこで、購入しました初心者向けの

スノーピークエントリーパックを設営します。

 

エントリーパックに付属するテントはカマボコ型テントの

ヴォールトというテントで、自立はしませんがポールが3本あり

それをペグダウンして固定するだけで簡単です。

※でも、コレは初心者には難しいのでは・・・w?

f:id:A---chan:20190629214810j:plain

次に、写真にもあるアメニティタープを小川張りで張ります!

 

そもそも、小川張りとは!?

スペースを有効活用できるように、タープの出入り口が

広く使え、区画が限られているサイトでも重宝し、また雨に

濡れずにテントから出ることができるタープの張り方です。

 

タープ自身は、大きめのペグを8本打ち付ける必要があるので、

初心者は一人で張るのは困難かもしれません・・・w

 

 

そして、今回試す必要はあったのは・・・

 

by カエレバ

まず最初に、テントの真下に引くグランドシートです。

サイズ的には大きいですが、折り曲げれば何とか使用できます。 

そして、次はインナーテント内の、フロアマットですが

我が家で、元々使っているものはキャプテンスタッグ製の

2600×2600のマット二枚です。

 

まずは↓↓↓このマットを引いて 

by カエレバ

その上に↓↓↓このマットを引きます。

 

by カエレバ

ヴォールトのインナーテント自体はサイズ的には正方形ではなく

台形で、上記マットより小さいサイズでしたが、折りたためば

OKで問題なく引く事はできました^^

 

そして、前回の説明でも話しましたがこのヴォールト自体の

定員は4名で、我が家の家族6名です・・・><

 

エエッ!?Σ(゚Д゚)

人数的に無理じゃん!!!w

 

と思われるかもしれませんが、子供が4人で今後は成長に

合せてキャンプに行く人数は減っていくので、今回は

前室でコットで眠る計画です^^

 

なので・・・ 

DOD製コットを購入しました^^

 

by カエレバ

 

ちなみに、ロースタイル化の際にチェストも揃えないと

いけないのですが、子供2~3人ならコットを椅子替わりに

なるか実験が必要です。

 

そして、もうひとつ購入したのは同じくDOD製の

ウルトラパーティーテーブルです。サイズの割りに

小さくでき、コストパフォーマンスも優秀です。

 

by カエレバ

時期的に入手困難になる事が多いので、欲しいと思ったら買っておいて損はない逸品ですよ。

 

 

 

そして、椅子は・・・

 

 

元々・・・一般的な折り畳みチェアーだったのを

 

by カエレバ

  ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ 

 

by カエレバ

 コンパクトなもので、テント類に色を合わせました。 

 

 

 ※ようは、有名メーカーのパクリですが十分使えますよ^^

 

 

それでは、

コンパクト化の新装備編長くなっちゃいましたが・・w

 

馬場島キャンプの話しに戻りますね~(#^.^#)

 

このキャンプ場の標高は750mで、6月上旬は心地いい

気温です。

 

そんな中、3歳の三男はボール遊びをしたり、虫取りを

しながら楽しんでいます。

 

ただ、テントは張ったのは良いものの明日は妻も仕事だし

子供も保育園なので、帰宅は必須なのですが・・

 

折角だし、夜にBBQをして撤収しようと考えました^^

 

ただ、3人ではつまらないですし、自宅では高校生、中学生、

小学生の子供達の夕飯も必要になりますが・・・

今日は週1回の部活がない日!(´▽`*)

 

夕方、妻と三男を残して、自分は買い物と、子供も連れに

一度、山から下山します。(車で片道40分の道のり)

 

そして、子供たちを連れて、馬場島に戻ります!

【長男(高2)、次男(中1)、長女(小5)】

 

まあ、子供達3人には、ハッキリいって何処に

行くかは、あえて伝えなかったので、

ちょっと不安そう・・・(゚Д゚;)

 

しかも・・・山奥に入っていくし・・・www

途中、カモシカに遭遇するし・・・( ´艸`)

 

でも、何だかんだで・・・

時間は大体18時頃に馬場島に到着です

何となく、子供達も薄々感じていたかも分かりませんが

 

兎にも角にもBBQスタートです!

 

 

 

ただ、ここで心配事が・・・

 

元々、曇っていた天候だったのですが、ここへきて

小雨が降ってきました・・・( ノД`)シクシク…

※BBQに影響がないくらいの小雨です

 

 

 

そして、

夕食BBQ自体は1時間弱ほどで、終わりメインの

焚き火🔥に移行です。

 

しかも・・・

辺りは流石に真っ暗です!Σ(゚Д゚)

 

この馬場島キャンプ場は民家があるエリアから30分程度

山道を上がってこないと着けない山奥にあり、今の時期は

剣岳登山のベース宿泊地である馬場島荘も夏場ではなく

開いていない時期です。

 

そのため、あたりを照らす外灯なども全くないんですw

 

↓↓↓ちなみにこんな感じ・・・見にくくてすいません。。。↓↓↓

f:id:A---chan:20190629214835j:plain

焚き木に関しては、自宅近くのホームセンターで事前に薪を購入済み!

f:id:A---chan:20190629214727j:plain

あるのは、焚き火🔥と、ランタンの光だけですよ。

 

 

そんな中で、子供達はお約束のマシュマロを串に刺して

溶かして美味しそうに食べていました~(#^.^#)

 

 

で!ここからが、ちょっと困った事に・・・

 

妻や子供達は明日、仕事や学校があるため帰らないと

行けませんが、私は連休で明日も休みです。

 

また、小雨とはいえ、テントやタープ類は濡れており

外灯も無い中での撤収は面倒という事で・・・

 

私一人だけでキャンプする事に・・( ̄▽ ̄)

 

元々は、そういう事も見越して、嫁さんと車2台でキャンプ場

に来ていたことあり、嫁さんの車で子供達は帰宅する事に~♪

 

そして、ここから生まれて初めてのソロキャンプ♪

突入です~!!

 

 

正直、家族が帰ったのは20時頃で、その後はダラダラと

焚き火🔥に当たっていましたが・・・

 

よくよく考えれば、こんな山奥に自分が独りぼっち

いう事に気付きます。。。(--〆)

 

コレって、獣や熊が出たら、ヤバい状況なのでは・・?

 

しかも、いざ何かあっても、すぐに助けを呼ぶ事自体

不可能です!!!( ノД`)シクシク…

 

そういう事もあり、焚き火🔥は焚いたまま、

テントに入り、護身用に包丁5点セットを枕元に

おいて不安な夜に、一人で眠りにつきました・・w

 

 

ですが・・

 

このキャンプ場、2本の川に挟まれた場所にあり

しかも山奥という事もあり、滝のような勢いで

流れているので、ハッキリ言って超ウルサイ!!

 

その為、ゆっくりと眠る事が出来なかったです~><

 

そして・・・

辺りが徐々に明るくなってきた頃

 

チリン!チリン!チリン!

 

チリン!チリン!チリン!

 

何、この音・・・!?』

と鈴の音で目を覚ましました・・(´Д⊂ヽ

 

 

恐る恐る・・・|д゚)

 

 

テントから出ると、剣岳の山小屋に泊まって降りて

くる人や、今から剣岳に登る人が携帯している

 

熊除け鈴の音でした!Σ(゚Д゚)

 

 

その時、改めてチョー危険地帯

一人で寝ていた事に気付きましたw

 

 

そして、早目に朝ご飯を食べて、キャンプ場近隣を散策し

昼前には撤収して帰宅しました。。。( ̄ー ̄)

 

 

今回の必要経費  2018.6.5

キャンプ場合計無料  入浴せず  BBQ費用 3,000円

総合計:3,000円

無料キャンプ場なので安いですが・・・

身の安全も考えましょう~!!Σ(゚Д゚)

無料キャンプもコスパ最強~^^ 

 

 

↓↓面白い記事なら、気軽にブックマークお願いします(''◇'')ゞ↓↓