格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国の無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

キャンプの燃料どうする?電気?ガス?ガソリン?など9種類!

f:id:A---chan:20191007173249j:plain

キャンプを始めるにあたりテントや寝袋どうしようと悩む方は多いかと思いますが、そういったメジャーなキャンプ用品以外で、一番悩むものって燃料じゃないでしょうか?

 

自分は何もわからずに、最初に買ったのはガスのシングルバーナーだったので、買ってからもう少し考えれば良かったと多少は後悔しちゃいましたけどね・・・w

 

ちなみに、何でこういう話をするかと言えば、燃料次第でキャンプスタイルが大きく変わってきますし、当然の事ながらコストパフォーマンスも大きく異なってくるので、格安にキャンプを始めるのなら、まず最初に燃料を決めた方が良いと思います。

 

まず最初に・・

 

キャンプで燃料が必要な物を考えていきましょう。

 

①調理器具 

②照明(ランタン) 

③暖房器具

 

大きく分けると以上の3点がキャンプの際に燃料が必要になるものですよね。

 

①調理器具

まず最初に燃料を使う器具として思い浮かぶのが調理器具ですよね。

 

ちなみに我が家の入手順は・・

 

1.カセットコンロ(CB缶=カセットボンベガス缶)

 

by カエレバ

 

キャンプを始める随分前に実家の片付けをしていたときに出てきた物で、実家でいらないからともらったのが一般的なイワタニのカセットコンロだったのです。

 

ちなみに品番古すぎて現在は販売されていないので、同程度の商品を載せています。

 

 

2.シングルバーナー(OD缶=アウトドアユースガス缶)

 

 

by カエレバ

 

コチラはキャンプを始める際にホームセンターで買った事から、我が家のキャンプが始まりました。

 

アウトドアで利用する事を念頭に開発されたOD缶なので、高出力ですし寒い場所でも利用しやすいようにアウトドア用に改良されているガス缶です。

 

中にはもっと性能が高い気圧が低めでも使用できる山岳用のガス缶もあります。

 

www.a-chancamp.com

 

ちなみにOD缶のシングルバーナーを持ってるだけで、当時はテンションが上がっちゃいましたね・・w

 

3.ツーバーナーコンロ(CB缶=カセットボンベガス缶)

 

by カエレバ

このユニフレームのツインバーナーは、これからもキャンプを続ける事を確信出来たキャンプ歴6年目に購入しました。

 

www.a-chancamp.com

 

以上3点が、一般的には調理器具ですけど、我が家の場合はCB缶、OD缶の2種類のガス缶を利用しています。

 

ちなみにそれ以外の燃料系のバーナーと言えば・・・

 

コールマンのホワイトガソリン仕様のツーバーナーが有名ですね。

 

by カエレバ

下記の、ホワイトガソリンを利用しますが、他の燃料と比べて、標高の高い場所や気温の低い場所、湿気の多いところでも安定して燃焼し、風が吹いても消えにくいのが特徴で、さらにランニングコストも良いので環境だけではなく家計にも優しい燃料なんです。

 

by カエレバ

 

 

それ以外には、車で利用するレギュラーガソリンを使う事ができるのが、このSOTOのSOD-371です。

 

by カエレバ

基本的に旅先で入手しやすいですし、何と言っても1Lが100円台で購入できるのは非常に経済的なうえパワフルな火力が売りになっています。

 

それ以外にAC電源サイトなら、調理の際にホットプレートを利用する事も可能ですし、100V用の小型IHを持参し自宅のように調理してみても良いですよね。

 

また、タイトルには入れていませんでしたが、勿論、を使っての焚き火で調理する(スス汚れ有り)事も可能ですし、を利用する事も普通に出来ます。

 

そして、冬場に石油ストーブを利用するなら、そのうえで煮炊きする事も全然出来ますよね。

 

あとは、固形燃料も100均でも購入できるのでコスパは良いと思います。

by カエレバ

以上で説明した通り、調理器具だけでも・・・

 

・CB缶&OD缶(ガス)

・ホワイト&レギュラー(ガソリン)

・家電機器(電気)

・薪&炭(直火)

・ストーブ(石油)

・固形燃料

 

ざっと、説明した燃料だけでも9種類ありますし、もっと探せばこれ以上ありそうですね。

 

なかには薪を燃やして調理しながら電気を作る商品もあります。

 

by カエレバ

 

バイオライトで利用できる小さな薪の火力では大きな電気を作る事は出来ませんが、携帯を充電できますので災害時に持っていれば助かりますよね~♬ 

 

という事で、これだけの種類がありますので、燃料を考えずにてんでバラバラな商品を手に入れると、キャンプ時にそれだけの種類の燃料がいる事になって、コスパも悪いですし、何より荷物が増えてしまいます。

 

重い・・・

 

( ノД`)シクシク…

 

それでは、②照明はどうでしょうか?

 

②照明(ランタン)

我が家で使用しているの電池式のGENTOSのLEDランタンで、LEDなので非常に明るいですし、電池式なので使い勝手は良い商品です。

 

by カエレバ

ただ、せっかくのキャンプなので炎の明るさを照明にして雰囲気を味わえるODガス缶使用のコールマン製のルミエールランタンは某アニメでも紹介されていました。

 

by カエレバ

同じく、下記はコールマンガスランタンであるノーススターですが、コチラはマントルを燃やして明かりを灯すので、この処理が面倒と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

by カエレバ

 

ちなみに我が家はその影響もあり、未だにLEDランタンを愛用しているのですが・・w

 

そして、同じくコールマンからはホワイトガソリン用ランタンも販売されていますので、コチラを購入されるなら、ホワイトガソリンのツーバーナーとセットで利用した方が経済的ですね。 

by カエレバ

また、ロゴスからは灯油ランタン(石油)も販売されているので、石油ストーブと一緒に利用する事が出来るのは嬉しいですね。 

 

by カエレバ

以上、ランタンだけでも結構燃料の種類はありますし、勿論、蝋燭や焚き火を照明にする事も可能ではありますよね・・

 

・電池

・OD缶(ガス)

・ホワイトガソリン

・石油(灯油)

・蝋燭 

・薪

 

また、暖房器具はどうでしょうか?

 

③暖房器具

 

暖房器具に関しては説明すると長くなりますので、割愛させていただきますが、気になる方は過去記事をお読み下さい。

 

www.a-chancamp.com

 

コチラも調理器具や照明(ランタン)と同じく、ストーブだけでも・・

 

・電気

・石油

・ガス

・薪

 

以上の4種類ある訳なんですよね。

 

今回、説明しました①調理器具、②照明器具(ランタン)、③暖房器具全てで燃料が必要になりますので、キャンプを始めた際には必ず燃料の種類を確認して、キャンプ道具を買い揃えていかなければ、後々後悔する事になりますよ!

 

 

もちろん、人によっては雰囲気を楽しみたいし、調理するには火力は譲れないなどあると思いますが、なるべくなら燃料の統一を考えてみても良いのでないでしょうか?

 

 

それでは、皆さんの

キャンプライフの参考に 

なれば幸いです~♬

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓