格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国で格安キャンプなどの低コストアウトドアを面白可笑しく展開してます!

キャンプに絶対必要ですか!?不要なキャンプ用品ベスト3!

f:id:A---chan:20200122163620j:plain

キャンプを長年やっていますと、キャンプ用品がドンドン増えていきます。

 

ただ、中にはこのキャンプ用品&ギアは本当に必要なのか?と思う物も出て来るのではないでしょうか…?

キャンプに絶対必要ですか!?

ちなみに我が家は10年以上もキャンプを続けてきているのですが、その中で他のキャンパーだったら持っているのに、持っていないキャンプ用品が結構あります。

キャンプに最低限必要な物 

特に、キャンプは最初から必要な物といえば…

  • テント
  • 寝袋
  • ランタン
  • クッカー

さえあれば何とかなりますし、ある意味サバイバル感もあって良いかもしれないですねw

 

そういう事もあり、本来キャンプを始める際は必要な物から揃えていく為、無くても困らないキャンプ用品を購入する事は少ないですね。

 

そんな中、今回はコレってキャンプに絶対必要ですか!?

 

と思う物を考えていきたいと思います。

ランタンスタンド

ランタンスタンドとは、単純にテントサイトから少し離れて、大光量なガソリンランタンや、ガスランタンを吊す為のスタンドです。

f:id:A---chan:20200122163716j:plain

何故、離れて使うのかというと大光量のランタンには夜に蛾や虫が夏場は寄ってくる為、サイト全体を照らすメインランタンとしてスタンドを配置するものです。

 

⇩ランタンについての記事です⇩

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

ランタンスタンドの必要性

そして、テーブル周りでは光量が少なく虫が寄りにくいLEDランタンを手元灯として使用する為の囮ランタン用のスタンドです。

 

勿論、高い位置にランタンを吊るし手元を照らす為に必要だったり、虫が苦手で大光量ランタンをお使いの方なら必須かもしれません。

 

また、燃料がガソリンやガスの為、安全性を考えてキャンプサイトから離れたところで使う事もあります。 

f:id:A---chan:20200121192038j:plain

ランタンスタンドが不要な理由

虫の多い時期にはキャンプをしない!

極端な話、虫が多いのは夏場なので、そもそも虫のいない時期にキャンプをすれば良いわけです。

燃料系ランタンを使わない!

ガソリンランタンやガスランタンは確かに、LEDランタンとは比べ物ならないくらい明るいのは事実です。

 

そして、虫の多い夏の間だけでも、防虫性の高いLEDランタンを多用する事で防げますし、夏場は19時頃でも十分明るいので、ランタンを使う時間は冬の半分です。

ランタンスタンド以外で代用する!

例えば、タープ用のポールに取り付けたり出来るランタンハンガーなどは100均でも入手可能です。

 

また、近くに樹木などがあれば、樹木に直接ランタン吊しても良いですし、ランタンハンガーを利用する事も出来るはずです。

 

以上の、3つの対策でランタンスタンドを使用せずとも、キャンプが出来る様に思いますし、勿論スタンド自体が荷物にもなる訳です。

アウトドアワゴン

アウトドアワゴン、キャリーワゴンなどはお持ちの方は多いように感じます。

f:id:A---chan:20200121192543j:plain

アウトドアワゴンの必要性

フリーサイトの場合などは荷物をひとつひとつ運ぶのは大変ですし、アウトドアワゴンがあればタイヤも付いているので荷物運びもラクチンです。

 

また、荷物を運ぶのは何も車からだけでは無く、マンションにお住まいの場合には、部屋から車まで運ぶ際にも必要かもしれませんね。

 

ただ、アウトドアワゴンをキャンプ場まで積載して運ぶ必要もありますし、向こうに着いてから荷物を載せる作業もあります。

 

そして、キャンプ場によってはサイトまで運ぶ用のリヤカーがあるところも多いですし、平日キャンプをされる方ならリアカーの数が足りなくてという問題も無いと思います。

f:id:A---chan:20200122164512j:plain

アウトドアワゴンが不要な理由

一軒家の場合

そもそも、一軒家の場合は車への荷物の積載も簡単なので出発時には不要だと思います。

オートキャンプ場を利用しよう

キャンプ場でテントサイトに車を横付けできるオートキャンプ場なら、その場で車から荷物を降ろせるので不要です。 

ファミリーキャンプをしよう

キャンプ用品をそのまま運ぶ方は少なく収納BOXや、バックに入れて車に積載されているはずですので、家族などにも運ぶのを手伝ってもらうと荷物運びはそこまで大変ではないですよ。

 

以上の事からアウトドアワゴンは必ずしも必要ではないですし、そもそもキャンプ用品のコンパクト化を考えてみるのも良いかもしれません。

 

⇩キャンプ用品のコンパクト化の記事です⇩

www.a-chancamp.com 

高性能クーラーBOX

アウトドアやキャンプで作るキャンプ飯美味しいですよね。

 

その時に食材を保冷して持ち運びする際に必要なのがクーラーBOXです。

f:id:A---chan:20200122163834j:plain

高性能クーラーBOXの必要性

我が家でも何種類かのクーラーBOXは使用しており、飲み物用と食材用と分けて使用していたりと、夏場の食中毒予防としてもキャンプには必要不可欠です。

 

また、キャンプ先でキンキンに冷えた飲み物を飲みたい場合にもあった方が良いですよね。

 

ただ、自分が本当に必要なのかなと思うのは高性能クーラーボックスです。

 

クーラーBOXの種類としてははソフトクーラーBOXや、ハードクーラーBOXがありますが、中には2~3日中の氷が溶けません!などの5~6万円前後の高性能クーラーBOXもあります。 

f:id:A---chan:20200122164537j:plain

高性能クーラーBOXが不要な理由

短期キャンプ

1泊2日程度の短期キャンプなら作るものにもよりますが、自宅で下処理をしたり肉類に関しては冷凍するなどで安全性を高めれます。

 

また、クーラーBOX内にペットボトル水を凍らせたものを入れると、外気温にもよりますが1泊2日程度なら大丈夫です。

長期キャンプ

2泊以上の長期キャンプの場合は、買い出しに行く事で新鮮なモノを補充したり、冷凍してあるペットボトルを購入して、保冷剤代わりに使えますよ。

 

また、あまり多くの食材を持ち込まず、1日~2日で食べ切れる量であればそこまで高価かな高性能クーラーBOXは必要ありません。

性能の工夫

安いクーラーBOXと、高性能クーラーBOXの大きな性能の差は断熱材の違いで、格安の物は発泡スチロール系断熱材で、高いクーラーBOXには硬質ウレタンや真空断熱材を使用しているものもあります。

 

また、断熱材の違いで何が違うかと言うと、外気温の熱を中に伝える時間が違うので、安いクーラーBOXだとすぐに中の氷が溶けやすくなりますので、なるべく直射日光があたったり、地熱が伝わらない工夫をする必要があります。

 

更に性能を上げる為に100均の銀色の遮熱シートをクーラーBOXの内側に入れたり、凍ったペットボトルを数個補充しながら使用する事で、安いクーラーボックスでも長期間冷たい状態を維持できますよ。

 

以上のように、高性能クーラーBOXが良いのは分かりますが、生活の知恵次第で普通の安いクーラーBOXでも十分な性能を発揮してくれます。

初心者に不要なキャンプ用品ベスト3! 

ランタンスタンド、アウトドアワゴン、高性能クーラーBOXについては、持っていれば確かに便利です。

 

そして、普通にキャンプをしていると欲しくなりますし、目立つキャンプギアである事は間違いありません。

 

ただ、それなりの費用が掛かるギアではありますので、初心者は先に違うキャンプギアから揃えて、何回もキャンプを経験し本当に必要かどうかを考えてから購入するべきモノだと思いますよ。

 

最後に、この3点は自分も過去に検討した事もあり、否定するわけではありませんが、キャンプスタイルや代用できるのであれば後回しでも良さそうですね!