格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国で格安キャンプなどの低コストアウトドアを面白可笑しく展開してます!

10年キャンパーが、ユニフレームガスランタンUL-Xを選んだわけ!

キャンプで使うランタンの光って心を和ませてくれますね。

 

屋外でのテント泊の場合は、灯りが必要ですからランタン選びは慎重にしたいですね。

10年キャンパーが、ユニフレームガスランタンUL-Xを選んだわけ! 

また、最近ではLEDランタンの性能も上がってきており、昔のように暗い!というデメリットは無くなりつつあります。

 

しかし、せっかくのアウトドアであれば、電気に頼らないランタンを一つは所持して非日常を味わうのも良いですよね。

 

⇩LEDランタンの記事です⇩

www.a-chancamp.com

ただ、我が家はキャンプ歴10年近く経ちますが、実は最近まではLEDしか使ってこなかったんです。

 

その理由は、単純にLEDランタンのメリットが多いからです。

LEDランタンのメリット

  • 電池を入れるだけで誰でも気軽に使える!
  • ランタン自体が熱くならない!
  • 換気不足なテント内でも使える!
  • 燃料が電池なのでどこでも入手可能!
  • LEDという事で省エネ性が高い!


そして、省エネ性という点では8~9年前の電池で現在も普通にLEDランタンを使用していること自体が非常に驚異的です。

 

という事で、今現在もLEDランタンをサブとして利用しています。

燃料系ランタンのデメリット

それでは、何故キャンプを始めた際に燃料系ランタンを選択しなかったか? 

 

それは、ガスランタン&ガソリンランタンを利用する際の問題点があったからです。

 

ちなみにデメリットは…

  • ガス&ガソリン(ホワイトガソリン)などの燃料を別に用意する必要性がある。
  • LEDランタンに比べて、燃費が悪く燃料コストがかかる。
  • 照明部のマントルの扱いが面倒だったり費用がかかる。
  • LEDランタンに比べてある程度のメンテンスが必要。
  • テント内で使用する事が危険(一酸化炭素中毒など)。
  • 炎を使っているので、倒すと引火や火傷の危険がある。

 

うわ~!

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

デメリット多過ぎ…

 

不慣れな初心者キャンパーだと、そもそもキャンプ自体をするのが不安なのに、最初から燃料系ランタンで不安要素を増やしたくない!と思う人が多いはずです。

 

ただ、長年キャンプをしていると慣れてくるし、LED照明だけでも十分キャンプはできるのですが、やはりLEDランタンでは少し暗く感じられるのも事実なんです。

 

そのため、より明るく快適にキャンプをしたいなと思ったり、燃料系ランタンを使う事自体がカッコ良くも思っちゃうですよねw

 

そして、燃料系ランタンのデメリットも考慮しても欲しくなっちゃうんですよ。

燃料系ランタンのデメリット対策

それでは、上記の6つのデメリットがあるのに何故、燃料系(ガス&ガソリン)ランタンを選ぼうと思ったかですが、実はこの6つのデメリットってあくまでも最初に購入する際のデメリットが大半なんですよ!

 

ようは初心者向けのデメリットなわけです!!

 

例えば…

ガス&ガソリン(ホワイトガソリン)などの燃料を別に用意する必要性がある。

自分はCB缶(カセットボンベ)が使えるガスランランを購入しようと思うので、基本燃料はCB缶な訳です。 

ユニフレーム CB缶 プレミアムガス
by カエレバ

当然ながら、ガスランタンを使用する際には必要な燃料ですよね。

ユニフレーム US-1900 ツインバーナー
by カエレバ

我が家で利用しているユニフレームのツインバーナーは、そもそもCB缶を燃料としていますので、別途違う燃料がいる訳ではないので上記の問題にはなりません。

LEDランタンに比べて、燃費が悪く燃料コストがかかる。

確かユニフレームのCB缶は1本400円以上するので確かにコスパは悪いです。

イワタニ カセットボンベ
by カエレバ

比較的安価なイワタニだと大体1本180円くらいで、その他の格安メーカーなら1本100円以下で購入できます。

カセットボンベ コン郎
by カエレバ

ランタンで一晩に使うとしても1~2本ですから100~200円以下で安いですよね。

 

勿論、純正のプレミアムCB缶に比べて出力や低気温でのドロップダウンの心配はありますが、体温で温めてから使用すると着火の問題もなく使用できますよ。

照明部のマントルの扱いが面倒だったり費用がかかる。

初心者がガスランタンやガソリンランタンで、購入に二の足を踏む大きな要因はこのマントルの扱いだと思います。

 

一応、取り扱い方法です。 

f:id:A---chan:20191028173624j:plain

特に初心者の頃はキャンプするだけでも心配なのに、夜にランタンが着かなかったら悲惨ですしから、燃料系ランタンを敬遠する気持ちは良く分かります。

ユニフレーム UL-G専用マントル 
by カエレバ

ただ、マントル交換は慣れですし、マントルもうまく使えば1年くらいは余裕で使え、費用も1枚300円以下なので高くはないですね。

LEDランタンに比べてある程度のメンテンスが必要。 

ガソリンランタンだと、使う前に圧力をかけるポンピングや、使わない際に燃料を抜いたりと色々大変ですが、それに比べガスランタンは扱いがしやすいのがメリットです。

 

ただ、キャンプで使ったランタンは虫や、空気中に舞ったバーベキューの油が付着したりしますので、アルコールティッシュややわらかい布で綺麗にふきとる必要がありますが清掃自体は非常に簡単ですよ。 

テント内で使用する事が危険(一酸化炭素中毒など)

一酸化炭素中毒には気をつけないといけませんので、基本的に通風しにくいテント内での使用はやめた方がいいです。

 

ただ、数年キャンプをやっているとLEDランタンは1~2個は持ってますので、そちらをテント内で使用する為、中々そのような事態にはなりません。

ジェントス Explorerシリーズ EX-V777D 
by カエレバ

我が家で長年メインランタンを担ってきたジェントスEX-V777ですが、サブランタンだと十分な照度だと思いますよ。

 

⇩ジェントスEX-V777のレビュー記事です⇩

www.a-chancamp.com

炎を使っているので、倒すと引火や火傷の危険がある。

お子さんの連れの場合はこの問題が一番怖いですね。

 

しかし、長年キャンプに子供を連れて行く事で、日常よりも危険な事があるという認識になってきますし、ここは炎に慣れていないお子さんに敢えて危険を教える良い機会だと思います。

 

自分も焚き火をする際には、もちろんそのことを注意させながら、マシュマロを焼かせたりしていますので、ある意味キャンプでしか味わう事が出来ない良い経験をさせてあげる事が、お子さんの成長に繋がると思います。

 

そうは言っても危険は付いてまわりますので、燃料系ランタンについてはテントサイトから離れたところで、安全性を確認のうえランタンポールなどを使って、子供の手の届かない位置に配置する事が必要かもしれませんね。 

まとめ【ユニフレームガスランタンUL-Xを選んだわけ!】

良く言われている燃料系ランタンのデメリットは、キャンプデビューのキャンパーが使用するにはリスクがありますが、10回以上のキャンプ経験があるキャンパーにはCB缶が使えるガスランタンはオススメです!

 

その中で、自分が選んだのがユニフレームのフォールディングガスランタンUL-Xだっただけなんです。

ユニフレーム フォールディングガスランタン UL-X クリア

by カエレバ

 

⇩ガスランタンの記事です⇩

www.a-chancamp.com

また、ユニフレームのガスランタンは近年毎年カラーバリエーションを変えて、フォールディングガスランタンを販売しているので、ある意味自分の好きなカラーを購入するのもおススメですよ。

 

f:id:A---chan:20191028183136j:plain

そして、たまにヘッドライトを頭に付けている方も良く見かけ、確かにヘッドライトは便利なんですが…

 

自分の中ではキャンプはただ単に寝るだけの野営ではなく、自然をのんびりと堪能しながらブッシュクラフトで遊んだり、読書をしたいと最近思うようになったので、明るさが単純に欲しいなと純粋に思っただけなんです。

 

ですから、キャンプスタイルに合わせてのサイト造りや、過ごし方が各自違うのでキャンプは楽しいのでしょうね。