格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国で格安キャンプなどの低コストアウトドアを面白可笑しく展開してます!

嘉例沢森林公園キャンプ場【レビュー評価63点】(黒部市)

f:id:A---chan:20200314044744j:plain

嘉例沢森林公園キャンプ場は、標高700~1,000mの高さに位置する森林公園内キャンプ場です。

 

森林公園内の展望台からは、朝日岳連山や黒部川扇状地、富山湾、能登半島が見渡すことができ見るものを圧倒させます。

嘉例沢森林公園キャンプ場

基本情報です。

読み方は…嘉例沢=かれいさわになります。

  基本情報【嘉例沢森林公園キャンプ場】
標高 750m(平野より気温-4.5℃)
住所 富山県黒部市嘉例沢峰平
電話 0765-54-2111
受付時間 8:30~17:00
受付場所 黒部市役所農林整備課に電話&FAXにて受付
オープン期間 6/1~10/31
サイト数 50~60張り可能(見た感じ)
料金 無料
IN&OUT 自由
炊事場 2カ所あり(飲料不可)
かまど 2カ所あり
トイレ 水洗
売店 無し
入浴施設 車で40分温泉あり
買い出し スーパー&ホームセンター車で30分
その他 事前に利用申請承認書を提出要
総合点数 63点(100点中)
公式サイト https://www.city.kurobe.toyama.jp/info/facdtl.aspx?faccd=9900000135

 

 

嘉例沢森林公園キャンプ場【基本情報】

f:id:A---chan:20200314134920j:plain

標高700~1,000mの高さに位置する森林公園内キャンプ場で、約145haの敷地内にはブナやナラの広葉樹がしげり、森林公園内の展望台からは、朝日岳連山や黒部川扇状地、富山湾、能登半島が見渡すことができます。

f:id:A---chan:20200314135025j:plain

管理棟の森林総合センターは使用されている感じはなく、無いものとして利用された方が良いですね。 

f:id:A---chan:20200314135113j:plain

かなりの古さを感じさせる場内マップ看板ですが、公園内にはアスレチック施設や遊歩道などもあるので自然と親しみながらキャンプすることが可能です。

f:id:A---chan:20200314135213j:plain

設備は管理棟・炊事場・トイレといった最小限の設備しかありませんので、しっかり準備して他にはない自然の中でのキャンプを楽しんでください。

嘉例沢森林公園キャンプ場【サイト状況】 

f:id:A---chan:20210621200823j:plain

キャンプ場内は駐車場から、林間サイトを下ると奥に平坦な芝生のサイトがあります。

f:id:A---chan:20210621200118j:plain

林間サイトは傾斜部分も多く、広いスペースが少ない土のサイトになっているので、ソロテント向けのサイトです。

f:id:A---chan:20210621200128j:plain

奥の芝生サイトというより開けた広場に近いですが、コチラは平坦でかなりのスペースを取れますので大型テントでも余裕があります。

嘉例沢森林公園キャンプ場【利用料金】

利用料金に関しては、入場料・サイト使用料は不要になっており無料です。

嘉例沢森林公園キャンプ場【設備】

f:id:A---chan:20200314135231j:plain

炊事場は場内に2カ所あり、バーベキュー炉(かまど)も2カ所あります。

f:id:A---chan:20200314135243j:plain

無料キャンプ場のため、常時清掃されて奇麗に保たれているわけではなく、キャンパーのモラルが試されるキャンプ場だと思います。 

f:id:A---chan:20200314135354j:plain

そして、場内には備え付けテーブルもある事から、テーブル&チェアが無くてもキャンプは出来ると思われ、積載が限られるバイクなどのソロキャンプでも活用できます。

しかし、標高750mの当キャンプ場まで自転車だと来るのが大変ですから注意をして利用する事をおススメ致します。

f:id:A---chan:20200314135509j:plain

トイレに関しては老朽化が目立ちますが、水洗トイレですし定期的に清掃業者も入ります。

f:id:A---chan:20200314135528j:plain

トイレの外観に関しては古さが目立ちますが、中は定期的に清掃もされており比較的にキレイだったと思いますので、ファミリーキャンプでの利用も可能と思われます。

f:id:A---chan:20200314135543j:plain

設備に関しては必要最低限であり、標高750mの山奥ですから初心者の利用は考えた方が良いと思います。

f:id:A---chan:20200314135553j:plain

 

 

利用するなら、キャンプ慣れした中級者だと安心して利用できる感じです。 

f:id:A---chan:20200314135623j:plain

またゴミの回収については、持ち帰りが基本となります。

嘉例沢森林公園キャンプ場【アクセス】

立地については、標高750m地点にあり、向かうルートは黒部牧場、宇奈月下立、黒部市田籾からの3ルートがありますが、初めて利用する方は黒部牧場方面から向かった方が迷わずに行くことが出来ると思います。

 

また、主要幹線道路である国道8号線からだ30分程度、黒部ICからも30分程の立地な事と細い山道も利用するため、アクセス自体は悪いと思います。

ただ、標高が750mの森林サイトなので夏場も比較的涼しく、新川地区で車でいける標高750m以上のキャンプ場はありませんし、夏場に黒部峡谷や宇奈月観光を考えるなら、この嘉例沢森林公園キャンプ場を利用するのがベストです。

また、快適に利用出来る時期は6月上旬~10月下旬だと思います。   

嘉例沢森林公園キャンプ場【ロケーション】

f:id:A---chan:20200314135702j:plain

f:id:A---chan:20200314135945j:plain

キャンプ場内は豪雨で道の傾斜が川になった様な形跡もあり歩きにくく、奥に開けた空間と、池がある程度で基本的には山の中の特徴が無いキャンプ場です。

f:id:A---chan:20200314135728j:plain

そばには富山湾を一望でき、天候が良い場合は能登半島まで見る事ができる絶景ポイントに大理石製のテーブル&チェアセットがありますので、これは富山県内のキャンプの中では一押しポイントですよ。

f:id:A---chan:20200314135813j:plain

f:id:A---chan:20200314135824j:plain

f:id:A---chan:20200314135836j:plain

嘉例沢森林公園キャンプ場 【入浴施設】

湯めどころ宇奈月総湯

車で40分の湯めどころ宇奈月総湯は街になじむ傾斜屋根のかたちと木の色合い、温泉の賑わいがあふれだし、街の賑わいを感じ取れますよ。

バーデン明日

車で40分ほどの距離に日帰り温泉施設であるバーデン明日があり、距離もあるのでキャンプ場に来る前に入浴された方が無難です。

嘉例沢森林公園キャンプ場【買い出し】  

大阪屋ショップ 宇奈月店

富山県内に複数の店舗を持つスーパー大阪屋ショップはキャンプ場から30分ほどかかるので、キャンプ場に行く前に買い出しを済ませた方が良さそうですね。

コメリハード&グリーン 宇奈月店

コメリも富山県内に一番多いホームセンターで、スーパーの大阪屋ショップに隣接しているため、買い出しの際に両方寄れますよ。

嘉例沢森林公園キャンプ場【周辺観光】 

くろべ牧場まきばの風

車で15分のくろべ牧場では、乳搾り体験やアイス・ソーセージなどの手作り体験もできファミリーにはおススメです。

 

宇奈月温泉郷

車で40分圏内には、富山県内最大級の温泉郷である宇奈月温泉がありますので、こちらの観光の際のベースキャンプ地にも最適です。

黒部峡谷トロッコ電車 

大自然を感じられる黒部峡谷をトロッコ電車で、紅葉時期に乗るとその絶景に感動しますよ。

嘉例沢森林公園キャンプ場【オススメ度】

新川地区の中心部に位置する無料キャンプ場ですが、アクセスが悪く設備が最低限のキャンプ場です。

 

富山県内では標高が高く、林間サイトもあり夏以外は涼しく利用できますし、静かにキャンプを楽しみたい方にはおススメのキャンプ場になります。

 

また、まわりに民家等もないので星空を観察するにも良く、周辺には宇奈月温泉もあるので観光のためのベース基地にも適していると思います。

 

総合評価【63点】

管理状況・・・・・★★★★★★★☆☆☆【7点】

サイト状況・・・・★★★★★★★☆☆☆【7点】

利用料金・・・・・★★★★★★★★★★【10点】

設備・・・・・・・★★★★★★★☆☆☆【7点】

アクセス・・・・・★★★★★☆☆☆☆☆【5点】

ロケーション・・・★★★★★★★☆☆☆【7点】

入浴施設・・・・・★★★★★☆☆☆☆☆【5点】

買い出し・・・・・★★★★★☆☆☆☆☆【5点】

周辺観光地・・・・★★★★★★★★★☆【9点】

おススメ度・・・・★★★★★★☆☆☆☆【6点】

  

以上で、嘉例沢森林公園キャンプ場の評価を終了しますが、あくまでも個人的な主観で評価しておりますので、記事の訂正などについてのご意見はご容赦いただけますようお願い申し上げます。

 

※記事の内容については投稿時の状況ですので、実際利用される際には再度、各自で確認されますようお願い致します。