格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国で格安キャンプなどの低コストアウトドアを面白可笑しく展開してます!

格安の化繊シュラフでも超あったかい!【最新】化繊マミー型寝袋7選!

寒い日が増えてきていますが、冬キャンプで楽しくアウトドアライフを過ごす為には、暖かくグッスリと眠れる環境が大事です。

 

そのためには、重要になってくるのは冬用寝袋です。

格安の化繊シュラフでも超あったかい!

f:id:A---chan:20201206202819j:plain

自分もそうなんですが…

 

寒い時期のキャンプをする際に

 

『寝るとき寒くないかな?』

 

と気になりませんか?

 

冬キャンプは日中の気温や風速は気にはなるのですが、一番気になるのは最低気温なんです!

 

理由は、寒くて眠れなかったら最悪の場合、命の危険に直結するからです。

 

※山岳キャンプじゃなければ、最悪撤収すればよいのですけど…

快適に冬キャンプを楽しむために

利用するキャンプサイトが、AC電源サイトなら電気毛布や電気カーペットなどを使えば全く心配はないのでしょうが…

 

我が家は電源サイト=軟弱派のイメージがあり、基本は電源がないキャンプ場に行く事が多いです。

 

そうすると、暖房器具が使えない就寝時に重要になってくるのは寝袋性能なんです!

 

ただ、保温性能が良い寝袋ってめっちゃ高いんですよ!

 

⇩その理由が分かる記事です⇩

www.a-chancamp.com

寝袋の種類

寝袋自体は、大きく分けると封筒型とマミー型の2種類に分けられますが、冬キャンプにオススメなのは、肩から上の部分も同時に暖めれるマミー型です。

 

中には内部に余裕がある封筒型と、肩から上を暖める事ができるハイブリット型もありますが、正直冬キャンプのメインはやはりマミー型ですよね。

f:id:A---chan:20191101214717p:plain

寝袋の中身の素材

そして、次に重要になるのは中綿の素材ですが、化繊系(化学繊維)かダウン系(羽毛)なのですが、予算にこだわりがないようでしたら軽くて、コンパクトに収納できるダウン素材のマミー型寝袋が一番です。

  f:id:A---chan:20191101214809p:plain

ただ、問題は化繊に比べてダウン寝袋は高いのがネックです。

 

※最近では、海外製の格安ダウン寝袋もありますが…

 

⇩格安ダウン寝袋の紹介記事です⇩

www.a-chancamp.com

最新化繊マミー型寝袋7選!

そして、そんなか化繊シュラフでも、冬場でも暖かく快適に眠れる最新の格安化繊マミーシュラフもたくさんあります。

イスカ(ISUKA)アルファライト1300EX

仕様としては最低使用温度-20℃まで使える厳冬期の国内山岳にもおススメで、高い保温性能をお求めの方に最適のモデルです。

by カエレバ

厳冬期の3000m級の山岳縦走に適したコンパクトな化繊モデルのうえ、ダウンと比べ、濡れや湿気にも強く積雪期の長期山行には最適ですので、冬キャンプには十分すぎる寝袋ですね。

コールマン(Coleman)エクストリームウェザーマミースリーピングバッグ

コールマン製の-18℃まで対応のスリーピングバッグで、極寒使用のマミー型寝袋です 。

by カエレバ

価格も10,000円以下の化繊寝袋でお手入れも簡単ですし、多少かさばりますがその暖かさは抜群ですよ。

ドイター(deuter) スターキャッチャー

シュラフに入ったまま腕を出して作業が行えるための「アームジッパー」を装備し、寝袋としてはもちろん、防寒着感覚で使用できるシュラフです。

by カエレバ

センターにあるジッパーを全開にしてマットのようにしたり、2つを連結して大きい寝袋にしたりと使い方は多彩でありながら限界温度はマイナス10℃の冬用シュラフです。

スナグパック(Snugpak ) 化繊マミー型シュラフ 

仕様に関しては、快適外気温度-2℃下限外気温度-7℃ですから、最低気温が0℃前後の冬キャンプでは快適に眠れそうです。 

by カエレバ

中綿は化学繊維で丸洗いが可能で、フルジッパータイプですから下から足を出す事ができ、キャンプや車中泊などでも便利ですよ。

ベアーズロック(Bears Rock)-32度対応マミー型シュラフ

Thermo Keeper®(サーモキーパー)機能により、今まで以上の寝心地と保温力で、快適睡眠温度域14℃~-12℃まで温かく快適に眠ることができます。

 

by カエレバ

中綿で使用している3Dファイバー製中空化学繊維は、型崩れしにくく、洗濯しても伸び縮みしにくい繊維で、水になじみやすいので、寝袋を丸洗いしやすい仕様になっています。

アリア・フレール(aria frere)マミー型冬用シュラフ

非常に格安でありながら、ドローコードで冷気の侵入も防げるようになっており、3Dファイバー素材の寝袋で暖かく冬キャンプでも十分運用可能です。

by カエレバ

ただ、性能的には0℃前後でも厳しいとの口コミも多いので、冬キャンプの際は厚着でカバーするなどの工夫が必要になると思います。 

ホークギア(HAWK GEAR) マミー型シュラフ 

ネックウォームファイバー+エアヒート繊維採用の最新モデルで超断熱仕様で、快適睡眠でき、簡易防水・防風仕様にもなっています。

by カエレバ

使用可能温度は -15度耐寒で、水温30℃以下で丸洗い可能コットンファイバーで、何気にホークギアの寝袋は実写ゆるキャン△でも使用されていましたね。

まとめ【化繊マミー型寝袋】

以上のように、ダウンよりも比較的求めやすい化繊マミー型寝袋であれば、5,000~20,000円前後でも温かく使える寝袋はあります。

 

ただ、ここで注意しないといけないのは限界温度と快適温度の違いです!

 

限界温度は基本的にその温度では寒くて利用出来ないと考えた方が良く、目安としては人それぞれの体感温度の違いはありますが、限界温度+10~15℃くらいが薄着で快適に使える温度と思った方が無難です。

 

また、寝袋の有名メーカーであれば、この限界温度と快適温度のデータはある程度信憑性はありますが無名メーカーの寝袋を購入する場合はより注意が必要ですよ。

 

と言いながらも、冬キャンプでも十分使用可能そうな化繊マミー型寝袋がありますので、キャンプ先の最低気温などを調べて快適温度に合ったシュラフを選んでいきたいですね。

 

また、化繊の注意点としてはダウン系寝袋と違って、サイズが大きくなったり重くなったりする事もありますので積載も十分に検討しましょう。

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓