1年に1回!?オピネルナイフやモーラナイフを砥いで切れ味アップ!

f:id:A---chan:20200701145433j:plain

梅雨本番で、キャンプに行けなくてウズウズしている方も多い事でしょう…w

 

自分も春夏秋冬キャンプに行っていますが、この梅雨時期だけはどうにもならず、仕事が休みでも在宅率が非常に高く、梅雨の無い北海道在住のキャンパーさんが羨ましいです。

1年に1回!? 

自分が住んでいる富山県は、それこそ雪国の北陸で冬場には地元でキャンプ自体は出来ませんが、太平洋側にいけばそれなりにキャンプは出来る環境です。

 

しかし梅雨時期は、全国的に天気が悪いため大人しくしているしかありません…

 

ただ…

 

裏を返せば1年でも比較的自宅でゆっくり出来るのが梅雨時ですから、こういった機会を使って愛用のキャンプギアの手入れをするのが良いかもしれません。

オピネルナイフやモーラナイフを砥いで切れ味アップ!

キャンプギアの中でも、メンテナンスをシッカリしないといけないのが刃物です!

 

刃物に関しては、使えば使うほど切れ味が悪くなりますし、場合によっては刃が欠けたりもします。

 

その為、定期的に砥いだりなどの手入れが必須なんですよね。

 

そして自分の場合は、薪割りのバトニングや、フェザースティックを作ったりと重宝しているのがモーラナイフです!

モーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティ ステンレス 

by カエレバ

特に、アクティブな使い方をする為、あえてメンテナンスが少なくて済むステンレス製の刃を選びました。 

 

⇩モーラナイフの記事です⇩

www.a-chancamp.com

そして、料理用として愛用しているのは、包丁の代わりという事でオピネルでは一番刃渡りが長い#12です。

オピネルナイフ カーボンスチール#12

 

by カエレバ

そして、料理用で研ぎやすいようにカーボンスチールの刃を選びましたが、錆びやすいので黒錆加工をして使用しています。

 

⇩黒錆加工の記事です⇩

www.a-chancamp.com 

ナイフの状況と問題

以上のように、自分はこのモーラナイフとオピネルナイフを適材適所で愛用している訳なんですが…

 

1年も使っていないのに色々と問題が…

f:id:A---chan:20200701150727j:plain

見ていただければ分かりますが…

 

まずオピネルナイフは使用前に面倒臭いため分解せずに 黒錆加工をしたため、刃と柄の結合部が錆びてきています。

 

刃を出してそのまま浸け置きしただけだったので、柄の結合部は黒錆加工ができなかったので、今回は初めて分解して研ぎ直し再度黒錆加工を施したいと思います。

 

※ちなみに分解はピンが中々抜けず少し曲がってしまいました…

f:id:A---chan:20200701151344j:plain

そして、モーラナイフは枝や薪割りなどヘビーに使用しているため、ステンレスの刃でありながら、刃こぼれしていますので、今回はステンレスで研ぎにくいですが、研ぎ直しをして刃こぼれを修復してみます。

ナイフ砥ぎために必要なもの

f:id:A---chan:20200701151625j:plain

元々、我が家で使用していたのは#400、#1000の中仕上げの砥石セットで、これだけでもかなり切れ味は戻せますが、今回は追加で砥石の面直しと、仕上げ砥石用に#3000、#8000の砥石セットを購入しました。

貝印 コンビ砥石セット (#400・#1000) 
by カエレバ
GOKEI_CO 面直し用砥石 
by カエレバ
仕上げ砥石 (#3000・#8000) 
by カエレバ

ナイフを砥ぐ為には

砥石を水に5~10分浸け置く

f:id:A---chan:20200701152403j:plain

まずは砥石を水に浸け約10分ほど水を吸わせます。

 

本来、乾燥している砥石には目に見えない気泡がたくさんあり、そこに水を吸わせる必要があります。

砥石の面直し

f:id:A---chan:20200701153039j:plain

まず最初にするのは、元々使用していたコンビ砥石の面直しですが、今まで面直しをしていなかったため、砥石面の中心部がどうしても擦り減り易く砥石面がフラットではなくなっています。

f:id:A---chan:20200701153537j:plain

その為、砥石より荒い#180の面直しで、砥石自体を研いで砥石面をフラットにする必要があるんですね。

モーラナイフを砥ぐ

f:id:A---chan:20200701153708j:plain

今回モーラナイフは刃が欠けて、刃こぼれしているので#400の荒砥石で研いだ後に、#1000で中仕上げで研いでいきます。

f:id:A---chan:20200701153938j:plain

その後は#3000で仕上げ、更に#8000で超仕上げを両面を研いでいきます。

f:id:A---chan:20200701153947j:plain

本来であれば、鏡面仕上げまで時間を掛けてしたいのですが屋外で使うモーラナイフなので、刃こぼれを直し、切れ味UP出来たら終了でOKです!

オピネルナイフを砥ぐ

f:id:A---chan:20200701154557j:plain

モーラナイフ同様、荒仕上、中仕上げ、仕上げ、超仕上げの順で研いでいきますが…

f:id:A---chan:20200701154607j:plain

基本的に、柄を外した刃の部分だけで研いでいきます。

f:id:A---chan:20200701154618j:plain

この際気を付けるのは、黒錆加工を一度落としてしまうくらい研いだ方が良いです。

f:id:A---chan:20200701154626j:plain

超仕上げ終了後には、再度黒錆加工をするのでムラにならないように黒錆は全て落し切るようにした方が良いですね。


砥いだ後は…?


こんな感じで、ナイフは研ぎ終わりましたが…

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

フキンが…w

 

下に敷いていたフキンが砥ぎ汁で汚れ過ぎて、嫁さんが仕事から帰ってきたら叱られるので、ついでに自宅の包丁全ても砥いでおきましたよ。

f:id:A---chan:20200701155412j:plain

f:id:A---chan:20200701155421j:plain

ペティナイフ、牛刀、菜切、出刃、柳葉、三徳など計6本も追加で砥いでおいたので、叱られる事はないでしょう。

 

ちなみに、自分は釣りも趣味で魚を捌いたり、料理もするので我が家は意外と刃物が多いですね~ww 

黒錆加工

f:id:A---chan:20200701160059j:plain

紅茶と酢を8:2の分量で黒錆加工処理液を作り、ペットボトルにオピネルナイフの刃を3時間ほど浸け置きします。

f:id:A---chan:20200701160108j:plain

3時間経つと、化学変化で黒錆がついて刀身が真っ黒になってカッコいいですね!

ナイフ砥ぎ処理完了

f:id:A---chan:20200701160417j:plain

硬いステンレス刃のモーラナイフも刃こぼれが無くなり、無事修復ができました!

f:id:A---chan:20200701160431j:plain

オピネルナイフも、黒錆加工後ドライヤーで乾かし、金具で柄を組み直した際に、ヤスリで部品や柄を削る事で、キツくて使いづらい折り畳み状態から、使い易いように修正も出来たので良かったです!

まとめ

せっかくの休みで、梅雨空でキャンプにいけず残念ではありますが…

 

こういう時だからこそ、改めていつも使っているキャンプギアに真心こめてメンテンナンスをしてあげ、長く愛用出来るようにしていくのもキャンパーの務めのように思います。
 

そして、今日説明した刃物以外での定期的にメンテナンスが必要なキャンプギアもありますので、1年に1回は手入れをしてあげて長く使っていきたいものですね。

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓