格安に御嶽山の登山道口で避暑キャンプ!胡桃島キャンプ場(岐阜県)

f:id:A---chan:20200906094106j:plain

9月に入り朝晩も大分涼しくなってきましたが、日中の猛暑はまだまだ続きそうですね。

 

我が家の、長男、次男、長女の学校も盆明け辺りから再開し、猛暑の中で連日運動会の練習で忙しそうです。

 

そんな暑いこの時期に休みの前日に昼から半休を取って、久々に弾丸キャンプに行きたいと思います。 

格安に御嶽山の登山道口で避暑キャンプ!

そして、今回の弾丸キャンプの目的地ですが…

 

前々から一度は行ってみたいと思っていた、西日本で最も標高が高い位置にあるオートキャンプ場として有名な、岐阜県の胡桃島キャンプ場です。

 

⇩胡桃島キャンプ場の基本情報です⇩

www.a-chancamp.com

胡桃島キャンプ場

場所は木曽御嶽山の裏側の高山市にあるオートキャンプ場で、標高は1,850mもある高所にあるので避暑キャンプには最適で、逆に寒すぎて9月末には閉鎖するキャンプ場です。 

実際、飛騨高山というと富山県民からすると、比較的近い人気観光地で自宅からだと一般道で1時間半~2時間の道のりですが、ここ胡桃島キャンプ場は高山市でも旧朝日町という事で高山市内から更に1時間ほどかかります。

 

そして、自分も嫁さんも午前中は仕事して、家を出たのが14時前で到着したのは17時前で急いで、チェックインと設営を済ませます。

スノーピークヴォールトで設営

f:id:A---chan:20200906100015j:plain

今回は到着時間も遅めなので、短時間でテントを立てることができるスノーピークのヴォールトを使います。

 

ただ、ここで問題点が…

 

何とこの胡桃島キャンプ場はウッドデッキ上にテントを設置するスタイルだったんです。

 

Σ(;゚Д゚)!
 

しかも、ウッドデッキが小さい…

 

たまに、こういった寝心地が良いようにウッドデッキが用意されているサイトは目にしますが、被自立式テントだと設営が出来ないんですよ。

f:id:A---chan:20200906100203j:plain

仕方が無いので、デッキを使わずに横の空いたスペースに設営し、時間も時間なので、ある程度をキャノピー下に入れて入浴施設に向かいます。

日和田高原ロッジ・キャンプ場

入浴先に選んだのは、日和田高原ロッジ・キャンプ場です。

f:id:A---chan:20200906100737j:plain

本来であれば、キャンプ場から最寄りの濁河温泉 市営露天風呂に行きたかったのですが、コロナの影響からか平日は営業しておらず、こちらの日和田高原ロッジ・キャンプ場で汗を流します。 

そして、ロッジに入ってみると中は奇麗な宿泊施設ですし、オートキャンプ場も併設しているので、薪なども販売しています。 

f:id:A---chan:20200906100748j:plain

また、幼児は無料なのも有難く、早速大浴場でのんびり入浴ですが、コレが温泉なら最高だったのに…w

f:id:A---chan:20200906101659j:plain

女性の嫁さんが上がってくるのは毎度遅いので、風呂上りには三男はアイスタイムですね~♬

夕食 

そして、入浴後はキャンプ場に戻りますが、時間は19時前で早々に夕食の準備に取り掛かります。 

f:id:A---chan:20200906102244j:plain

時間が無かったので嫁さんにも手伝ってもらいながら、自分は焼き鳥を焼いていきますが、タレの焼き鳥は焦げ付きやすいので駄目ですね…

 

( ノД`)シクシク…

f:id:A---chan:20200906102327j:plain

焼き鳥を焼きながら、自分は炊飯と、冷凍水餃子でスープを作っていき、サラダを添えれば簡単手抜きキャンプ飯の完成です。

 

初めて、冷凍水餃子を購入してみましたが、皮が厚いのでスープとして煮込むには最適ですし、コレがまた鶏がらスープにぶち込むだけで簡単に作れるのに激ウマなんですよ!

 

そして、夕飯が完成したのは19時半ですが、すでに三男は疲れはてて眠りこけているので、仕方がなく淋しく二人で夕飯です。

焚火&晩酌タイム 

f:id:A---chan:20200906103000j:plain

焚火をしながら、夕食の片付けを済ませ20時半頃から、のんびり晩酌タイムに移行です。

f:id:A---chan:20200906103216j:plain

今回は、梅酒のジンジャエール割りを試したくて用意してきましたが、この組み合わせは甘くてさっぱりしていて女性には良いかもしれませんね。

f:id:A---chan:20200906103513j:plain

そして、ツマミかわりにポテトチップスですが、下界は猛暑で大変なのに気温18℃の環境下で焚火で暖をとりながら晩酌とは最高の贅沢を感じます。

f:id:A---chan:20200906103826j:plain

まあ、嫁さんはお菓子があればそれだけで幸せそうですが…w

f:id:A---chan:20200906104000j:plain

雲は少々多いですが一応月も見れましたし、他の利用者は一人だけでしたし、広いキャンプ場なのでほぼ我が家の貸し切り状態で22時前には就寝です。

翌朝(二日目)

f:id:A---chan:20200906104744j:plain

就寝中何度か寒くて目を覚ましましたが、早朝テントまわりも明るくなってきて目を覚ましてテントの外へ出ます。

f:id:A---chan:20200906104513j:plain

ちなみに暑がりの自分は半袖短パンの軽装だったのですが、流石に15℃だと寒くて速攻で長袖長ズボンに着替えます。

f:id:A---chan:20200906104827j:plain

多少、明るくなってきましたし、寒いので焚火に火を点けながら自分は暖かい飲み物の準備をします。

f:id:A---chan:20200906105000j:plain

このキャンプ場での早朝の静寂な時間は、毎回自分の為だけにあるような時間として錯覚を覚えるほど貴重ですね。
 

そして、冷えた体を焚き火とコーヒーで暖めます。

朝食

f:id:A---chan:20200906105348j:plain

そして、今回の朝食は久々に和食が良いなと思って銀シャケをグリルで焼いていきますよ~♬

f:id:A---chan:20200906105417j:plain

それに、ソーセージをボイルし、ご飯を炊いて、味噌汁を用意しましたが…

 

見た目はやっぱりステンレス食器は美味しそうに見えないですねw

 

まあ、でも十分美味しかったので満足でしたけどね~♬ 

キャンプ場内を探検

食後は食器類とキャンプギア類をサッと片付けで、チェックアウト時間が12時と少々遅めという事もあって、キャンプ場内を虫取りを兼ねて探検します~♬

f:id:A---chan:20200906105853j:plain

自分はたまたま帽子も服もズボンも緑一色になり、完全に緑のオジサンでしたね~w

f:id:A---chan:20200906110044j:plain

それで、キャンプ場内を30~40分程散策しましたが、結局捕まえたのはカミキリムシだけでした。

f:id:A---chan:20200906110147j:plain

まあ、食後の運動と思えば暑くないですし、ちょうど良いかもしれませんね。

胡桃島キャンプ場の展望台

f:id:A---chan:20200906110526j:plain

撤収をしていた際に、清掃していた管理人さんにキャンプ場内の展望台について聞くと、コテージがあるところから3分程山に登れば良い事を聞き、チェックアウト前に登ってみる事に…

f:id:A---chan:20200906110701j:plain

ここには、展望台へ行く木道と、御嶽山まで6㎞と書かれた登山道の入り口がありますが、迷わず展望台へ~w

f:id:A---chan:20200906110838j:plain

木道を進むと山道になりますが、短い区間だけなので小さいお子さんも登れますよ。

f:id:A---chan:20200906110925j:plain

そして、ものの3分で本当に展望台へ到着です。

f:id:A---chan:20200906111008j:plain

展望台からは、高山市内方面の山々や乗鞍岳が一望でき、後ろをみると御嶽山も眺めれますよ。

f:id:A---chan:20200906111121j:plain

残念な事に、この日は御嶽山が雲に隠れて見えなかったです。

 

( ノД`)シクシク…


次回は、御嶽山の登山などにチャレンジしてみたいですね。

f:id:A---chan:20200906111320j:plain

帰り道に、今は閉鎖されたチャオ御岳マウントリゾートの道沿いから、乗鞍岳が奇麗に見えて今回の弾丸格安キャンプは終了です。

今回の格安キャンプ費用

2020.9.1~9.2 

キャンプ費用:オート代2,600円 +大人500円×2、幼児無料

入浴料:大人600円×2、幼児無料

合計:4,800円

別途食費:2,000円

総合計:6,800円

  

弾丸のファミリーキャンプではありますが、家族3人でこの価格なら十分格安ですね。

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓