アウトドア&キャンプの際の急病や怪我対策を考えよう!

新しい年が明けて早いもので、もう4日目ですね。

 

今年の正月は自分にとって最悪の年のように感じております。

 

何故か・・!?

実は年末から口の中が痛く、喉もイガイガして体調も悪い中、1月2日に実家に新年の挨拶に行って帰宅してから発熱して、昨日1月3日寝込んでいましたが・・・

 

一向に良くならず、インフルエンザかな?と思いながらも熱も下がらないので、救急センターにいって診察を受けました。

 

f:id:A---chan:20200104115728j:plain

すると!

 

先生から一言・・

RSウイルスですね。

 

なにそれ・・???

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

ちなみにRSウイルス感染症とは?

RSウイルスの感染による呼吸器の感染症で、何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の乳幼児が感染し非常に感染力が強く、幼稚園や保育園などの施設内感染に注意が必要との事です。

 

 

エエッ!!?

 

Σ(゚Д゚)

 

昨年、40歳になったオッサンなのにかかるか?と思いましたが、潜伏期間が2~8日以内という事を考えると思い当たるフシが・・

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

実は、クリスマスキャンプの2日目の12月26日の夕方、ちびまる子ちゃんランドで、5歳児の三男と一緒に1~6歳が利用できるキッズランドで、一緒に玩具や積木などで遊びながら、キャンプでの疲労で免疫力低下も相まって本来なら大人なら発病しないRSウイルス感染症が発病したと考えるのが自然です。

 

※そこのキッズランドにいっていない家族は誰も体調悪くないし、保育園でも度々流行るRSウイルスについては保育園児の三男は高い耐性を持っているので・・・

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

しかも、家族とのクリスマスキャンプから帰宅後の翌々日に、再度忘年会キャンプに行った事で悪化したと考えるべきでしょうね。


以上の連日キャンプで疲労からくる免疫低下&年末年始の不摂生から、我が体をRSウイルスが蝕んでいたんです・・

 

( ノД`)シクシク…

 

 

しかも、1月4日が今年初出社予定だったのに、インフルエンザ程ではないが、感染症の為2~3日は仕事に行ったらダメとの事で、結局本日は休む事に・・・

 

まあ、今回の急病については、帰宅後に発症しているので大丈夫でしたが、コレが長期キャンプ中であったら大変です! 

 

そこで・・

今回はアウトドア&キャンプ中の急病や怪我に対しての対策を考えていきます!

 

 

まず最初に持っていくものとして

①健康保険証の所持!

長期旅行も一緒ではありますが家族全員の健康保険証を持っていきましょう!

 

実際、後日郵送やメールなどで送る事も可能ですが、無いと医療費&薬代が全額負担になってしまいますので、一応念の為に持っていく事をオススメします。

 

②絆創膏&消毒液を持っていこう!

アウトドア&キャンプは野外での活動ですし、当然小さい子は転んだりして擦り剝けたりの傷を負う事もあります。

 

そして、包丁やナイフを使った調理もする際に、自宅で使い慣れている調理器具ではないと指を切ったりする可能性も高いでしょう!

 

その為、ファミリーキャンプの際には携帯サイズの絆創膏と消毒液くらいは持って行っても良いように感じます。 

by カエレバ

 

by カエレバ

③火傷用薬の持参!

通常の切り傷と同じく、火を使うアウトドア&キャンプで多いケガとしては火傷があげられますので、火傷薬の軟膏などを持参すると安心ですね。

 

特に我が家もそうですが、自宅がオール電化の場合火を使う経験がキャンプしかないので火に対しての危険な認識が甘い事もあります。

 

オロナインも携帯できる30gタイプもありますし、オロナインは火傷以外にも手荒れが酷い場合にも使えますので、キャンプに持っていいても良いと思います。

 

by カエレバ
by カエレバ

 

④虫刺され用薬とその対策!

時期にもよりますが、6~9月の夏の時期に関しては虫の活動も活発になり、蚊に刺される事も多々あります。

 

また、場合によってはブヨやアブ、蜂などに刺される危険性が全くない訳ではありませんので、まずは刺されないようにする事と、刺された場合の対策を考えておく必要があります。

 

そして、富士錦から販売されているのは、山で仕事をする林業の従事者が愛用している森林香で、通常の蚊取り線香よりも煙が多く、蚊よけには最適で我が家でも愛用しています。 

by カエレバ

 

そして刺されたときように必要なのが、携帯しやすい液体ムヒや、毒性の強い蜂に刺されたときや、マムシに噛まれたとき用のポイズンリムーバーを持っておいて損はありません。

by カエレバ

 

by カエレバ

 

以上のように、アウトドア&キャンプは屋外で生活するため、万が一の危険に備えておく必要がありますが、近年はコンビニ並みにドラッグストアも各地に有りますので、最悪は何かあってから買い行っても良いですが、持参できる物は持参した方が良いですよね。 

 

そして、今回は自分の病気からこのような記事を書きましたが、一応ポイズンリムーバーあたりは、自宅に1つは持っておいても良いですし、最も大事なことはアウトドア&キャンプに行く際には、体調が万全な状態で行く事が一番ですよね~♬

 

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓