格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国の無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

初心者オススメ!焚き火の基本的なやり方&効果的な薪の組み方!

今まで、皆さんに当ブログで焚き火の記事をいくつかご紹介してきましたが、肝心な事を忘れていました。

 

そもそも・・

 

焚き火ってどうやってするの?

 

エエッ・・!?

 

いまさら・・w?

 

Σ(゚Д゚)

 

実は、今まで焚き火の話しは何回もしていたのに、根本的な焚き火のやり方をご紹介していませんでしたので、この場を借りてご紹介します。

 

ちなみに、皆さんはBBQした事ありますか?

 

基本的には、火をおこすという意味では一緒で、何が違うかと言えば燃料が違うだけですね。

 

例えば、BBQでは火力を安定させやすい木炭を使う事が一般的ですが、焚き火の場合は基本的に薪を使います。

 

※慣れてきたら薪と木炭両方使ったりするんですけどね・・w

 

f:id:A---chan:20191118150522j:plain

そして、キャンプ場では地面で直接焚き火が出来る場所と、焚火台を使用して焚き火をするスタイルが2種類ありますが、最近では直火禁止のキャンプ場も増えてきたので、焚き火台を使って説明します。

 

⇩薪の樹種についての記事です⇩

www.a-chancamp.com

 

 

ちなみに我が家が使っているの焚火台は、超ド定番のユニフレームのファイアグリルです。

 

by カエレバ

 

一番重要なのは焚き付けの段階です。

 

焚き付けとは字の通り、火をおこす際の言葉で最初にどうやって火を点けるかなんですが、いくつか火を点ける方法があります。

 

①着火剤を使う!

 

BBQをやる際に、着火剤に火を点けて炭に火を伝えていくやり方で、一番ポピュラーな焚き付け方法ですね。

by カエレバ

 

by カエレバ

そして、着火剤についてもジェルタイプ、固形タイプなど色んな種類が発売されていますが、どれも便利に使えますが、考えて炭を配置しないと中々上手に火を点ける事が出来ません。

 

 ②ガストーチバーナーを使う!

 

短期間で火を点けたいなら、ガストーチバーナーを使うのが一番早いです。

 

我が家の場合、寒くて忙しい早朝で薪が湿っていたりすると、普通に火を起こすのが面倒なのでガストーチバーナーを使ってしまいますので、一家に一台持っていても良いくらいだと個人的には思います。

 

この商品は我が家で使っている物で1,000円前後で購入でき焚き付けには便利ですよ。 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

③自然素材を使う! 

 

最近、日中の時間があるときのキャンプの時にはこの自然素材を使って、焚き火をする事が増えてきました。

 

そして、この際の焚き付けに必須なのが、火口【ほぐち】の松ボックリです。

f:id:A---chan:20191118152358j:plain

実は松ぼっくりは、タイマツの燃料になる松脂(樹脂)を含んでおり、こうやって傘の開いた松ぼっくりはマッチ1本で火が付く優秀な着火剤代わりになります。

 

そして、この松ぼっくりと同じく焚き付けで重要になる火口なのが枯れた杉の葉です。

f:id:A---chan:20191118152630j:plain

杉の葉自体にも多少の樹脂が含まれるため、火が付きやすく最初は煙が多く出ますがすぐに大火力になって燃え上がりますので、こののち細めの薪や枝に着火させていけば良い訳ですね。 

 

f:id:A---chan:20191020165955j:plain

また、その他には薪をナイフで削り、フェザースティックを作って火口として使い焚き付けをする事も可能です。

 

 

ちなみに、松ぼっくりと、杉の枯葉があれば、ファイアスターター(ティッシュか麻縄が別途必要)でも簡単に火が付きます。 

 

 

そして、①~③の焚き付け方法をご紹介しましたが、一番楽しいのは③の自然素材を使う焚き付けですね。

 

何が良いかと言えば、自然界にある物で、松ぼっくりや杉の枯葉自体は山を歩いていると比較的に入手可能ですので、お子さんと楽しみながら自然素材の着火剤と、焚き木拾いをすれば楽しいですし、お子さん自体の勉強にもなりますよ。

 

 

まずは焚き火の第一歩の、焚き付け方法が分かったところで、次に重要なのが火が着いた後、どうやってその炎を大きくしていくかなんですね。

f:id:A---chan:20191118122032j:plain

薪の組み方は・・?

 

そして薪の組み方は、ここでは全てを説明できないくらいの数多くの派生型がありますので、今回は代表的な4種類の薪の組み方をご紹介します。

 

f:id:A---chan:20191120150007j:plain

①井形

薪をちょうど漢字の【井】の形にのように、薪を組み立てる焚き火のやり方です。

 

焚き火の中心に適度な空洞が出来て上昇気流が発生やすい組み方で、煙突効果が得やすいので、空気をあまり送らなくても自然と火力を維持できるので、一般的には夏場などにキャンプファイアーをする際の組み方と言った方が分かりやすいと思います。


また、勢いのある炎を上げて楽しむのにとても向いていますので、火柱を上げて興奮するにはもってこいですが、当然ながら調理には全く向きませんので一般的に焚き火をする組み方ではないと思います。

 

そして、よく燃えるので当然燃え尽きるのも早く、普段平行型で一晩かけて使いきる薪の量なら、この型だと3時間もあれば燃やし尽くします。

 

 

f:id:A---chan:20191120150031j:plain

②平行型

実は我が家で一番多い組み方が、この平行型です。 

 

太い薪を基本的に枕木にして、太い枕木に対して薪を直角に並べていきますが、直角に並んだ木たちが【平行】に見えることから平行型と呼ばれていますが、比較的に組みやすい形状なので初心者にも向いています。


そして、この組み方の最大の良い点は火力を調整しやすいところにあります。

 

ようは、全体的に火力を出すわけではなく、薪の置き方や位置によって火力を微妙に調整でき、火元に近い枕木付近が熱く、枕木から離れるごとに温度が低くなるため、火元に近いところで肉を焼きながら、枕木から離れたところで保温するという細かい芸当ができますので、調理は比較的しやすいですし熾火も作りやすいのがいいですね。。

 

そして、この組み方は乾いた薪でもできますし、湿った薪にも向いており、我が家のようにキャンプ場で薪を拾ったりする場合には、薪が湿っている場合が多いので乾かしながら燃やす事も可能ですね。

 

 

f:id:A---chan:20191120150110j:plain 

③傘形 

皆さんの、焚き火にある一般的なイメージはこの傘型ではないでしょうか? 

 

自分もキャンプを始める前には、この傘型のイメージが強く、今でも焚き火をしながら薪をくべたりしていると、知らず知らずにこの形状になっている事が多いですw

 

ちなみに中央を高くし、ちょうど傘のような形で組んだもので、細い焚き木を拾って焚き火をする我が家では使う形状ですが、どちらかと言えば寒い日に暖を取るために急いで高火力が欲しい場合などに使う形状です。


また中心上部分はかなりの高温になるため、燃え尽きるのが早いので、薪の継ぎ足しが多く必要になりますので、短期で高火力が得られる分燃費は悪いです。

 

 

f:id:A---chan:20191120150138j:plain

④星形

 

5本の薪を星のように放射状に並べた組み方で、特徴としては火力が弱い代わりに火が消えにくく、【インディアンの焚火】と言われており、どちらかと言えば最低限の暖や調理をしながら一晩その場で野宿する際に向いていると思いますので、直火の方がおススメですね。

 

また、延焼部分が中央になるため、少しずつ並べた薪を中央に寄せていく焚火のやり方の為、火勢は低めですが火力が安定しており火持ちもとても良いですね。

 

うまく管理すると、夜に起こした火が翌朝も使えるくらい、じっくりじわじわ燃えますので、とろ火調理や、ゆっくりと煮込むような調理にはおススメで、薪を節約する事も可能です。

 

最後に・・

今回は4種類の焚き火での代表的な薪のくべ方を紹介しましたが、薪のくべ方を検索すれば色んなタイプの派生型もありますので、自分に合った、キャンプスタイルに合った、焚火台に合った薪のくべ方で、焚き火をより楽しんでくださいね~♬

 

 

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓