格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国の無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

焚き火がしたい!初心者キャンプ装備に最適なのは斧?鉈?ナイフ?

f:id:A---chan:20191004174939j:plain寒くなってくると、焚き火がしたくなってきますよね~?

 

火を見てると落ち着きますからね。

 

ていうか、そう思うのは放火魔か、火付け盗賊か、キャンパーくらいの危ない思想かもしれませんね・・・w

 

ちなみに、普通に購入する薪って案外結構大きいんですよ!

f:id:A---chan:20191004110210j:plain先日、地元近所で薪を販売している農園を発見したのですが、広葉樹で良い薪だったのですが1本、1本が大きい!!

 

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

本数は8~10本で580円が安いのかも良く分かっていない焚き火初心者なんですが・・

 

我が家の焚き火台はユニフレームのファイアグリルの為、多少大きくてもこのサイズなら、何とか燃やせますが、本数も多くないし、大きい薪だと着火に時間がかかるので、出来れば憧れの薪割りがしたいという気持ちにだんだんとなってくる訳なんです。

 

そこで・・・

 

気になるのが薪ってどう割ればいいの?って事です。

 

ちなみに、皆さんの薪割りイメージって⇩ですよね?

 

f:id:A---chan:20191004111022j:plain

 

 

まあ、一般的には薪割り=斧のイメージを持たれる方は多いかと思いますが、 さすがにこんな光景をキャンプ場で見た事はないですね。

 

そもそも、丸い原木を薪で真っ二つに割るって事自体は、自宅が薪ストーブ使っていたりしないと、中々アニメくらいでしか見た事ないのではないでしょうか・・?

 

まあ、実際自分も斧の方が薪割り楽なんだろうなと思いますが、実際焚き火の薪割りに使うのは小型の片手斧なんですよね。

 

 

そして、薪割り用の斧と言えばハスクバーナーですよね。ネットで検索するとキャンプ用の、薪割り斧としては認知度が高いですし実際利用されておられる方も多いはずです。 

by カエレバ

 

 

また、個人的に気になったのがコレです。鍛造ペグで名高いエリッゼステークを作っている村の鍛冶屋製で刃物で有名な越後三条の業物です。しかも色合いも含めてシブ過ぎて素敵ですし、切れ味も良いとの事ですがお値段もその分しますよね。

 

by カエレバ

 

そして、同じ燕三条なら忘れてならないのは、ファイアグリル焚き火台で有名なユニフレームの斧ですよね。焚き火台がファイアグリルならセットで持っておきたい一品であしながら、小型なので価格もリーズナブルです。 

by カエレバ

 

また、小型で格安の1,000円台で購入できるのがこちらのワンハンド・アックスで、六角レンチとしても活用できるそうですが、見た感じ小さすぎで本格的な薪割りだと時間がかかりそうですが、キャンプ場で拾う薪や小枝を切断するならコチラで十分かもしれないですね。

 

by カエレバ

 

勿論、アウトドア用の片手斧の種類はまだまだありますが、実際キャンプで斧までいるの?っと思われるのなら、斧ではなく鉈でも十分薪割りが出来ますよ。

 

例えば、薪に鉈の刃を入れ、鉈の刃を他の薪で叩けば比較的に楽に薪を割る事が可能です。これは先程説明した斧でも小型な物は同じような使い方になります。

 

ただ、薪割りというより木目に沿って削ぐという感じに近いかもしれませんね。

 

また、持ち運びを考えて小型の斧にするなら、鉈の方が断然使い勝手が良いように感じます。

 

 

こちらの近与の鉈は刃先にコブが付いており 薪割りの際に刃の打込みを防ぐので刃や台を傷める心配がなく、力強い作業ができるとして、ユーザーも多いですね。

 

by カエレバ

 

古くから愛されている千吉の園芸用鉈ではありますがコチラは枝打ち薪割り用で、全鋼刃で耐久性と切れ味も抜群との事ですが、その分力を入れすぎて薪割りをすると、地面は石で歯が欠ける事もあるので、使用する際には注意が必要ですね。

 

by カエレバ

 

 

シルキーの鉈で両刃180ミリですから薪割りにはちょうど良く、強靭な特殊合金鋼が永切れと耐衝撃性の向上を実現しており、ゴムグリップの採用により衝撃を60%以上カットできるので、手袋をしてもすべりづらいのが特徴です。

by カエレバ

 

そして、Amazonでもベストセラーになっているのは、コチラの鉈と鋸がセットになっているなたとのこ180mmです。ちょっと邪道な気もしますが、鉈の切れ味良い上、鋸がセットになっていますのでシチュエーションに合わせた使い方が出来るのが魅力です。

by カエレバ

確かに、鉈でも薪割りが可能どころか、ある意味キャンプ程度の薪割りなら斧よりも鉈の方が使い勝手が良いと思われているキャンパーも多いのは事実です。

 

ただ、今まで紹介した斧と鉈に関しては、ぶっちゃけ薪割りでしか利用する事が無いのがネックですよね。

 

だって、キャンプでしか使わないんだから・・・w

(他のキャンプギアも一緒ですが・・)

 

そう考えると、切れ味が良いならナイフでも薪割り(薪削ぎ)くらいは出来るのではないかと考える訳なんです。

 

ナイフ

ちなみにナイフで薪割りが出来るのかというと、結論から言うと全然できます。

 

バトニングという技を使えばいとも簡単に割る事が出来る訳なんですが、要は鉈の使用法と一緒で刃を叩く個所は違うくらいですかね。

 

そして、焚き火でナイフと言ったらフェザースティックですね。

f:id:A---chan:20191004151514j:plain

ブッシュクラフトの代表的なものだと思いますが、焚き火をする際に薪などの木材の表面を薄く削っていき簡単に着火できように加工した手作りの着火剤、火おこしグッズです。

 

バトニングと呼ばれるナイフ一本だけで薪を割るアウトドアのスタイルに付随した火起こしのための技術でもあります

 

そして、フェザースティックやバトニングが可能なアウトドア用のナイフといったらモーラ・ナイフですよね。

 

モーラは単純で丈夫な構造、小刃がないので研ぎやすく、木が削りやすく、ラバーハンドルは手に馴染みやすく濡れた手でも滑りにくく扱いやすいとナイフ初心者にも扱いやすいのが特長です。

 

by カエレバ


また、安価なのに質が高いので多くの多くのユーザーに好まれており、コチラのコンパニオンはステン刃の為、錆び難く刃厚もヘビードューティーより薄いので、釣りやキャンプの包丁の代用で使えますし、ブッシュクラフトにも利用でき、軽いバトニングでも大丈夫そうです。

 

そして、同じくモーラナイフからですが、コチラは上記のステンレス刃ではなく、より切れ味が良いスウェーデン製カーボンスチールを使っており、その上から防サビのためブラックコーティングもされているため切れ味・寿命どちらも素晴らしい逸品です。

 

また、ファイアースターター(火打石みたいな物)も付いており、シース(鞘)の先端部分に水抜き用の穴があるおかげで中に水が溜まらないので、悪天候で使うこともあるアウトドアとの相性はバッチリだと思います。

by カエレバ

そして自分一押しなのが切れ味が良いダマスカス鋼のナイフです。180mmの刃渡りは鉈としての使い方と、ナイフとしての使い方両方を兼ね備えていますし、なんと言ってもカッコいいですすからね。ただその分お高いのですが・・・w

 

by カエレバ

 

 

 
Elk Ridgeハンティングナイフは比較的リーズナブルに求める事が出来るうえに、ステンレス製でバトニングも十分できる品物です。

 

by カエレバ

 

こうして、斧・鉈・ナイフを色々見てきましたが、あくまでもキャンプでの薪割り用のならバトニングナイフでも全然大丈夫なのが分かりました。

 

 

そう考えれば、初心者の薪割り用だったら最初はナイフの方が汎用性があって良いような気がしますので・・・

 

自分は薪割り用にナイフを購入する事に決めちゃいました~♬

 

そして、結局何を選んだかと言えば、超ド定番のモーラナイフでバトニングもしやすく刃厚約3.2mmのヘビーデューティーで、更に材質がカーボンスチールと悩みましたが、メンテナンス軽減できるステンレス製にしましたよ。

 

by カエレバ

 

正直、見た目は好みでは無いのですが色々調べてみた結果、格安で耐久性も良くメンテナンスがしやすい物が、一番愛されているモーラ・ナイフなんだと実感しました。

 

薪割りについては結局は、斧や鉈ではなく、超ド定番のモーラ・ナイフという面白味が無いことになりすいません・・・w

 

 

それでは、皆さんの

キャンプライフの参考に 

なれば幸いです~♬

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓