格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国で格安キャンプなどの低コストアウトドアを面白可笑しく展開してます!

キャンプでメスティン飯を作ろう!【ナシゴレン】と【魯肉飯(ルーローハン)】のレシピ!

ソロキャンプの際に面倒な料理は敬遠がちですが、アルミ飯盒のメスティンを利用すれば、色んな料理を作る事ができるんです。

 

そして、今回は手軽に誰でも簡単にできる【ナシゴレン】と【魯肉飯(ルーローハン)】をご紹介します。

メスティンで簡単キャンプ御飯!

そもそも、自分はキャンプ歴10年以上で長いのですが…

 

ソロキャンプの際に一番面倒な事は、一人分だけのご飯を炊く事なんです。

 

ちなみに、ファミリーキャンプなら問題ないのですがソロだと1合以下しか食べる事が出来ないのに、わざわざご飯を炊くのが煩わしかったんですよね。

 

その為、以前は保冷剤代わりの冷凍御飯を雑炊にして食べていたんです。

 

ですが…!! 

 

楽に御飯が炊けるトランギアのメスティンを入手したおかげで、ソロでも手軽にご飯が炊ける環境が整ったんです。

トランギア メスティン TR-210

by カエレバ

ダイソー メスティン

また、最近100均でもアウトドアグッズが充実してきて、ダイソーのメスティンでも問題なく美味しいご飯が炊けますよ。

 

⇩ダイソーメスティンの記事です⇩

www.a-chancamp.com

 

という事で、自宅でもキャンプ場でも作れる、え~ちゃんの格安!メスティンで簡単キャンプ御飯のコーナーです。

メスティンで「ナシゴレン」を作ろう!

今回は、ハウスから発売されているナシゴレンを使って、キャンプでも時短ができて簡単なナシゴレンを作っていきます。

タコライス【食材】

  • 米:0.75合(3/4合)
  • 水:150㎖
  • ナシゴレンの素:1合分
  • 鶏肉:50g
  • むきエビ:6~7尾
  • パプリカ:1/4(荒みじん切り)
  • 玉ねぎ:1/4(粗みじん切り)
  • 卵:1個
  • きゅうり:3切れ

ナシゴレン【作り方】 

米を浸けおく!

砥いだ米に水を150㎖入れ、夏場は30分、冬場なら60分の浸けおきます。

※この工程は自宅などで別容器に入れて時短する事が可能ですし、翌朝に作るのであれば前日から浸けおいてもOKです。

具材とナシゴレンの素を入れる!

本来、ナシゴレンはフライパンで炒飯のように炒めますが、手間がかかるので炊き込むために、鶏肉、エビ、玉ねぎ、パプリカなどの具材を入れて、適量のナシゴレンの素を加えます。

メスティンで炊き込む!

ガスバーナーでナシゴレンを炊いていきますが、弱火で約15分ほどで炊き上がります。

 

また目安は吹きこぼれ始めてから約5分でOKです。

蒸らし時間に目玉焼きを作ろう!

炊き上がったら、メスティンを保冷バックで保温しながら蒸らしますが、保冷バックがない場合はタオルなどにくるんで保温しながら蒸らしましょう。

蒸らしている間に、焦げ付き防止のためにクックパーをシェラカップに巻いて目玉焼きを弱火で作っていきます。

 

蒸らし時間は10分ほどあるので、その間に味噌汁やおかずなどを調理したりしましょう。

炊き上がり後は全体を混ぜよう!

炊上がったナシゴレンを、均等に具材が混ざるようしゃもじで混ぜておきましょう。

目玉焼きとキュウリをのせれば完成!

最後に目玉焼きと、キュウリをのせればナシゴレンの完成です。

ナシゴレンは炒める料理ではありますが、分量次第でメスティンで炊込みナシゴレンを作る事ができて、見映えもして美味しいのでキャンプ飯には最適です。

メスティンで「魯肉飯(ルーローハン)」を作ろう!

今回は手軽に入手できる牛豚合挽肉を使って、キャンプでも簡単にできる「魯肉飯(ルーローハン)」を作っていきます。

魯肉飯(ルーローハン)【食材】

  • 米:0.75合(3/4合)
  • 水:150㎖
  • 牛豚合挽肉:100g
  • 水:大さじ2(具材用)
  • 青しそ漬:適量
  • 茹で卵:1/2

魯肉飯(ルーローハン)【作り方】 

米を水を浸す!

米0.75合なので150㎖が必要で夏場だと30分、冬場の場合は60分浸しておきましょう。

固形燃料で炊きあげよう!

20分ほど炊き上げていきますが、白米だけなので固形燃料でも十分炊きあげれます。

炊き上がったら蒸らそう!

炊き上がった後は、保冷バックに入れて15分程蒸らしましょう。

挽肉を炒めよう!

白米が炊き上がった後に蒸らしている間に、挽肉を魯肉飯(ルーローハン)の素と水を大さじ2加え水気がなくなるまで炒めます。

ここまで汁気がなくなればOKです。

具材をのせれば完成!

最後に挽肉と、青しそ漬を載せて茹で卵をのせれば完成です。

青しそ漬以外に高菜で作れてワカメスープを合わせると、台湾屋台ぽい雰囲気で八角が香る魯肉飯(ルーローハン)は美味しいですよ

メスティン飯のまとめ 

今回も誰でも簡単にできて、ひと手間かけた【ナシゴレン】と【魯肉飯(ルーローハン)】をご紹介しましたが、手軽にできて美味しいですよ。

ナシゴレン

コスト:★☆☆☆☆(500円程度)

難易度:★★★★☆(目玉焼きを作る必要あり)

時間 :★★★★☆(30分)

 

コメント:多めの具材を事前調理をしておくことで時短で作れて美味しいです!

魯肉飯(ルーローハン)

コスト:★★★☆☆(300円程度)

難易度:★★★☆☆(挽肉を炒めるのが面倒)

時間 :★★★★☆(30分)

 

コメント:挽肉を弱火で汁気がなくなるまで炒めるのが面倒ですが味は絶品です!


両方のメスティン飯とも初心者でも簡単に出来ますし、時短も出来るタイプの調理ですのでキャンプには最適ですよ。

 

今回は誰でも簡単にできる【ナシゴレン】と【魯肉飯(ルーローハン)】をご紹介しましたが、手軽にできる割りに美味しいので、一度作ってみたらいかがでしょうか。