格安^^キャンプへGO~!

富山発!無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

キャンプへGO!奥飛騨温泉郷オートキャンプ場(岐阜県)

2017年の7月久々に会社内で、バーベキューの話しが

盛り上がりました・・・

 

以前から、たびたび社内の同僚などとは夏場にBBQを

したりしている職場なので

今回もやろう!!・・と

 

でも、いつもやる時期は梅雨明けで盆前の7月下旬~8月上旬で

我が家のキャンプをする時期に重なるのが残念なんですよね。

 

なので・・

 

今回は私が音頭をとって、我が家のキャンプと会社のBBQを

一緒にする計画です。

 

ですが、場所をどこにするかです。。。

 

社内のメンバーは富山だけではなく、石川県の

メンバーもいますので、立地が重要な事に・・

 

また、夏場のキャンプですから、暑くないところを

考えないといけません。。。

今年もいつもと一緒で暑いですから・・・ι(´Д`υ)アツィー

 

という事で、今回の条件ですが・・・

 

①富山と石川県から比較的に行きやすい場所

②夏のBBQなので涼しいところ

③子供も楽しめる事

 

以上の3点です!!

 

そして、決定したのは

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場です。

 

ここですと、富山からだと約1時間半、石川からでも

2時間弱の好立地に加え、標高も750mとそこそこあり

涼しく上宝の道の駅に併設されているキャンプ場の為

分かり易いうえ、場内には子供用プールもあります。

 

という事で、7月下旬の天気の良い日

我が家は設営もあるので、皆な集合する2時間前に

到着できるよう早目に出発です!!

 

富山からだと

国道41号線で神岡に向かい、そこから平湯方面へ90分ほど

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場到着です。

f:id:A---chan:20190701120241j:plain

f:id:A---chan:20190701123317j:plain

↓↓↓場内MAPです↓↓↓

f:id:A---chan:20190701120301j:plain

私たちのサイトは、サイトⅡの24、25番です。

エエッ!!?Σ(゚Д゚)

2区画も・・・???と

思われるかもしれませんが・・・

 

今日のメンバーは我が家5人※長男は不参加

富山から同僚が1人、石川から同僚4人の合計10人

ですので、1区画にテント&タープを張り

 

もう一区画に、新装備のワンタッチタープ!

実は前々から、欲しかったんですよね^^

 

例えば、キャンプじゃなくてもレジャーやお花見などにも

使えますし、もちろんBBQにも使えます(#^.^#)

 

それと、今回はもうひとつ新装備が!!

SOTO、いぶし処~♪

ソト(SOTO) いぶし処 お手軽香房 ST-124

ソト(SOTO) いぶし処 お手軽香房 ST-124

 

実は、今までも燻製を作ってはいましたが・・・

 

あくまでも簡易的にダッチオーブンを使用した燻製だったので

ユニフレーム製と悩みましたが、容量の多いこちらを購入!

 

↓↓↓ちなみに悩んだのはコレです↓↓↓ 

やっぱり、ユニフレームかっこいいね・・・^^

 

それはそうと、新装備の話しではなく

設営をせっせと進めます~www

 

チェックイン自体は、管理人に行って9時にして設営完了が

10時頃、その頃ようやく同僚たちが到着です❕

 

そして、改めてキャンプ場内を探検する事に・・・

 

すると・・・!!!

なんということでしょう・・・w

エエッ!!!Σ(・ω・ノ)ノ!

※ビフォーアフター風に~ww

 

実はこの奥飛騨温泉郷オートキャンプ場は、

所謂、高規格キャンプ場で、各サイトに回収用の

分別ゴミBOXが設置されており、定期的にゴミ回収を

しにきてくれます。。。

 

そして、なんと炊事場はシングルレバー水栓でお湯まで

普通に出るし・・・

トイレに至ってもチョー綺麗でウォシュレット付き

 

さすがに、ここまでされていると、

家と設備変わんないじゃん!!!

!!!Σ(゚Д゚)

 

そして、いよいよBBQスタートですが・・・

毎回ながら、調理中の写真がなく13時頃には

お腹いっぱいに~(´▽`*)

 

昼からは、チャッチャと片付けをして、キャンプ場内の

水遊び場(プール)に~♪

f:id:A---chan:20190701123245j:plain

そして、水遊びやBBQで遊んだ後は、無料の露天風呂まで

ある心配りに感服です~(#^.^#)

f:id:A---chan:20190701123530j:plain

そして、時間はそろそろ15時頃です。

 

我が家メンバー以外の、同僚達は帰路につき

我が家は、地元スーパーへ買い出しに~^^

 

実はスーパーと言いますが・・小さなJAのストアで

車で10分の距離です。

 

折角だし、その場でアイスを購入し、キャンプ場でカレーを

作りながらアイスを食べて、夕食後は以前にいった温泉♨

 

さて、何処の温泉にいったかと言えば・・

 

懐かしい・・・忘れもしない・・・( ノД`)シクシク…

初キャンプを平湯野営場でした時の悪夢を・・ww

※悪夢が気になる方は、平湯野営場のページをご覧下さい・・

 

 

そして、その時利用した

【ひらゆの森】の温泉施設です。

f:id:A---chan:20190616113547p:plain

 

www.hirayunomori.co.jp

ここの温泉のよいところは、露天風呂が10か所以上あるところで

子供達も楽しみながら入れます~^^

 

その後は、キャンプ場に戻って皆で就寝です・・(ノД`)・゜・。

 

翌朝・・

 

ここの奥飛騨温泉郷オートキャンプ場は、さすが高規格の

キャンプ場として、さすがだが・・・

人気も、お値段も流石かも~ww

 

チャックアウトも人気からか11時なので、早目にご飯を

食べて早々に撤収し、10時頃にはチャックアウトを・・・

 

しかし、時間は午前10時で、子供達はまだまだ遊びたい様子

の為、帰り道の双六渓谷で川遊びです~♪

f:id:A---chan:20190701142224j:plain

キャンプ場から、双六渓谷までは車で約10分くらいで

以前は、この双六渓谷テント村というキャンプ場があったんです。

f:id:A---chan:20190701142243j:plain

かなり前にはなりますが、ここでBBQをして経験もあるのですが

今はもうキャンプ場自体がなくなっています。残念・・><

 

そして、到着して子供達は早速川へ~♪

 

自分達は、クーラーボックスや必要なものを持って

河原へ下りますが、さすがに夏の炎天下でι(´Д`υ)アツィー

 

自分も水着に着替えて子供と川で遊ぶ事に・・・

 

その時、ふと川の対岸をみると、こちらは日向なのに

対して、対岸は日陰で涼しそう~(#^.^#)

 

水着を持ってきていない妻は

一人で暑い中、日傘をさして河原で待っています。

 

ちょっと可哀想だな・・・と思った時

閃きました~!!(∩´∀`)∩

 

川の深さをみても腰より下な感じなので、オンブして

対岸に連れていってあげようと~♪

 

妻にそのことを話したら、不安そう・・(゚Д゚;)

 

ですが、暑さに勝てずオンブする事に・・・

 

実際おんぶして、渓流の河を渡る訳ですが・・・

私の両手はオンブで妻を持っており、あくまでも

両足裏で、藻の付着した滑りそうな岩や石を

踏みしめながら慎重に、対岸を目指します!

 

エッサ!ホイサ!~wエッサ!ホイサ!~ww

 

そのとき・・・

 

事件が起こりました!!

私が岩についた藻で足を滑らせ転びます!!

お約束のドリフかよ~www( ´艸`)

 

バシャバシャ!バシャーン!!

Σ(・ω・ノ)ノ!!・・( ノД`)シクシク…

 

 

そして・・・ずぶ濡れになった、

妻はカンカンです!!<(`^´)>

 

しかも、怒っているのも束の間、より酷い状況

 

何かと言うと・・・

 

その時、妻は黒いレギンスを履いていたのですが

その影響かは分かりませんが、妻の下半身にブヨ

10数匹も群がってきます!!!ブ~ン!

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

f:id:A---chan:20190701172837p:plain

 

ギャーーーーーー!!!

!!!!!Σ(゚Д゚)

 

 

そういう事で、妻は着替える事になるのですが・・・

その後、妻からかなりお叱りを受けて

早目の帰路につき今回は終了ですw

 

今回の必要経費  2017.7.28

キャンプ場入場料 大人500円×2 小人300円×2 

アーリーチェックイン料金1,500円 ゴミ協力金300円

サイト料金4,000円 キャンプ場合計金額 合計7,400円

入浴料 大人500円×2 小人400円×3 合計2,200円 

別途食費 3,000円

総費用:12,600円 まあ安い~?(;゚Д゚)

キャンプ コスパ 良好~^^

 

 

↓↓面白い記事なら、気軽にブックマークお願いします(''◇'')ゞ↓↓