格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国の無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

3種類のペグケース比較!ペグで設営&撤収が早くなるってホントなの?

まず、最初に・・・

 

我が家はキャンプを初めて9年ほど経ちますが、最近まで鍛造ペグの購入自体をしていませんでした。

 

お恥ずかしいお話ですが・・w

 

まあ、ブログタイトルでもあるように、我が家のキャンプスタイルは格安が一つのコンセプトになっているので、テントを買った際に付いてくるペグに関しては、付属品ペグで十分というスタンスでした。

 

しかし・・・

 

今年の夏に行った本栖湖湖畔の浩庵キャンプ場でタープが飛ぶ事態になりました。

 

そして、ここ数年は景色の良いキャンプ場に行く事が増えたのは良いのですが、以前良く利用していた林間キャンプ場と違って遮蔽物も無く、風が強いんですよね・・

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

まあ、そんな理由もあって

 

先日、格安鍛造ペグを購入しちゃいました!

 

f:id:A---chan:20191002122842j:plain

 

www.a-chancamp.com

 

実際、先日の陣馬形山に行った際に初めて鍛造ペグを使ったら、思った以上の使い心地で、もっと早く買うべきだったと後悔しましたね・・ 

www.a-chancamp.com

 

そんな事もあって、追加で20㎝鍛造ペグ12本、そして28㎝鍛造ペグ8本購入したものですから、ペグケースが欲しくなっちゃったんです。

 

そして、ここからが本題です。

 

そもそも、ペグケースってみんなどんなの使っているのか?という事が気になって、色々と調べたところ、どうやら大きく分けて3種類に分けれる感じですね。

 

①布(帆布)製

 

鍛造ペグのエリッゼステークで有名な村の鍛冶屋製のエリッゼステーク 38cmが収納できるマルチコンテナです。

 

by カエレバ

 

鍛造ペグのソリッドステークで有名なスーピーク製マルチコンテナで、整理しやすい四角い形状。小物からペグまで保管・携行に最適なバッグです。

 

by カエレバ

 

この2つは、有名2大鍛造ペグのエリッゼステークとソリッドステークを利用されているのなら、同じメーカーで揃えたいと思いますが正直高いんですよね。

 

( ノД`)シクシク…

 

なので、もう少しコスパの良い物を探すと

 

村の鍛冶屋製の前掛けタイプもありますが収納量が少なすぎてNGです。 

by カエレバ

 

なので、行きつく先は、巻くタイプの格安ペグケースになるんですが・・・

by カエレバ

これらも収納量的にきついかなと思いました。

by カエレバ

自分としては、20㎝ペグに関してはテント用に20本前後、タープ用に30㎝ペグが10本程度とガイロープを入れたいですし、価格はなるべく安くしたかったんですよね。

 

②樹脂(プラスチック)製

 

なので、安くてたくさん入る樹脂製の工具箱を利用しようと、ホームセンターも回ったりもしました。

 

by カエレバ

 

確かに安くて量は入りそうだったのですが、問題は見た目がダサい・・・

 

by カエレバ

 

そして、一番の問題は耐久性ですね。当然ながら、職人の工具用なのでそれなりではあると思うのですが、キャンプの際は積載も多くなりますし、ペグ自体の重量もそれなりにあるので、こちらも決め手に欠けました。

 

 

③金属製

 

そして、金属製のペグケースというか、こちらも車などの工具箱ですが、実は金属製の工具箱をペグケースに利用されている方って、案外多いんですよね。

 

例えば、付き合いのあるMisojiさんもTOYOの工具箱利用されています。

www.misojicamp.com

 

そんな中、決定したペグケースはコレです!!

f:id:A---chan:20191002132027j:plain

TRUSCO(トラスコ)山型工具箱です!

 

色は色々あって、キャンプ場で映える赤色を利用されている方が多いですが、ココはあえて無骨感があるOD色をチョイス~♬

 

お洒落キャンプは憧れますけどね・・・w

 

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

 

カラーバリエーションも5色あるのは嬉しいですし、なんと言っても金属製工具箱なのでかなりの重量のペグを入れても大丈夫な耐久性で格安の為、コストパフォーマンスは最高です!!

 

実際の使用感は・・・

f:id:A---chan:20191002182908j:plain

 

入れるものは

・ペグハンマー(普通の金槌)

左から

・スノーピークの付属アルミペグ20本

・20㎝格安鍛造ペグ18本

・28㎝鍛造エリッゼステーク8本

・タープ用付属アイアンペグ7本(1本紛失)

・テント用ガイロープ14本

 

f:id:A---chan:20191002182512j:plain

 

コレだけの量が、普通に入っちゃうんですよ!

 

まあ、付属ペグ自体はもう不要なんで入れなくてもいいんですけど・・w

 

f:id:A---chan:20191002183025j:plain

 

スゴイ・・・

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

正直、地味な色合いですが、コレだけ入ると設営の際に今まで付属の袋にペグ&ガイロープを入れていたので出し入れがかなり面倒だったんですが、TRUSCO(トラスコ)山型工具箱なら出し入れはかなりスピーディーになります。

 

 

そして、なんと言っても凄いのが、鍛造ペグの地面の刺さり具合が付属ペグ比べて、良すぎてハンマーで叩く回数が半数ほどにでき、ペグ自体が曲がらないので打ち直しが無くなるますので、今まで掛かっていた設営&撤収の際の、ペグ打ち、ロープ、ペグ抜きにかかる時間が半分ほどになると思います。

 

それでは、鍛造ペグとペグケースで、どれくらいの時間短縮になるかですが自分の場合はいつも一人で設営でやる事は・・・

 

①テントのペグダウン8カ所(トンネルタイプ)

 

②テント、ガイロープ取り付け&ペグ打ち込み6~8カ所

 

③タープ、ガイロープ取り付け&ペグ打ち込み8カ所

 

この①~③の行程を一人でやると大体40分程度かかりますが、ペグが鍛造になり、大容量のペグケースを使うだけで10分短縮できて30分になったのは大きな効果だと思います。

 

また、テント&タープ自体が強固になったのなら、鍛造ペグ&ペグケースで7~8,000円ほどかかりましたが、もっと早くから用意しておけばと後悔しています・・・

 

( ノД`)シクシク…

 

 

最後になりますが、初心者は後回しになる鍛造ペグ&ペグケースですが、キャンプを初めて比較的に早く、用意しても損にはならないですよ~♬

 

 

それでは、皆さんの

キャンプライフの参考に 

なれば幸いです~♬

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓