ROBENS(ローベンス) クロンダイク【徹底レビュー】

昨今のキャンプブームにより、各社から心躍るような素敵なキャンプギアがたくさん発売されていますよね。

 

自分がキャンプを始めた10年程前から見れば、多種多様で各特徴を持ったキャンプギアギアが増えて個人的には嬉しい限りです。

 

ただ、多種多様のキャンプギアが出て来ると実際どうなの?と思われる事も多いと思いますので、コチラのコーナーでは我が家で使用しているキャンプギアのレビューをまとめていきます!

f:id:A---chan:20201018165914j:plain

そんな中、今回紹介するのは…

ROBENS(ローベンス) クロンダイク

ROBENS(ローベンス)といえば、デンマーク発のテントブランドでアウトドアライフのために全て設計されており、リーズナブルでハイクオリティなテントを創りだしている海外メーカーです。

 

また、その使いやすさからユーザーの信頼を得ることに成功し、ユーロ圏においてROBENS®ブランドを確立しています。

 

そして、アウトドアでの快適さに必要な条件を徹底して考え、居住性はもちろんの事と、圧倒的に雨風に強く、どんな状況でも換気システムが完全に機能しますので、昨今の日本の過酷な気候にも対応できると思います。

 

更に言えば、雪の降る季節にも対応できるように、そもそも薪ストーブをテント内部にインストール出来る設計になっている為、冬キャンプにも最適なテントになっている事もあり、我が家も購入したんです。

 

特に冬キャンプをする際には、いずれは薪ストーブを使いたいなという憧れがあったので…

クロンダイク:基本仕様

f:id:A---chan:20201018164623j:plain

仕様

◇収容人数:最大6人(インナーテントを使用する場合は異なります。)

◇サイズ:(縦、横、高さ) 390×400×270㎝

◇収納サイズ:(縦、横) 80×27㎝

◇テント素材:ハイドロテックス ポリコットン (65%ポリエステル/35%コットン)

グラウンドシート ジッパー脱着式, 210Tオックスフォード100%ポリエステル,耐水圧10,00mm

◇重量:16.1kg

◇付属:ペグ、ガイロープ

f:id:A---chan:20201018171731p:plain
f:id:A---chan:20201018171740p:plain

ローベンスが独自に開発したHydroTex ポリコットンは、通気性と耐久性に非常に優れており夏は涼しく冬は暖かい通年使用可能な優秀テントなんです。

 

更に耐久テストをクリアしており、 最大風速168㎞に耐えうる強靭な構造になっています。

f:id:A---chan:20201018172050p:plain
f:id:A---chan:20201018172102p:plain

また、大人が立つことができる十分なサイズで家族やグループでのキャンプにも最適で、入口がAフレーム構造の大型ドアになっているので、出入りがしやすいのも良いですよね。

f:id:A---chan:20201017182736j:plain
f:id:A---chan:20201018172352p:plain

 

ローベンスのテントは四季を通して使用でき、特に冬キャンプの際は天井部には煙突ポート(16cmφ)が標準装備されているので、薪ストーブを設置すれば暖かいだけでなくおしゃれな空間を演出できますよ。

 

⇩クロンダイクに適した薪ストーブの記事です⇩

www.a-chancamp.com

ポリコットン素材のテントは、テント内を暖かくしても比較的結露しにくく、暖められた空気が逃げにくいので、冬でも快適に過ごすことができるのが特徴です。

 

クロンダイク:価格

メーカー希望小売価格:¥113,300円(税込)

by カエレバ

価格に関しては、デンマーク製のローベンスという事もあり大幅値引きはありませんが、並行輸入品の品物は若干安めになっているときもあるので、色々調べてみた方が良いですよ。

 

そして、ベル型テントであればノルディスクのアスガルド12.6との比較もされますが、ローベンスのクロンダイクはフロアシートが付属しており、煙突穴もあって、価格も低めに設定されているのは有難いです。

 

 

また、素材のポリコットン素材はポリエステル素材より、火の粉にも比較的強いため焚火を良くするキャンパーにもおススメテントですね。

 

クロンダイク:オプション製品

ローベンスクロンダイクについては、いくつかの純正オプション品が設定せれているのでご紹介します。

ローベンス フットプリント クロンダイク専用

フロアシートは標準装備しているのですが、その下に敷く汚れ防止や防水対策としてのグランドシートは付いていませんが、純正品の購入をおススメします。

by カエレバ

理由は、クロンダイクはテント内に玄関のような土間スペースを作る事が出来るようになっているため、その仕様に合わせたグランドシートの方が使い勝手が良いからです。

ローベンス フローリング クロンダイク

クロンダイク専用の10角形のインナーマットになります。

by カエレバ

インナーマットについては無くても構いませんが、冬キャンプを少しでも快適にされたいなら地面からの冷気を遮る純正サイズマットがあった方が良いと思いますよ。 

ローベンス アウトバック タープ 4x4m

クロンダイクと同じ色合いのアウトバックタープで、素材も同じポリコットン生地になっているので焚火にも強いです。

by カエレバ

また、全てのグロメット部分にはガイロープも付属しているため、設営時のスピードも速いと思いますよ。

ローベンス タープ ユニバーサル フロントポーチ 

ユニバーサルタープは、高さ調節可能な鉄製ポールを使うことで単体のタープ・シェルターとしても使えます。

by カエレバ

また、アウトバックタープよりは小さいですが、クロンダイク、チヌークおよびアパッチなどの入り口用Aフレームの頂点先端部分に連結して使用することも可能です。 

ローベンス デナリテントストーブ

ローベンスのクロンダイクはテント天井部分が、非常に高く煙突ポートも高い位置にあるため、必然的に煙突高さが高いローベンスの薪ストーブが最適になります。

by カエレバ

デナリテントストーブについては、蒸気機関のような形状ですから冬キャンプの際にはテント内を素敵に演出してくれますよ。

ローベンス コバクテントストーブ 

上記と同じように、クロンダイクはテント天井部分が、非常に高く煙突ポートも高い位置にあるため煙突長さが。3,450㎜あるコバクテントストーブは最適です。

by カエレバ

また、ガラス窓から炎の揺らめきを見たり、両サイドで料理を保温したりできるのも良いですよね。 

 

以上のように、ROBENS(ローベンス) クロンダイクには直接的なオプションが多く散財しそうになりますが、まずは必要な物から揃えていけば良いと思いますよ。

クロンダイク:レビュー 

f:id:A---chan:20201018184151j:plain

テント単体で使用する事で、部屋のようなレイアウトで使う事も可能ですよ。

f:id:A---chan:20201018184435j:plain

また、タープと一緒に使用する事で荷物を外に置けますので、テント内の居住空間を広く使えます。

f:id:A---chan:20201018184358j:plain

f:id:A---chan:20201018184922j:plain

そして、結露の少ないポリコットン生地で、冬場は室内で暖房設備が使い易く石油ストーブを使うと冬場でも子供は半袖半ズボンでも大丈夫そうです。

f:id:A---chan:20201018185100j:plain

さらに、煙突ポートがあるため熱量が高い薪ストーブをインストールする事で、暖をとる以外にも料理に使用したりもできますよ。

f:id:A---chan:20201017193235j:plain

組立方法も単純で慣れれば一人で20分も掛からずにテントを建てる事が出来るのは有難いですね~♬

 

⇩ローベンスクロンダイクの簡単設営動画です⇩

www.youtube.com

第二回目のyoutube撮影ですが、緊張しますね…w

 

※是非!チャンネル登録お願いします^^

 

そして、実際このクロンダイクを入手してから数回キャンプに行っていますが、お洒落なキャンプスタイルを演出できるところが良いですね。

 

⇩我が家がローベンスクロンダイクを選んだ理由の記事です⇩

www.a-chancamp.com

クロンダイク:メリット&デメリット 

メリット
  • 流行のベル型テントでお洒落
  • 色合いが合わせやすいアイボリーと黒のツートンカラー
  • ノルディスクアスガルドよりは安め
  • 四季を通して利用可能
  • ポリコットン生地で結露に強い
  • TC素材のため焚火の火の粉に強い
  • フロアシートが標準装備
  • 一人で簡単設営可能
  • ストーブを使えば冬キャンプも可能
  • 薪ストーブをインストール可能
  • 天井高さや広さがあり居住性が高い
  • グランピングも出来る
  • 最大風速168㎞に耐えうる強靭な構造
デメリット
  • 基本的に高い
  • テントサイトスペースの広さが必要
  • ポリコットン生地で乾きにくい
  • 重くて持ち運び不便
  • ロープ作業が多い
  • ロープやペグが多く躓きやすい

 

クロンダイク:総合評価

価格・・・・・★★☆☆☆

耐久性・・・・★★★★★

デザイン・・・★★★★★

希少性・・・・★★★★☆

携帯性・・・・★★☆☆☆

使い易さ・・・★★★★☆

 

価格についてはポリコットン生地で6人用ベル型テントなので、それなりの金額はしますが、その分耐久性は高くなっており風に対しても強いです。

 

デザインはグランピングでも使用可能なほどお洒落なデザインになっており、使用者は少ないのでキャンプ場では非常に目立つテントであると思います。

 

ただ、素材がポリコットンのデメリットである重さがあげられますが、オートキャンプ場を利用すれば大丈夫で、テント内の大空間を確保する事により天井高さもあって非常に使い易いテントですよ。

 

以上でROBENS(ローベンス) クロンダイクの評価を終了しますが、あくまでも個人的な主観で評価しておりますので、記事の訂正などについてのご意見はご容赦いただけますようお願い申し上げます。

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓