格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国の無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

無料キャンプへGO!猪苗代湖崎川浜キャンプ場(福島県)②

f:id:A---chan:20190903200332j:plain

昨晩は猪苗代湖湖畔の、無料キャンプ場の崎川浜(さっかはま)キャンプ場に泊まった我が家・・・

 

嫁さんの化粧も

ようやく終わり・・w

(#^.^#)

 

二日目は、午前8時半に磐越道&東北道で一路

 

杜の都 

仙台に向かいます~♬

 

猪苗代湖からだと高速を利用して約2時間ですね。

 

私は仙台4回目ですが、子供達は初めてでお昼前に仙台についた我が家は観光もせずに仙台歓楽街の国分町に~♬

 

 

そして仙台といったら・・ 

 

まずは!!

牛タンでしょ!😋

 

という事で、行き先は旨味太助です!

www.gyutown.com

時間は10時40分で、OPEN20分前ですが既に行列ですね・・

 

有名店なので、いつも並ぶことになりますが、仙台でしか味わう事が出来ないので、無言で並びます~('◇')ゞ

 

f:id:A---chan:20190831171938j:plain 

f:id:A---chan:20190625213945j:plain

30分ほど待って、ようやく入店でき、人数分牛タン定食を注文!

 

厚みのある牛タンを家族全員で美味しくいただきました^^

 

実はここ数年、長男辺りが大きくなってきて、親と一緒に出掛ける事自体を遠慮する事が増えてきたのですが、牛タンと言ったら行く!と即答でしたw 

 

そして、この牛タンを食べると・・

 

地元の焼き肉店のペラペラな牛タンが食べれなくなっちゃいますね・・

( ノД`)シクシク…

 

その後は、松島まで足を延ばそうかとも思いましたが、昨晩からの強行軍の影響もあり、仙台の定番観光地

青葉城址へ~🏴

f:id:A---chan:20190625215251j:plain

honmarukaikan.com

ご存じの方も多いですが、伊達政宗が築城してから、廃藩置県・廃城令までの約270年に渡り伊達氏代々の居城であり、大藩にふさわしい大規模な城だったんですよ。

 

そして、教科書にも載っている伊達政宗像も前で記念撮影し売店で・・

 

仙台名物 

ずんだ餅を

いただきます。

f:id:A---chan:20190831171152p:plain

ちなみにずんだ餅とは、戦国時代の合戦の陣中に伊達家正宗が陣太刀で枝豆を切り刻み、餅に付けて家臣に振舞った【じんだちもち】が訛って⇒【ずんだもち】になったと言うのがよく聞く言われですが、その他にも説があるらしいです。

 

 

何だかんだで、青葉城址をゆっくり観光していたら時間は13時ですので、そろそろ猪苗代湖へ戻ります。

 

正直、仙台滞在2~3時間で往復時間3~4時間なので、仙台まで足を延ばしたのは若干失敗だった気が・・w

 

ですが、15時頃には猪苗代湖に戻り、追加でワンタッチタープも出して・・

 

猪苗代湖で

湖水浴~♪

f:id:A---chan:20190625220753j:plain

ちなみに、猪苗代湖で初めて湖水浴をしたのですが、この崎川浜はかなりの遠浅で、100m近く離れても大人だったら足が届くので、子供に遊ばせるのはもってこいだと思います~(#^.^#)

 

17時半頃から、早目の夕食カレーを食べて

 

会津の

大江戸温泉物語

f:id:A---chan:20190625221722j:plain

aizu.ooedoonsen.jp

しかし、このキャンプ場無料でロケーションも良いのですが、猪苗代湖から会津市内の大江戸温泉物語までが約25kmで意外と遠いんですよね・・・

 

( ノД`)シクシク…

 

温泉にゆっくり入り、疲れを取った後は地元スーパーで買い出しです。

 

まあ、キャンプ場に帰る頃には子供達も完全におやすみモードで楽でしたが・・・w

 

翌朝(3日目)

 

朝食を早目に済ませ、撤収です!

 

ただ、今回は冒頭で言っているとおり無料キャンプ場の為いつものオートキャンプとは違い、サイトと車への荷物運びが幾分か面倒・・・><

 

でも、我が家はこういうときだけ、子供が多いので便利ですw^^

 

無事撤収も終え

帰りしなに向かうのは

会津と日光を結ぶ、

日光街道沿いの宿場町

 

大内宿です!

f:id:A---chan:20190625223115j:plain

ouchi-juku.com

大内宿は江戸時代における会津西街道の「半農半宿」の宿場の呼称で、明治期の鉄道開通に伴って宿場としての地位を失いましたが、茅葺屋根の民家が街道沿いに現代も建ち並ぶ集落です。

 

そして、観光地名として現在も受け継がれており、1981年に重要伝統的建造物群保存地区として選定され、福島県を代表する観光地の1つですね。

 

ここ大内宿にきて、江戸時代にタイムスリップした気持ちになっていると、ちょうどお昼時間に・・

 

ちなみにここの名物は・・

 

ねぎ蕎麦w?

 

f:id:A---chan:20190831172627j:plain



エエッ!!

Σ( ̄□ ̄|||)

 

まんまじゃん!!!

 

そうなんです・・w

箸の代りにネギで蕎麦を食すんです。。。

 

さすがにこれはwww!?と思い、

 

普通のお蕎麦をいただき家路につきました^^

 

今回の必要経費

2017.8.24

初日

キャンプ場無料

2日目

キャンプ場無料

温泉入浴料

大人550円×3 小人300円×2 未就学児0円×1 

合計2,250円 別途食費 3,000円

合計費用:5,250円 

3日目

キャンプ場無料

総合計:5,250円

 

2泊3日のキャンプで観光&外食費&交通費抜きで

 

このトータル金額は、

安すぎでしょ~!!

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

※ちなみに、観光&外食&高速代&ガソリン代で3万前後です。

 

無料キャンプ場

コスパ最強~!

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓