スノーピークのランドブリーズProの2020年超進化が凄すぎる!!

キャンパーならスノーピークと聞くと、心躍るカッコ良いデザインの商品を提案する国内の老舗アウトドアメーカーですよね。

 

また、熱狂的なスノーピークファンのキャンパーが多い事でも有名ですよね。

スノーピークのランドブリーズProの2020年超進化が凄すぎる!! 

そういう我が家もスノーピークのテントを所持しており、キャンプ歴は10年近いですが、未だに初心者レベルでエントリーモデルのエントリーパックTTを愛用しています。

by カエレバ

いつかは、中級クラスのスタンダートモデルや、上級クラスのProモデルが欲しいなと思っていたところ…

ランドブリーズのモデルチェンジ 

そんなスノーピーク商品で、1996年に発売以来、技術の進歩や時代の変化とともにスペックアップや改良を繰り返し、ロングセラーの定番モデルとしてランドブリーズシーリーズに変化があるとの事!

f:id:A---chan:20191214103938j:plain

ベーシックでありながら高機能スペックを備えた同シリーズが、2020年に居住性と機能性をさらに向上させて、スタンダートモデルから、最高峰のPROモデルに進化して快適な滞在を叶える最高峰ラインに変貌するみたいです!

ランドブリーズとは

そもそも、ランドブリーズはスノーピークを象徴するエントリー向けテントのアメニティドームが登場するよりも前に、1996年に『超高品質テント』として誕生したシリーズで、2人用、4人用、6人用があります。

スノーピーク ランドブリーズ2
by カエレバ
スノーピーク ランドブリーズ4 
by カエレバ
スノーピーク ランドブリーズ6 
by カエレバ

その後も度重なるモデルチェンジも行われ、ランドブリーズはいつもスノーピークの品質を物語るスタンダートな存在でしたが、発売から24年経つ2020年にProラインとして満を持して登場します。 

ランドブリーズの変更点 

ちなみに何が変わるの? 

 

ここが皆さん気になるところかと思いますが…

 

まずコンセプトしては『世にないものをつくる』原点に立ち返っておこなった【定番】の改良との事で、3点の改良が見受けられます。

通気性の向上!

天井にメッシュパネルを配して、フライシートにも開閉できる窓を設け、更に前後左右の対角線上にもメッシュパネルを施し、テント内を一直線上に流れるように設計されています。

耐風性能の向上!

前室部分を見直し、以前の前室フレームは特に風の影響を受けやすかったために、前室フレームの形状をコの字型に変更し負荷を軽減し、加えて出入り口の高さを上げて、ファスナー内側の引手をスティックに替える事で、出入りする際の身体の負担を少なくする事が可能になっています。 

生地性能の向上!

結露の軽減のために3と4の前室の天井にはライナーシートを施して、信頼性のある伝統的なフレームワークを採用し、耐風性もしっかり担保しながら、生地は破れにくく頑丈なリップストップを施したProスペックになっています。

実際、比較してみると

従来のランドブリーズ

従来のランドブリーズ6の特徴については、後室に大型パネルを備え、室内の温度管理がし易いランドブリーズでシェルターとドッキングした際も後室からの出入りがスムーズになります。

 

そして、エントリーモデルにはないマッドスカートも装備され、春先や秋口の冷え込みにも対応できるようになっているのがスタンダートモデルのランドブリーズです。 

f:id:A---chan:20191214113427j:plain

f:id:A---chan:20191214113437g:plain


 

【仕様】

 

◆サイズ:300×300×162(h)cm

◆重量:9.8kg

◆収納サイズ:75×23×27(h)cm

◆対応人数:6名

◆室内高:162cm

◆フライ耐水圧:ミニマム値1,800mm

◆ボトム耐水圧:ミニマム値1,800mm

◆UVカット加工:〇

◆ セット内容:テント本体、本体フレーム短(×2)、本体フレーム長(×2)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×22)、自在付ロープ(2m×2、2.5m×4、2又5m×2)、シームシーリング剤、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース ● 材質:フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、マッドスカート/210Dポリエステルオックス・PUコーティング、インナーウォール/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001(φ11mm・φ9mm) ● キャリーバッグサイズ:75×23×27(h)cm ● 

 

スタンダートモデルのランドブリーズ6なら価格は税抜き92,800円

新しいランドブリーズ

そして、これが2020年度版Proモデルのランドブリーズです。

f:id:A---chan:20191214111929j:plain

f:id:A---chan:20191214111948j:plain

過去のスタンダートモデルのランドブリーズ6と2020年度版Proモデルのランドブリーズ4を比較してみてみると、若干室内高は高くなっているのですが、見た感じがスポーティーなデザインフォルムに変わっており、通気性が明らかに向上したように見えますよね。 

 

ただ、問題はマッドスカートが装備されていない!!

 

その為、使用するなら12~2月の厳寒期には通気性向上の為不向きという事で、厳寒期にはキャンプしない方なら問題はなさそうです。

 

しかし、Proモデルの割に春・夏・秋の3シーズン対応で、以前まで標準装備だったマッドスカートを無くしたのは、いかがなもんだと思いますけどね…

 

また、今回のモデルチェンジで間違えたらいけない事は、Proモデルのランドブリーズは1、3、4の型番がありますが、従来のスタンダードモデルのランドブリーズは2、4、6になっていますが、Proモデル4はスタンダートモデル6と同サイズですよ。

 

【仕様】

 

◆サイズ:300×310×165(h)cm

◆重量:11.9kg

◆収納サイズ:75×24×28(h)cm

◆対応人数:4-6名

◆室内高:165cm

◆フライ耐水圧:ミニマム値3,000mm

◆ボトム耐水圧:ミニマム値10,000mm

◆UVカット加工:〇

◆セット内容:テント本体、クロスフレーム(×2)、ダブルクロスフレーム(×2)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×22)、自在付ロープ(二又用5m×2、3m×4、2m×2)、シームグリップ剤、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
● 材質:フライシート/ 75Dポリエステルリップストップ・PUコーティング耐水圧3,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/ 68Dポリエステルタフタ、ボトム/ 300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧10,000mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001(Φ9.5mm、Φ11mm、Φ12mm)

 

Proモデルのランドブリーズ4なら価格は税抜き98,000円

 

エエッ!!?

 

Σ(゚Д゚)!!

 

そうなんです!!

Proモデルのランドブリーズはお得 

性能がスタンダートモデル⇒Proモデルと著しく向上したにも関わらず価格が5,200円しかUPしていないのであれば、超が付くほどお得に感じますし、スノーピークのProモデルに憧れを抱いているキャンパーには超オススメです!

 

※冬キャンプには行かない人向けですけどね…w

 

ただ、そこまでの性能が要らず冬キャンプも楽しみたいというのであれば、スタンダートモデルでも十分すぎる性能ですから、ここは各自の価値観でしょうね。

スノーピークの良さ 

また、スノーピークの製品は基本的に高いかもしれませんが、神対応で名高い永久保証を考えれば他のアウトドアメーカーとは大きく違い、修理しながら使える事を考えると長い目でみるとコストパフォーマンスは良いのかもしれないですね。

 

⇩関連記事です⇩

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com 

まとめ

最後にテントの購入に関しては、他のキャンプ用品とは違って金額も大きいですし、キャンプスタイルが変わりますので、より慎重に選ばれることをおススメ致します。

 

 

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓