格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国の無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

寒い時期に焚火を楽しみたいけど・・キャンプスタイル変更は必要ですか?

もうすぐ10月・・・

 

今年も残すところあと3ヵ月ですね。

 

9月の中旬から、キャンプ地での冷え込みもキツくなってきましたが、皆さんキャンプを楽しんでいますか?

 

エエッw!?

 

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

キャンプって夏がメインでしょ!

 

という感じで、自分もキャンプ初心者の頃はそうでしたね・・・w

 

ただ、よくよく考えてみると夏場にキャンプって非常に多くの対策をしないといけないので大変なんですよ。

 

例えば・・

 

 

①夏休み期間で人が多い

 

②避暑キャンプになるためキャンプ地が限定される!

 

③食材の保冷が重要になる!

 

④気温が高いと虫が多いので、害虫対策が必須!

 

⑤夕立(ゲリラ豪雨)などの天候の急変!

 

他にも色々あると思いますが、ざっと考えるだけでこれだけのデメリットがあるんです。

 

 

そう考えると、夏以外の季節が実はベストシーズンになっちゃう訳です。

 

ただ、問題は冒頭で説明した通り寒さなので、自分もキャンプを始めて6~7年間は夏キャンプだけでした。

 

しかし・・

 

出会ってしまったのです・・

 

焚き火に🔥・・w

 

f:id:A---chan:20190928093147j:plain


焚き火🔥の良さはやったことがある人間にしか分からないかと思いますが・・・

 

めっちゃ!楽しい~♬

Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

焚き火のメリットとしては・・・

 

①寒い時期には暖かい!

 

②焚き火の炎を見ていると落ち着く!

 

③焚き火で調理も可能!

 

④楽しい!

 

⑤楽しい!

 

・・・楽しい・・・w

 

 最後の方は楽しいばっかりやん・・w!

Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

という事で、良いことづくめの焚き火について今日はお話します。

 

焚き火大好きでテンション上がり序盤長すぎですいません・・・w

 

そして、焚き火をするときに気をつけたいのが、実はキャンプスタイルなんですよね。

 

何故か・・・

 

焚火台の高さって案外低いからです。

 

例えば、我が家で使っている焚火台は、ファミリーキャンパーの所持率が一番高いんじゃないかと思うほどのユニフレーム製ファイアグリルです。

 

材質がステンレスの為、耐久性が高くBBQも出来るし、鉄板使用も可能なので一家に一台所有してても良いくらいの逸品ですが、高さが330mmで低めですね。

 

by カエレバ

 

そして、もうひとつの有名焚き火台としては、スノーピーク製焚火台です。

 

こちらは、サイズがS・M・Lとあり、幅広いキャンパーから支持されている逸品ですが、価格が他の焚き火台に比べてお高いのがネックですね。

 

また、高さについては、焚き火台本体が248mm+焚火台ベースプレートが7mmなので、合計255mmてユニフレーム製のファイアグリルよりも75mmも低い!

 

by カエレバ

 

ちなみに、皆さんが自宅や学校や職場で普通に使っている机の高さって知っていますか?

 

一般的には700mm前後くらいで、その為に椅子の座面高さも400mm前後が普通なんですよ。

 

そう考えたら、察しの良い方ならお分かりかと思いますが、通常の椅子の高さで焚き火🔥を楽しもうとしたら、普通の椅子の座面高さでは焚き火台の高さって低すぎなんですよ!

 

腰が痛い・・・

( ノД`)シクシク…

 

ですから、焚き火🔥を本格的に楽しもうとしたら、通常高さ=ハイスタイルキャンプではなくて、焚き火高さ=ロースタイルキャンプがおススメなんです。

 

また、ロースタイルに変更する事で、キャンプギアも軽量&コンパクト化が可能なので、荷物が増える長期キャンプも可能になるのは嬉しいですね。

 

www.a-chancamp.com

 

では、上記で説明した焚火台以外はどうなのでしょうか?

 

まずは、格安キャンプギアのパイオニアの鹿番長ことキャプテンスタッグ製のヘキサステンレスグリルですが、こちらの高さも300mmと低い!

 

by カエレバ

 

また、魚などの串焼きが上手く焼ける、ロゴス製のピラミッド焚き火台については、高さが220mmでかなり低い!

by カエレバ

そして、アウトドアなら知名度抜群のコールマン製ステンレスファイヤープレイスⅢの高さは345mmあるので有名な焚火台では一番高さはありますね。

 

by カエレバ

 

ただ・・

 

一番高さがあるコールマン製でも、普通の椅子の座面より低くて腰をかがめる必要が出てくるなら、ロースタイルのローチェア一択ですね!

 

今までご説明した商品は、基本的にはファミリーキャンプ向けの焚き火台兼用のBBQグリルだったりしますので、焚き火だけが楽しめるといった焚火に特化した商品ではありません。

 

また、焚き火台については下部にブロックを利用するなので、かさ上げして焚火をする事も可能ではありますが、当然ながら火の高さが高くなると風で火の粉が飛んでテントやタープが燃えたり、穴が開いたりするリスクが増えるのでメーカー側も低めに設定しているのではないかと推測します。

 

ですから、これから焚き火台をと検討されるのなら、焚き火台の高さも念頭に入れてキャンプスタイルを考えてみても良いのではないでしょうか?

 

 

それでは、皆さんの

キャンプライフの参考に 

なれば幸いです~♬

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓