冬キャンプ前の下準備と初体験!割山森林公園天湖森キャンプ場(富山県)【前編】

f:id:A---chan:20201013230813j:plain

10月に入りそろそろ冬キャンプの準備を始めているキャンパーも多いのではないでしょうか?

 

もちろん、自分も今年の冬キャンプに向けて、早め早めに動いているつもりではあります。 

冬キャンプ前の下準備と初体験!

そして、冬キャンプでの今できる下準備といえば…

 

防寒対策なんですが…

 

今回のキャンプで初体験をしたいと思っているのは、電気毛布と薪ストーブなんですよね!

 

⇩冬キャンプ用の電気毛布の記事です⇩

www.a-chancamp.com

⇩薪ストーブの記事です⇩

www.a-chancamp.com

そして、本格的に寒くなってからでは遅いので、すでにこの2点を用意し、今回のキャンプでは冬本番前に実際に使えるかどうかを試していこうと思っています。

割山森林公園天湖森キャンプ場

そんな中、今回キャンプ場に選んだのは昨年予約せずに、当日キャンプ出来ると安易に考え断られた割山森林公園天湖森キャンプ場です。

 

富山市内にある割山森林公園天湖森キャンプ場は、古いキャンプ場ではありますが設備も整っており、何より市内からもほど近く、富山県内では少ない高規格キャンプ場になっています。

また、子連れでの楽しめるように遊具もあり、土田池では魚釣りも楽しめますので、今回は嫁さんと年長の三男と車二台で向かい、自分だけがソロキャンプをするパターンです。

 

※連休は自分だけだったので…

 

 ⇩割山森林公園天湖森キャンプ場の基本情報です⇩

www.a-chancamp.com

割山森林公園天湖森キャンプ場到着

今回は自宅を出たのが10時前で、途中で買い出しをしてからキャンプ場に向かうユッタリスタイルでしたが、キャンプ場に到着したのは11時頃です。

f:id:A---chan:20201013230358j:plain

設営するフリーサイトは芝刈りの真っ最中で荷物だけ先に運んで車を駐車場へ移動させます。
 

もちろん、チェックイン時間は13時と事前予約の際に聞いていましたが、キャンプ場内の遊具で遊びながら、設営前に東屋で昼食を取ります。

f:id:A---chan:20201013230517j:plain

ちなみ、向かう途中に開店したばかりのスーパーだと、昨日残り物が結構格安で購入出来たものですから…

 

少々買い過ぎてしまいましたね…

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

ちょっと、多いかも…w

f:id:A---chan:20201013230554j:plain

しかも、三男は栗拾いに夢中で全然食べない為、結局は自分が一番食べる事になり、デブ街道まっしぐらかもしれませんw

バンドック ソロベースの設営

f:id:A---chan:20201013230644j:plain

そして、今回もう一つやってみたかったのは、いつもソロキャンプで使用している格安バンドック製のソロテントであるソロベースの設営動画を撮る事です。

 

実は、ブログなどで色々キャンプギアレビューなどの記事を上げているのですが…

youtubeデビュー? 

どうしても静止画だと、キャンプ慣れしていない方々にはイメージが湧きにくいと以前から思っており、今回は超恥ずかしながら初顔出しでソロテントの設営youtube動画を撮影しましたよ。

 

⇩youtube動画です⇩

www.youtube.com

しかも、何も考えず適当に喋っているので、聞くに堪えない薄い内容になってしましたがご愛敬ですね~w

ローベンス コバクテントストーブの初火入れ

f:id:A---chan:20201013230813j:plain

そして、設営後にはローベンスの薪ストーブであるコバクテントストーブの初火入れを体験します。

 

こういった組み立て方法、煙の量、使い方の確認などは冬が来る前にしっかり出来るようになっておかないと、いざ本番に何も出来ないなんていう事も有り得ますので…

 

そして、実際に薪ストーブで薪を燃やしてみるのですが、火力調整などがやっぱり不慣れですぐに消えてしまったので、次回も再度挑戦した方が良さそうです。

 

ちなみに普通の焚火と勝手が違いますし、上昇気流や煙突効果も考えないといけないので案外難しいです…

 

( ノД`)シクシク…

 

見た目的には簡単だと思っていたのですが…w

天湖森キャンプ場内散策

薪ストーブを燃やしている途中で、キャンプ場内を散策します。

f:id:A---chan:20201015161119j:plain

キャンプ場内にキチンとした遊具があるキャンプ場自体が富山県には少ないので、子連れキャンプにはもってこいです。

f:id:A---chan:20201015161134j:plain

また、園内は釣りなども楽しめるようになっており、竿を持ち込みしてもレンタルもどちらもOKなんですよ。

f:id:A---chan:20201015161843j:plain

ただ、そんな事より三男は虫取りに夢中で、バッタがカマキリに捕食されています…

 

Σ(;゚Д゚)!?

 

キチンと分けて入れないと…

そして、時間は15時をまわり、 そろそろ嫁さんと三男は帰る準備をし始めます。

 

また、自分はオープンカーのMR-Sでソロキャンプ用の荷物を持ってきているので、薪ストーブなどを持って帰ってもらいます。

 

更に、この後は天気も崩れで雨が降りそうなどで、焚火もしない事を決めて炭や薪も持って帰ってもらいました。

楽今日館

f:id:A---chan:20201015162545j:plain
f:id:A---chan:20201015162556j:plain

嫁さんと三男が帰った後は、17時頃から雨が降り出しそうだったので、近くにある温泉の楽今日館に向かいます。

f:id:A---chan:20201015162440j:plain

ここの泉質は強アルカリ泉で、肌がスベスベになるので女性にはおススメで、訪れた時間帯も早いので、のんびり温泉でリラックスできました~♬

まとめ

ここで一旦終了しますが、今回は冬キャンプの下準備として、薪ストーブや電気毛布を用意して使ってみる事を念頭においたキャンプです。

 

その為、天気が崩れる事も分かっていますが…

 

個人的には、雨のキャンプも好きなんです。

 

中には雨が降りそうだから、キャンプをキャンセルする人もいますが、台風や豪雨でなければ雨の日キャンプも体験してみる事をおススメします。

 

雨の日のキャンプを体感する事で、より防災対策なども頭に入りますよ。

 

そして、自分はキャンプをする理由の一つに非日常を感じる事なので、雨が降っても基本的に非日常は感じれますので、雨が降りそうだからキャンプに行かないという選択肢はないんですよ。

 

本当にキャンプ馬鹿な自分ですが、【後編】もお楽しみに~♬ 

 

キャンプは天候関係ない贅沢な遊びです!

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓