冬キャンプにスカートは不要!?結露が出ないテント4選とその対策!

冬キャンプにおいて、暖かさが大事なのは当たり前のことですよね?

 

そもそも、冬キャンプどころか通常生活する自宅でも、寒くて暖房器具などで皆さん暖を取るのが普通だと思います。 

ですが・・

皆さんの自宅の窓などは結露していませんか?

f:id:A---chan:20191215114631j:plain

熱伝導率が高い窓のガラスやアルミサッシ部分では、この時期に外気温でサッシが冷やされ室内にある水蒸気が窓付近で急激に冷やされて出来のが結露です!

 

一般住宅の場合は、その結露を放っておくとカビが発生し、その影響で窓廻りが腐ってくなどの症状が出てくると思いますが、この結露は冬にするキャンプでのテント内でも発生するため厄介なんです!

 

ちなみに結露がテント内内側に発生すると、その結露を拭き取ってテントを乾燥させないと収納出来ないので、片付けに際して時間が掛かる訳なんですよ。

 

かなり面倒臭い・・・w

 

( ノД`)シクシク…

 

そして、今まで伝えてはおりませんでしたが、自分は一応住宅関係の仕事の為、こういった事に関しては仕事柄こういった相談がありますので、今回は真面目に冬キャンプのテント内結露について、結露対策をどうすれば良いかを述べていきますよ。

 

まず、最初に

タイトルにもあるスカートが必要かどうかですね。

 

ちなみにスカートって・・?

 

f:id:A---chan:20191215114654j:plain

いや~ん・・w!

 

( *´艸`)
 

いやいや、早速、不真面目だというお約束は置いておいて・・・w

 

スノーピークのランドブリーズ6で説明すると、青丸を付けてあるテント下部に付いているヒラヒラの布の事ですよ。

f:id:A---chan:20191215115137j:plain
本来、テント下には地面があって、このヒラヒラの布のスカートで外からの空気の侵入を防ぐ訳なんです。

 

⇩関連記事です⇩

www.a-chancamp.com

 

じゃあ、寒い冬場にする冬キャンプの際には空気の侵入を防ぐスカートは絶対必要!と思いますよね。

 

ただ・・・

実は、このスカートのせいでテント内が結露しちゃうんですよ!

 

エエッ!!?

 

Σ(゚Д゚) 

 

どういう事かといえば、結露が発生する条件を考えてみましょう!

 

結露発生の条件!

①湿度が高い事(湿度50%以上だと結露が発生しやすい)

空気中の水蒸気量(湿気)が結露の原因の為、湿度が低いと結露がそもそも起きにくい。

 

②内外の温度差(温度差が10℃以上あると発生する)

結露の原因が室内の水蒸気が急激に冷やされて発生するため、内外の温度差が低いと急激に水蒸気が冷やされない為結露が発生しにくい。

 

③内外の境界素材(熱伝導率が低い素材だと結露しにくい)

内外の温度差があったとしても、その境界線にある素材の熱伝導率が低いと、素材自体の温度変化が低く急激に冷やされる事に繋がらず結露が発生しにくい。

 

④室内側が高気密(気密性能が高いほど結露が発生する)

気密性が高く、吸排気を綿密にしないと水蒸気が外部の放出されず、中にとどまり結露の原因に繋がる。

 

ざっと、自分が思いつくだけでも①~④の結露の発生条件があるわけなんですが、①の湿度に関してだけはキャンプでは対処不可能です!

f:id:A---chan:20191215175706j:plain

何故か・・

冬場は乾燥するイメージがありますが、それはエアコン暖房をストーブを付けている屋内だけの事です。

 

また屋外では冬場は空気が乾燥しており、また気温が低いため地面からの水分が蒸発しにくいのと、相対湿度の関係から乾燥しているように感じますが、テントを張ってテント内の温度が上がれば必然的に地面からの水分は蒸発しテント内の湿度が上がります!

 

そして、寒いと思って灯油ストーブを使用すると、灯油を燃焼させた容量分だけ水蒸気を発生させますので、2003年以降の高気密住宅の場合は、結露やカビ、換気の事も考えて建物内での使用不可になっています!

 

実はこの事を知らない人多いのですが、最近は水蒸気を出さない、エアコンやFF灯油ストーブ、セラミックヒーター、オイルヒーター、床暖房がメイン暖房になっているのはそういう理由です。

 

それらを考えれば、①湿度対策に関してはキャンプの際はどうにもならない訳なんですよね。

 

それでは

結露対策できないの?

 

(。´・ω・)?

 

いや・・!

 

完全には出来ないだけで、その他の②~④の3つの対策をシッカリすれば、結露を軽減する事は十分に可能です!

 

内外の温度差の解決方法!

基本的にこの問題は比較的簡単で、ようはテント内を暖房で暖めずテント内外の温度差を作らなければ良いんですが、それだと冬場は寒いですよね。

 

ちなみに外気が冷え込む時間帯が深夜から明け方なので、一番温度差が出来るこの時間に温度差を作らないように寝る前には暖房を切り、テント内の換気をしてテント内温度を下げる事と、テント内の水蒸気を放出する事により結露が発生しにくい環境を作るのが大事です。

 

素材を考え結露をブロック!

まずは一般的なテント生地は薄すぎて内外の温度差を生じさせやすい為、結露対策にはなりませんが、コットンやポリコットン素材のテントの方が結露が少ないです。

 

理由はポリエステル系は水を通さないといった利点がありますが、冬場はその透湿性がアダとなり水蒸気を逃がす事が出来ませんが、コットン系だと生地自体に水分を留める事も透湿する事もポリエステル系より有利です。

 

※その分、キチンと乾燥させないとカビの心配はありますが・・・

 

換気性能を上げて湿気を逃がす!

これは住宅でも言える事ですが、気密性能が高いとその分計画的に湿気を24時間換気システムで外部に放出する必要があります。

 

例えば、比較的新しい高気密高断熱住宅で結露する最大の原因はコレで、冬場は寒いから換気システムをOFFにしていたり、お風呂の換気扇を回す時間が少ない家は断熱性能が高くても要注意です。

 

最新の住宅でさえ、住まい方を間違えると結露するのですから、テントなどはどうにもならないと思うかもしれません。

 

しかし、要は考え方次第なのですが、換気をして水蒸気を逃がせば良いのであれば、テントに付いているスカートが無い方が、通気が出来て結露を軽減させる事ができます。

 

なので、タイトルの『冬キャンプにスカートは必要?』と入れた結論とすれば、結露対策を本気で考えるとスカートが不要という事になります!

 

そして

今説明した3つの結露対策が可能なテントであれば、結露を抑える事ができ、冬キャンプの午前中の撤収が楽になる事は間違いないと思います!

 

ちなみに

分かりやすくまとめると・・・

 

1)テントはコットン系生地で、通気性が良くてスカートが付いていない事

2)寝る前に暖房を切り、換気をして室内温度を外気に近づける事

3)寝る際にはマスクをして、就寝時に口から出る水蒸気を出さないようにする事

4)通風をしやすい状況で寝る為、厳寒期でも使用できる寝袋を使用する事

 

以上になります!

 

では、それに見合ったテントはあるのでしょうか?

 

安心して下さい!キチンとありますよ!

 

(#^.^#)

 

まず、ソロキャンプ用のテントならテンマクデザインのPANDA TCがおススメです。

 

人気のPANDAシリーズのTC(ポリコットン素材)バージョンで、ツーリングやソロオートキャンプに相性抜群のモデルのうえ、火の粉を気にせずに焚火を楽しめるモデルで、スカートも付いていないので結露対策にはうってつけです。

by カエレバ

また、ソロキャンプのパップテントなら同じくテンマクデザインの炎幕がおススメです。


使い込むほどに味が出るコットン100%で、肌触りが良く炎に強く、スカートがないので結露対策にも最適ですよ。

 

また、炎の魅力、男の憧れ、童心、ワイルドさ、素材のテイスト、そんなさまざまな要素を詰め込んで企画されているのは嬉しいですね。

by カエレバ

そして、ファミリーキャンプ向けのポリコットン生地のテントならノルディスクのアスガルド12.6も最適で、日中はテント内で暖房をかけて快適に生活できます。

 

また、夏でも快適に過ごせるように通気口も多く、テントとフロアをジッパーで分ける事が可能なので換気がしやすくなっていますので、就寝時の換気がしやすく結露対策をバッチリとる事が可能です。

 

by カエレバ

そして、上記のアスガルドと同じ理由でおススメなのがデンマークのテントブランドのローベンスのクロンダイクです。

 

天幕には、耐久性と通気性に優れた独自開発のポリコットンを採用し、設営が簡単な上、出入りがしやすいAフレーム構造の大型ドアが特徴でフルメッシュにもなるため、夏場も快適に過ごせます。


最大130kmの風速にも耐えられる強靭な構造も魅力で、天井部には煙突を通すポートを備えており、冬場は薪ストーブを使用できます。夏は涼しく冬は暖かに過ごせるおすすめのコットンテントです。

by カエレバ

 

今までご紹介したコットン系生地で通気性が確保しやすいテントは、結露対策にプラスに働きますが、その分就寝時には通常よりも寒くなりますので、寝袋に関してはより耐寒性が高い物を利用する事が必要になりますよ。

 

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

 

最後に、今回は結露対策に関して珍しく真面目に考えて見た訳なんですが、今までは冬キャンプ=スカート付きテントという固定概念が自分にはありました。

 

しかし、スカートがあると撤収時にどうしても乾きが悪かったり、結露の問題がついてまわります。

 

また、室内暖房は一酸化炭素中毒の危険性もありますから、寒いけど通気性を良くして暖かい寝具で快適に就寝するのも案外良いような気がしますので、良ければ皆さんも試してみて下さいね~♬

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓