格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国で格安キャンプなどの低コストアウトドアを面白可笑しく展開してます!

知らなきゃ損!梅雨でもキャンプを楽しむ5つの対策!

※本ページにはプロモーションが含まれています。

天気予報が雨だからキャンプはキャンセル!という方も多いとは思いますが、いくつかの条件をクリアできれば雨でも快適にキャンプを楽しむ事ができるんですよ。

また、筆者の地元は北陸で一年を通して雨の日が多く、常日頃から雨対策をシッカリしているので、今回は雨でもキャンプを楽しむ5つの条件をご紹介します。

雨キャンプなら5つの対策をしよう!

雨のキャンプで一番皆さんが気になるのは、大事なキャンプギアが濡れてしまったりする事ではないでしょうか?

また、雨が降ると設営&撤収も大変で濡れたテントを乾かす必要が出てきますが、今回はそんな場合でも楽に雨キャンプを楽しめる方法をお伝えします。

【対策1】ポリエステルやナイロン素材のテントを使おう!

雨キャンプで一番手間がかかるのは濡れたテントを乾かす事です。

 

テントの素材はポリエステル、ナイロン、TC(ポリコットン)、コットンなどの種類がありますが、乾きやすいのはポリエステルやナイロンといった樹脂系素材です。

 

樹脂系素材は適切に使えば生地自体に染み込まず、少しの時間干すだけで乾くのでキャンプ後の手間がかからず、自宅でテントを干す時間が短縮されます。

逆にTC素材やコットン(木綿)素材だと、テント生地に雨が染み込みやすく乾かす時間もかかり、耐水圧も低めなので雨でテント内に雨が染み込んでくる危険性も高くなるので使用するには注意が必要です。

 

また、濡れたテントを適切に干さないとカビが生える恐れもあるので、シッカリ乾かすように心掛けましょう。

【対策2】タープやシェルターを活用しよう!

雨キャンプで困るのは、屋外に大切なギアなどを置けない事です。

 

その際にあると助かるのが雨からギアを守るタープやシェルターで、またキャンパーも雨から守ってくれるうえに、サイトで濡れずに活動できます。

特にシェルターとしても活用できるテントは、タープと違い風があっても雨の吹き込みを軽減できるので濡れずに活動できて、寝るときにギアをある程度片付けてインナーテントを吊り下げて眠る事もできます。

 

筆者のように家族と旅行を楽しみながら全国を回っていると、必ず数日は雨が降るのでそういう時に利用するのがシェルタータイプのテントです。

【対策3】車中泊対策もしておこう!

いくら雨対策をしても、完全とはいかず想像以上の大雨に見舞われることもあります。

 

例えば雨量が多すぎてテントサイトが水浸しになってしまう事もあり、そういう場合はテント内への浸水もあって就寝できない恐れもあります。

そういう時に避難場所になるのが車で、車内であれば豪雨や強風でも安心して眠る事ができます。

そのため、雨予報のキャンプの場合はなるべく大きい車を利用するのがベストで、テントはそのままで車中泊できる装備を用意しておくのがおススメです。

【対策4】東屋近くで設営しよう!

雨キャンプでの一番大変な事は濡れたテントを乾かす事で、そんなときにありがたい存在なるのがキャンプ場にある東屋です。

 

東屋は屋根がシッカリとありベンチも設置も設置されているので、濡れたテント類を乾かす事もできます。

特に雨キャンプの場合は利用者も少なく、設営場所も自由に選べ撤収の事を考えて東屋の近くに設営するのがおススメです。

 

ただ、キャンプ場によっては東屋がないところもあるので、そういう場合は屋根のある炊事棟付近でも雨よけとして荷物を置いたりもできるので撤収がしやすくなりますよ。

【対策5】雨の降らない地域でキャンプをしよう!

雨キャンプでの対策方法をお伝えしてきましたが、雨キャンプ対策で一番効果的なのが雨の降らないエリアでキャンプをする事です。

 

筆者の地元は梅雨時期や冬場は天気が悪く雨や雪が多いので、あえて雨の降らない地域までキャンプに行く事が多めです。

それでも雨が降る事はありますが、雨の強さは前日には予報である程度知る事ができるので、少しでも雨の影響が少ないエリアにいくのがおススメです。

 

もちろん、場所によっては移動時間はかかりますが、雨の中での設営や撤収に比べると晴れている方が時間短縮にもなり、テントを干す時間も不要になりますしキャンプでの満足度も高くなりますよ。

雨に適したソロ&ファミリー用テントとは!

キャンプでのキャンセル理由が一番多い雨ですが、シッカリとした対策と準備をしておけば快適にアウトドアライフ過ごせます。

そのため、筆者が雨の日に利用しているテントをご紹介します。

スノーピーク ヘキサイーズ1

筆者がソロやデュオキャンプで利用しているのが、タープにインナーを吊るすタイプのスノーピーク ヘキサイーズ1です。

 

基本ソロ用テントではありますが、大人二人が寝れるだけのインナーサイズになっており、低めのタープ形状なので雨でも快適にアウトドアライフを過ごせます。

また、前方のポールが高くギア類を奥に下げれば、雨の日でも問題なく焚き火を楽しむ事もできますし、ポリエステル素材なので雨で濡れても乾かす時間が短いのが利点です。

www.a-chancamp.com

スノーピーク エントリーパックTT

筆者がファミリーキャンプ向けに愛用しているのが、スノーピーク エントリーパックTTです。

 

また、エントリーモデルなので価格もリーズナブルで、アメニティタープとシェルターとして活用できるテントのヴォールトとのセット製品になっています。

家族6人と荷物が増える遠方でのキャンプ旅は、あえてタープは持っていかずテントであるヴォールトをシェルターとして使っています。

 

そして、就寝時にインナーを吊るして利用しており、ポリエステル素材なので雨で濡れても乾きやすいので重宝していますよ。

www.a-chancamp.com

雨キャンプを楽しもう!

雨キャンプで気になる事は色々あるとは思いますが、濡れずに活動できるか不安に思われる方が多いのではないでしょうか。

 

ただ、今回ご紹介した対策をすれば、雨でも快適にアウトドアライフを楽しめますし、雨だからこそ利用者も少なくストレスのないキャンプを楽しめます。

 

また、雨予報でも一日中雨が降っている訳ではないので、プラス思考で雨キャンプに出かけてみてはいかがでしょうか。