ワークマンから完全防水デニム発売!4D防水STRETCHデニムパンツ!

f:id:A---chan:20200217191825j:plain

年明けにワークマンの完全防水デニムについては、テレビでは2月に発売されると紹介されていましたが、本日ワークマンに行くと見慣れない商品がありました。

 

店員さんに聞くと本日店に出したとの事でしたし、商品名が4D防水STRETCHデニムパンツという事で…

 

コレはもしかしたら例の…?

 

超撥水を超える完全防水デニムでは?と思い、販売促進のポップも何も無かったですが買っちゃいました。

 

⇩完全防水デニムの記事です⇩

www.a-chancamp.com

4D防水STRETCHデニムパンツ

f:id:A---chan:20200217173242j:plain

自分が買ったのはLサイズですが、一応ワークマンの店舗では試着してみましたが、ちょうど過ぎて伸縮性もありますが、これ以上太るとダイエットしないといけないかもしれませんね~ww

f:id:A---chan:20200217173502j:plain

金額は、税込み3,900円でカラーはインディゴネイビーとインディゴブルーの2色で、デニムらしい色合いです。

 

素材

また、生地の表面は…

◇綿・・・・・・・・56%

◇ポリエステル・・・23%

◇レーヨン・・・・・20%

◇ポリウレタン・・・1%

になっており。

 

裏面はポリウレタンラミネートがされており…

◇ナイロン・・・・・100%

になっており。ウエストゴム部分には…

◇ポリエステル・・・88%

◇ポリウレタン・・・12%

の配合になっております。 

f:id:A---chan:20200217175713j:plain

また、FieldCore【フィールドコア】らしい、防水×伸縮×4D(立体構造)になっており、履き心地も非常に良いですが、裏側がポリウレタンラミネートは多少違和感を感じます。

 

特に、汗のかく夏場がどうかは気になります。

f:id:A---chan:20200217175817j:plain
防水性

防水性については、従来の超撥水加工ではなく、完全に水を通さないストレッチデニムパンツなっています。

 

また、水を通さないから雨の日も晴れの日も全天候に対応しており、ワーク、タウン、バイク、フィッシング、アウトドアなどのあらゆるシーンを選ばずに着用可能なのが嬉しいです。
 

ある意味、『ALL WEATHER パンツ』という新しいコンセプトで創り出された4D防水ストレッチパンツといっても過言ではありません。

f:id:A---chan:20200217175943j:plain

そして、防水性能に関しては、耐水圧10,000㎜で、透湿性5,000g/㎡になっております。

f:id:A---chan:20200217180821j:plain

一応、参考程度に耐水圧のレベル説明すると…

◆300mm・・・小雨に耐えられる

◆2,000mm・・・中雨に耐えられる

◆10,000mm・・・大雨に耐えられる

◆20,000mm・・・嵐に耐えられる 

 

大雨にも十分耐えれるレベルであることが分かりますね。

透湿性

透湿性とは、衣服内の水滴にならない蒸気状態の汗を生地が外に出す度合いのことで、
具体的には、24時間に何グラムの水分を外に出すのか、ということを数値で表しています。 

f:id:A---chan:20200217181630j:plain

そして、何故この透湿性が重要かというと、雨・風などの外気はきちんとシャットアウトしつつ、内側の水蒸気は外に出すことで衣類内部が蒸れないことになります。

 

また、4D防水STRETCHデニムパンツの透湿性は5,000ℊ/㎡になっているので…

 

◆大人の安静時で1時間あたり:約50g(24時間で約1,200g)

◆軽い運動で1時間あたり:約500g(24時間で約12,000g)

◆ランニングなどの激しい運動で1時間あたり:約1,000g(24時間で約24,000g)

 

運動などをせずに、普通に生活する分には特に蒸れたりしない事が分かりますね。 

 

特徴

f:id:A---chan:20200217182450j:plain

※裏生地の画像ですが、生地の継ぎ目に防水テープが施されています。

特徴に関しては、7点あり…

 

①防水3層構造

肌に触れる裏生地は、肌触りの良いトリコット生地を採用し、縫製部分の裏側に水の侵入を防ぐ防水テープを貼っています。 

 

②シークレットポケット

右もも部のシークレットポケットは雨の日も安心の防水テープが付いています。

 

③4Dカット

立体裁断により少し丸みを帯びたデザインになっており、日本人に多いO脚の人でも体にピッタリフィットします。

 

④ウエストゴム

腰部ウエストゴムでベルトを使用せずとも心地よいフィット感を得られます。

 

⑤防水ブラケット

前立て左右で繋がっている水が入りにくい防水ブラケットを採用しています。

 

⑥リベット・タックボタン

ゴムコーティングで傷つけにくい素材を使用しています。(インディゴネイビーのみ)

 

⑦Dカン

右サイドにはあると便利なDカンを標準採用 

 

実際の使用感

実際、4D防水STRETCHデニムパンツを履いて、お風呂場へ…w

f:id:A---chan:20200217183404j:plain

そして、今回は実際シャワーをかけてみたTwitter動画をご覧ください。 

 

実際、シャワーをかけてみた感想は、超撥水生地と違いデニム生地表面は、色が変わったいるように普通に濡れます!!

 

エエッ!!?

 

濡れるの…?

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

と、ある程度の撥水性があるのかと思っていましたが、表面は濡れますが、中にというか裏側に浸透してこない3重構造になっています。

 

ようは…

f:id:A---chan:20200217183935j:plain

(表面)デニム生地 + (中生地)PUラミネート + (裏生地)トリコット生地

 

になっているので、表面のデニム生地は濡れるけど、裏側は全然濡れないといった不思議な感覚です。

 

わかりやすくいえば、雨合羽の上にデニムをきている感じですかね。

 

そして、耐水圧に関してはコチラのTwitter動画をご覧ください。 

実際、深さ約15cmほどのグラスに水を入れて、太モモ部を上から抑え込んでみましたが、全く浸透する事が無かったので、流石に耐水圧性能は凄いと言わざる得ないですね。

 

注意事項

◆着用時、摩擦などにより他の衣類や、バック、ベルト、靴、ソファーなどに色移りする場合があります。

 

◆汗や雨で濡れた状態での着用時は、更に色落ちしやすくなりますので、他の物との接触には注意が必要です。

 

◆浸け置き洗い、乾燥機の使用はNG

 

◆綿素材をしようしており、洗濯後に縮む場合がありますので陰干し推奨です。

 

◆洗濯の繰り返しにより、防水テープが劣化し防水機能が損なわれる場合があります。 

 

まとめ 

以上の事から、キャッチコピーの『驚くほど水を防ぐ、防水デニムパンツ』というように、非常に優れた防水性能があるデニムパンツだと思います。

 

しかし、デニム生地の表面上が濡れて滴る事などから、実生活においては微妙に思いますが、屋外での急な雨の際にも濡れずに済むという事は画期的な商品だと思います。

 

また、個人的には瞬間的に雨を防ぐ超撥水デニムはアウトドアやキャンプにオススメで、今回の防水デニムに関してはバイクや屋外作業などの、常時雨に当たる使い方が高性能の耐水圧が重要になるはずです。

 

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になれば幸いです~♬

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓