ユニフレーム 焚き火テーブル 【徹底レビュー】

昨今のキャンプブームにより、各社から心躍るような素敵なキャンプギアがたくさん発売されているんです。

 

自分がキャンプを始めた10年程前から見れば、多種多様で各特徴を持ったキャンプギアギアが増えて個人的には嬉しい限りです。

 

ただ、多種多様のキャンプギアが出て来ると実際どうなの?と思われる事も多いと思いますので、コチラのコーナーでは我が家で使用しているキャンプギアのレビューをまとめていきます!

f:id:A---chan:20200629101755j:plain

そんな中、今回紹介するのは…

ユニフレーム 焚き火テーブル

f:id:A---chan:20200629101857j:plain

f:id:A---chan:20200629101910j:plain

ユニフレームの焚火テーブルと言えば不朽の名作で、キャンパーに非常に多くのユーザーがいますし、取っ手のバーを付けたりとカスタマイズをしている方も多いですよね。

 

また、同じくユニフレームの焚火台ファイアグリルとセットで使用すると、絶妙なサイズ感や使い勝手から手放せなくなる一品ですよ。

 

⇩ユニフレームファイアグリルの記事です⇩

www.a-chancamp.com

以前は、天板がステンレスのエンボス加工で見た目が地味に思っていたのですが…

 

実際に使うと熱い鍋物やスキレットも置けるので非常に便利ですし、ランチョンマットを敷く事で雰囲気を変える事も十分可能です。

Ⅰ.基本仕様

f:id:A---chan:20200629102105j:plain

サイズ

使用時:約55×35×(高さ)37cm

収納時:約55×35×(厚さ)2.5cm

材質

天板:ステンレス鋼(特殊エンボス加工)

サイド:天然木

スタンド:ステンレスパイプφ19mm

重量

約2.3kg

分散耐荷重

約50kg


熱・キズ・汚れに強く、アウトドアで気になりがちなハードな使い方にも耐え、ガンガン使える頼もしいサイドテーブルです。

f:id:A---chan:20200629102117j:plain
f:id:A---chan:20200629102137j:plain

ステンレス製の天板なので熱に強く、安心して熱した鍋などを直接置けますし、天板のステンレスはエンボス加工を施しているのでキズ・汚れに強い仕様です。


※ステンレスエンボス加工の天板は、生産ロットにより質感が異なります。

f:id:A---chan:20200629102200j:plain
f:id:A---chan:20200629102208j:plain

スタンドは天板にピッタリ収まりコンパクトな収納サイズで超薄2.5cm厚ですから持ち運びが便利です。


サイドテーブルとして焚き火を囲んでの語らい時や、リラックスコット、ウッドデッキチェアなどを使用しているときのサイドテーブルとして重宝します。

Ⅱ.価格

メーカー希望小売価格:7,900円

by カエレバ

定価に7,900円ですが、ユニフレーム製品は値崩れしない為、定価販売がメインになっているので実店舗でもネットのどちらで購入しても大した差はないですから、ポイント還元などを考えて購入されるのが良いですよ。

f:id:A---chan:20200629111716j:plain

テーブル自体はそこまで大きくないですが、家族3人でピクニックやデイキャンプ程度で簡単な調理なら十分なサイズだと思います。

Ⅲ.オススメ関連商品

モノが焚き火テーブルなので特にオプションパーツもすくないですが、バックやサイズ違いの商品もユニフレームから販売されています。

ユニフレーム 焚き火テーブルトート(モスグリーン)

ユニフレームの焚き火テーブル(別売)が2枚すっぽり収納できるトートバックです。

by カエレバ

使い勝手の良い焚き火テーブルを複数使っている方には、オススメなトートバックですね。

ユニフレーム 焚き火テーブル ラージ 

通常の焚き火テーブルでは、少々小さいと思っている方にはラージサイズもありますよ。

by カエレバ

焚き火を囲んでの語らい時のサイドテーブル以外に、サイズが大きくなった分2人用のメインテーブルとしても使えますよ。

ユニフレーム 焚き火テーブルラージ トート モスグリーン 

 

by カエレバ

購入するのであれば、少しでもお得に購入できるのが良いと思いますよ。

Ⅳ.レビュー

f:id:A---chan:20200629114224j:plain

自分は、ファミリーキャンプ(3~6人)、デュオキャンプ、ソロキャンプのように、キャンプに行く人数の違いが多いですが、このユニフレーム 焚き火テーブルはどんなキャンプスタイルにもマッチして使いやすいです。

 

特に目を見張るのは、熱々のダッチオーブンは、ライスクッカーなどの飯盒が、そのまま置けるステンレス製というところではないでしょうか?

 

しかも、ステンレス天板の表面はエンボス加工されており、傷や汚れが付きにくく、濡れフキンや除菌シートで簡単に拭き取れるところが有難いですね。

 

そして、最近ではこのユニフレーム 焚き火テーブルの類似製品が販売されていますが、バリがあったり、建付けが悪かったりという口コミも見かけますが、そういう点では質実剛健なユニフレーム 焚き火テーブルはシッカリした造りになっていますよ!

メリット

・軽量

・コンパクト

・ステンレス製で丈夫

・子供でも組立簡単

・汚れが落としやすい

・熱い物がそのままおける

・ソロでもちょうど良いサイズ

・脚を外した状態のまま使用も可能

デメリット

・傾斜があると使いにくい

・脚が中心寄りのため端に重い物を置くと不安定

・折り畳みが出来ないので収納時にデカく感じる

・サイズ的に割高感がある

・ステンレス素材の為デザインが単調

総合評価

価格・・・・・★★★☆☆

耐久性・・・・★★★★★

デザイン・・・★★★☆☆

希少性・・・・★★☆☆☆

携帯性・・・・★★★★☆

使い易さ・・・★★★★★

 

このサイズのテーブルの割には比較的割高ですが、ほぼステンレス素材のため耐久性も高く、傷や汚れにも強いです。

 

ステンレスのメリットがある反面、デザイン的には単調過ぎて好き嫌いが分かれそうですが所持しているキャンパーは非常に多く、ショップなどでも比較的入手がしやすいですね。

 

また、携帯性については脚を中に仕舞う事が出来ますが、天板自体はそれなりのサイズ感があるため車でのキャンプをされる方しか使用が難しいですが、その分組み立てが簡単で、熱い調理器具をそのまま置けたり使い勝手的には非常に便利なテーブルですね。

 

以上でユニフレーム 焚き火テーブルの評価を終了しますが、あくまでも個人的な主観で評価しておりますので、記事の訂正などについてのご意見はご容赦いただけますようお願い申し上げます。

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓