格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国で格安キャンプなどの低コストアウトドアを面白可笑しく展開してます!

【レビュー】ユニフレーム フィールドラックを使ってみた!

※本ページにはプロモーションが含まれています。

キャンプで欠かせないテーブルですが種類や大きさも色々あり、何を購入すれば良いのか悩んでしまいますよね。

 

そんなときに、ユニフレーム フィールドラックなら、テーブル以外にもラックとしてもマルチに使えて便利ですよ。

ユニフレーム フィールドラック

ユニフレームとは?

ユニフレームはユニークな炎(フレーム)を創造するという理念のもと、1985年に生まれた日本のアウトドアメーカーで、日本の風土・文化を背景にしたアウトドアスタイルを作り続けています。

 

自然への畏敬を古くからの伝統しているこの国で、アウトドアの楽しさを引き出す炎を絶えず燃やし続け、長い間にわたって使っていただけるように設計・製造しているメーカーなので安心して利用できます。

 

以上の理由から筆者も、ユニフレーム製品は焚火台を始めいくつかのギアを愛用しています。

ユニフレーム フィールドラック【仕様】

  • サイズ:使用時:約60×35×23(高さ)cm
        収納時:約60×35×1(厚さ)cm
  • 材質:スチール・カチオンメッキ
  • 重量:約1.7kg
  • 分散耐荷重:約30kg

ユニフレーム フィールドラック【特徴】

ユニフレーム フィールドラックは、地面に直置きしたくないキャンプギアをのせるラックとして販売されています。

 

ただ、コンパクトに折りたため軽量でありながら、耐荷重30㎏もあるので大型のクーラーボックスなども置けて数段重ねて使用する事もできます。

 

また、テーブルかわりなどマルチに使えるので、他社からもカスタム商品も数多く販売されており、一枚だけではなく数枚使ってみてもよさそうです。

ユニフレーム フィールドラック【価格】

メーカー希望小売価格:¥4,510円

価格に関しては、ユニフレーム製は値崩れせず、どこで購入しても変わらないのでポイント還元などを考慮してうまく購入されるのが一番です。

 

また、構造が簡単なので模倣品も他社から沢山販売されているので、ブランドを考えず価格だけなら、そうした製品を購入してみるのもおススメです。

ユニフレーム フィールドラック【レビュー】

それでは、 ユニフレーム フィールドラックを使用してみて気付いた事をまとめていきます。

【ポイント1】載せるだけで二段ラックが完成!

ユニフレーム フィールドラックは、名前の通りアウトドアフィールドで簡単に利用できるラックで、数段重ねて簡単に利用する事もできますよ。

【ポイント2】水切り台としても使える!

ユニフレーム フィールドラックは、格子状の天板になっているので洗った食器類の水切り台としても使えます。

【ポイント3】耐荷重が30㎏!

ユニフレーム フィールドラックの耐荷重は30㎏もあるので、クーラーボックスやアルミコンテナなどの重量があるものラックとしても利用可能で、アルミコンテナをテーブルかわりにする場合にはちょうど良い高さとして利用できます。

【ポイント4】サイドテーブルかわりに使える!

約60×35×23(高さ)cmであるユニフレーム フィールドラックは、サイドテーブルかわりに丁度良いサイズなので便利に使えます。

【ポイント5】シェラカップをかける事ができる!

ユニフレーム フィールドラックは格子状になっているので、シェラカップなどを吊り下げておく事ができるので、小さなスペースも有効に利用できます。

【ポイント6】追加天板を使えばテーブルに早変わり!

ユニフレーム フィールドラックは、乗せるだけで利用できる天板も数多く販売されており利用すれば、ラックからテーブルに早変わりします。

ユニフレーム フィールドラック【オプション品】

ユニフレーム フィールドラックは汎用性が高く、オプション製品も多く用意されているのでご紹介します。

ユニフレーム フィールドラック WOOD天板

ユニフレーム フィールドラック WOOD天板は木製の合板を使用しており、ソリなども少なく表面はウレタン塗装もされているので、水にも強いのが特徴です。

ユニフレーム フィールドラック WOOD天板ハーフ

ユニフレーム フィールドラック WOOD天板ハーフは、名の通りWOOD天板の半分のサイズになっており、格子状の天板部分と同時に利用できます。

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板 ハーフ 

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板 ハーフをWOOD天板ハーフと同時に利用する事で、高温なスキレットなども置けますよ。

ユニフレーム フィールドラック メッシュBOX  

ユニフレーム フィールドラック メッシュBOXは、脚をスリーブに入れて上部をベルクロで固定するだけ使えるので、細かなキャンプ用品などを入れておくには重宝します。

ユニフレーム フィールドラックトート

ユニフレーム フィールドラックトートは、しっかり収まる専用ケース同時に4台収納も可能なうえ、引裂きにも強く丈夫ですよ。 

ユニフレーム フィールドラック【メリット&デメリット】

ユニフレーム フィールドラックを実際に使ってみてメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット
  • スチール製で耐久性が高い!
  • 耐荷重が30㎏!
  • ラックとして数段重ねれる!
  • 熱いスキレットなどもそのままおける!
  • 水切り台として利用可能!
  • シェラカップなどをそのまま吊るせる!
  • オプションパーツが豊富!
  • コンパクト収納が可能!
  • テーブルとしても使える!
デメリット
  • ユニフレーム製品は価格が高め!
  • 模倣品が多い!
  • 収納時の持ち運びの際に音がなる!

総合評価 39点/50点満点

  • コスパ・・・・・★★★★☆
  • 安全性・・・・・★★★★☆
  • メンテナンス性・★★★★★
  • 耐久性・・・・・★★★★★
  • 独創性・・・・・★★☆☆☆
  • デザイン性・・・★★★☆☆
  • 希少性・・・・・★★☆☆☆
  • 携帯性・・・・・★★★★☆
  • 利便性・・・・・★★★★★
  • 汎用性・・・・・★★★★★

 

ユニフレーム フィールドラックは、スチール製のラックなのでコスパも良く利用する際の安全性も高く、メンテも足を拭く程度なので簡単で耐荷重も30㎏と高くなっています。

 

ただ、ユニフレームのオリジナル製品でありながら模倣品が数多く販売されているのがネックですが、シンプルデザインで使いやすいので利用者も数多くいる印象です。

 

また、コンパクトに折りたため、数台重ねる事もできるので携帯性も良く、マルチに使える設計の他、カスタマイズもしやすいので汎用性も高いラックに仕上がっています。

 

以上でユニフレーム フィールドラックの評価を終了しますが、あくまでも個人的な主観で評価しておりますので、記事の訂正などについてのご意見はご容赦いただけますようお願い申し上げます。