格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国で格安キャンプなどの低コストアウトドアを面白可笑しく展開してます!

【レビュー】テンマクデザイン「サーカスTC DX」はマルチに使えて便利!

f:id:A---chan:20210107095645j:plain

皆さんは、テントの購入時に色々な思いがあると思いますが、どのような事に重点をおいていますか?

 

自分の場合は一年を通して使えるかどうかや、ソロやデュオ、ファミリーなどで使えるように考えていることが多く、その場合テンマクデザイン「サーカスTC DX」はマルチに使えて便利なんですよ!

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS)とは?

テンマクデザインは、アウトトドアショップ「WILD-1」が展開している自社ブランドではありますが、実はテンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS)のコンセプトには「テンマクデザインはブランドではありません。」と冒頭に述べられています。

 

一見?とは思いますが、テンマクデザインの商品開発は「今のニーズを具現化するもの」で「これからのニーズを生み出すもの」の二つになっており、ユーザー目線に立った商品開発をしているので、敢えて「ブランド」ではないと言っているのでしょうね。

 

また、この二つの開発コンセプトをバランスよくそして皆様が想像する以上の商品を
適正な価格でお届けしてくれているので、コスパの良い製品に仕上がっており、その中でもサーカスシリーズは絶大な人気を誇っています。

テンマクデザイン「サーカスTC DX」【基本仕様】

テンマクデザイン「サーカスTC DX」【仕様】

  • 収容人数:ソロ~ファミリーまで
  • サイズ:4,200×4,420×2,800(高)mm
  • 収納サイズ:630×270×270(高)mm
  • テント素材:本体コットン混紡生地(TC)撥水加工済みポリエステル65%、コットン35%、裾部(スカート)ポリエステル
  • 総重量:12.3kg
  • 付属:付属品ポール・張り綱・設営用ガイドセット・ペグ・収納袋

f:id:A---chan:20210107101324j:plain

テンマクデザイン「サーカスTC DX」【特徴】

テンマクデザイン「サーカスTC DX」のサンドカラーは夏は木陰のように涼しく、冬は暖気を逃さない抜群の遮光性と通気性を兼ね備えた綿混紡の結露しにくいテントです。 

 

2箇所の出入り口で快適な風通しを実現し、1人でも2人でも丁度良い絶妙なサイズ感で、サーカスTCの片方入り口にサイドフラップ装備し、サイドフラップはファスナーで開けることもでき、タープの様に張り出す事も可能ですよ。

f:id:A---chan:20210107101752j:plain
2カ所の入り口はダブルジッパーになっており、メーカー推奨はしていませんが薪ストーブをインストールして利用しやすいように工夫がされています。

 

そして、設営もガイドロープを使えばワンポールテントという事もあり初心者でも簡単にテントを建てる事が出来ますよ。 

テンマクデザイン「サーカスTC DX」【価格】

メーカー希望小売価格:¥39,800(税別)

by カエレバ

価格に関しては人気も相まって定価の二倍近くになっているので、直営店のWILD-1もしくは、ネットのWILD-1楽天市場店で購入するのが一番です。

 

ただ、今後は原油価格の高騰や素材価格の高騰、更に物流コストも上昇しており、
現行の価格体系を維持するのが困難な状況になっており、「+」シリーズ変更に合わせて製品価格を改定が予定されています。

 

また、サーカスTCより8,000円価格が高いですが、天候悪化時の出入りに便利なサイドフラップとポールが追加されたDXの方が使い勝手は良いですよ。

テンマクデザイン「サーカスTC DX」【レビュー】 

それでは、テンマクデザイン「サーカスTC DX」 サンドカラーを使用してみて気付いた事をまとめていきます。

【ポイント1】シェルターとして使える!

テンマクデザイン「サーカスTC DX」はテントですが、一般的にはシェルターとして使え、高さもあるので虫のいない季節はコットを利用した使い方がおススメです。

【ポイント2】ソロでもファミリーでも使える広さ!

テンマクデザイン「サーカスTC DX」はティピー型で室内も広く、コットと小型テントを使用すれば家族3人でのキャンプでも十分広く使う事ができます。

【ポイント3】カンガルースタイルで就寝時の虫も遮断!

テンマクデザイン「サーカスTC DX」は広いので、二人用の自立式ドームテントを中にカンガルースタイルで設置可能なので、虫のいる季節でも就寝時に気になりません。

【ポイント4】薪ストーブも使いやすい!

テンマクデザイン「サーカスTC DX」の最大の特徴なのが、メーカー推奨されてはいませんが、ダブルファスナーなっているので冬場に薪ストーブの設置が簡単なのが良いですね。

【ポイント5】子連れキャンプに最適!

ファミリーキャンプの際に、テント内での食事で子供が食べ物&飲み物をこぼすと大惨事ですが、シートがない分安心して子供と食事がとれますよ。

【ポイント6】10分ほどで設営が出来る!

テンマクデザイン「サーカスTC DX」は、五角形状のなっており五カ所のペグダウンだけ設営ができるワンポールテントになっており、慣れれば一人で10分ほどでテントを建てれますよ。

【ポイント7】TC素材で結露や火に強い!

テンマクデザイン「サーカスTC DX」はTC素材になっており、結露もしにくく、焚き火の火の粉にも強めになっています。

 

⇩結露対策の記事です⇩

www.a-chancamp.com

テンマクデザイン「サーカスTC DX」【オプション品】

サーカスTC DXは、人気のサーカスシリーズという事もあって、数多くのオプション品が設定されているのでご紹介します。

テンマクデザイン「サーカスTC DX」専用フロントフラップ サンドカラー

DX専用フロントフラップを取り付ける事により、広いリビングスペースを確保でき急な天候悪化時に左右それぞれのゴムを外して中央にまとめる事ができます。

by カエレバ
テンマクデザイン「サーカスTC DX」専用 窓付きフロントフラップ サンドカラー

同じく取り付ければ更に広いリビングスペースを確保できるのが、メッシュ窓付きで採光・通風可能な窓付きフロントフラップサンドカラーです。

by カエレバ

 

テンマクデザイン「サーカスTC DX」サーカスインナーマット 4/5

サーカス用のメッシュインナーセット4/5専用のインナーマットで、1/5を外してインナーを手繰り寄せれば、3/5としても利用可能です。

by カエレバ
サーカスグランドシート ハーフ 

15cmの立ち上がりで水などの浸入を防ぐ事ができ、土間ができるハーフサイズのグランドシートになっています。

by カエレバ
サーカス フルサイズグランドシート

バスタブ型で雨や土の侵入を防ぐサーカス専用グランドシートで、これだけの立ちあがりがあれば急な豪雨にも対応出来ます。

by カエレバ

テンマクデザイン「サーカスTC DX」【メリット&デメリット】 

テンマクデザイン「サーカスTC DX」 を実際に使ってみてメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット
  • 流行のティピー型でお洒落!
  • カラーコディネートしやすいサンドカラー!
  • 大きさの割りに価格が安い!
  • 四季を通して利用可能!
  • TC生地で結露に強い!
  • TC素材のため焚火の火の粉に強い!
  • シート無しでも運用可能!
  • 一人でも短時間で簡単設営できる!
  • スカートを装備しており冬キャンプも可能!
  • 薪ストーブをインストール可能!
  • 天井高さや広さがあり居住性が高い!
  • サイドフラップを使えば出入りがしやすい!
  • スカート部分もペグダウン出来る!
デメリット
  • ティピー型なのでデッドスペースが多い!
  • 張綱用のスペースが必要!
  • ポリコットン生地で乾きにくい!
  • 重くて持ち運び不便!
  • シートを使用しない場合地面からの水蒸気で結露しやすい!
  • テント形状的に折り畳みしにくい!
  • ワンポールが邪魔に感じる!

テンマクデザイン「サーカスTC DX」:総合評価40点/50点満点

コスパ・・・・・★★★★☆

安全性・・・・・★★★★☆

メンテナンス性・★★★★☆

耐久性・・・・・★★★☆☆

独創性・・・・・★★★★★

デザイン性・・・★★★★★

希少性・・・・・★★☆☆☆

携帯性・・・・・★★★☆☆

利便性・・・・・★★★★★

汎用性・・・・・★★★★★

 

このサイズのTC素材のテントではコスパも良く、初心者でも安全に設営可能で、TC素材のためメンテナンス性も悪くはありません。

 

ただ、五角形状のワンポールテントでペグ数も少なく風に弱いので強風時には注意が必要ですが、設営ガイドを使えば初心者でも綺麗に設営できるようになっており、デザイン性も良好です。

 

その分人気もあるため、大きめなキャンプ場に行くとかなりの確率で被り、TC素材なので重量もありますが、ソロでも複数人で使える利便性とサイドフラップを使えばタープも不要になり汎用性も抜群ですよ。