定番!オピネルナイフ #12 カーボンスチール【徹底レビュー】

昨今のキャンプブームにより、各社から心躍るような素敵なキャンプギアがたくさん発売されているんです。

 

自分がキャンプを始めた10年程前から見れば、多種多様で各特徴を持ったキャンプギアギアが増えて個人的には嬉しい限りです。

 

ただ、多種多様のキャンプギアが出て来ると実際どうなの?と思われる事も多いと思いますので、コチラのコーナーでは我が家で使用しているキャンプギアのレビューをまとめていきます!

f:id:A---chan:20200714100204j:plain

そんな中、今回紹介するのは…

オピネルナイフ#12スチールカーボン

f:id:A---chan:20200714100227j:plain

キャンプに行くんだったら、絶対外せないのが大自然の中で食べるキャンプ飯ですよね!

 

もちろん、お弁当持参やカップ麺でも十分に美味しいのですが、やはりキャンプへ来たらアウトドアらしいキャンプ飯が食べたくなるもんです。

 

そんなときに、我が家が使用しているのはオピネルナイフでも最大の#12スチールカーボンです。

 

以前は、包丁としてキャンプ場で極力洗わなくて済むように、格安包丁を数本持って行っていましたが、このオピネルナイフの良いところはフォールディング(折り畳み)出来るところですね。

 

⇩以前使っていた包丁の記事です⇩

www.a-chancamp.com

そして、折り畳んでコンパクトに出来て、更に美しいデザインフォルムなら1本は所持していたいナイフ兼包丁ですね。

Ⅰ.基本仕様

f:id:A---chan:20200714102246j:plain

f:id:A---chan:20200714100332j:plain

オピネルナイフは頑丈、機能的、シンプルで、実用的なナイフとしてピカソも愛用したナイフです!

f:id:A---chan:20200714101803j:plain

◆仕様

サイズ:ブレード/約120mm

重量 :約110g

材質 :ブレード/ハイカーボンスチール、ハンドル/ブナ

 

オピネル カーボンスチール #12はブレードの長さが12cmのカーボンナイフで切れ味が良く、野菜やハムも切りやすいので、外で料理をするときに重宝します。

 

オピネルの部品はすべてフランス国内製で、熟練した職人の精密な手作業で作られており、セーフティーロック機能を搭載しているので、折りたたんだ後刃が出ることはありませんよ。

Ⅱ.価格

メーカー希望小売価格:3,190円(税込み価格)

by カエレバ

定価3,190円で包丁サイズの折り畳みも出来てデザインの美しいシンプルなナイフは少なく、またオピネルナイフの良いところは、使用者の手のサイズや調理内容に合わせて選べるのが良い点ですね。

f:id:A---chan:20200714103221j:plain

その為、フランスでは最初の1本はオピネルナイフから使うのが定番なんです。

Ⅲ.その他のオピネルナイフ

オピネルナイフは多種多様で刃渡りも違いますので使う方に合わせてチョイスしたいですし、刃の種類もメンテナンスが少ないステンレススチール製と、砥ぎやすいカーボンスチール製があります。 

オピネルナイフ #6 カーボンスチール 

オピネルナイフは#6~#12まであり、用途ごとにサイズが異なっており#6はブレードの長さが6cmのカーボンナイフで切れ味がいいコンパクトナイフになっており、安全ロック付きなので、アウトドアシーンに持っていくときも安心ですよ。

オピネルナイフ #12 ステンレススチール 

オピネルナイフでも我が家で使っている#12は刃渡りが長く包丁として使えますが、コチラはステンレス製なので錆びる心配が少なくメンテンス性が良くなっています。

by カエレバ
オピネルナイフ #6 コロラマ  ステンレススチール

コロラマは3サイズ全20カラーとカラーバリエーションが豊富でブレードの長さが約7.3cmの皮紐付きステンレスナイフでカラーは全5色でハンドルが木製なので持ちやすく、温かみのあるデザインです。

by カエレバ
オピネルナイフ #7 ラウンドティップ  ステンレススチール

安全に考慮した入門用ナイフで刃先を丸めたナイフで、お子さまや初心者の方でも安心しご使用いただけます。

Ⅳ.レビュー

f:id:A---chan:20200715073401j:plain

我が家の使い方としてはキャンプ時の調理は当然ながら、ソロキャンプ時にはスキレットで肉を焼いた際のナイフ代わりに使用していますね。

 

実際、自分はブッシュクラフトはタフな使い方が出来るモーラナイフのステンレス製を使い、オピネルナイフは繊細な調理が出来て切れ味を上げれるカーボンスチール製にしています。

 

そして、オピネルナイフの定番はもう少しブレードが短いものが人気ですが、自分は刃渡り120mmのナイフが包丁と同じような使い方ができて重宝しています。

f:id:A---chan:20200715074121j:plain

ただ、砥ぐ事が出来るカーボンスチール製の為錆の発生が付いて回りますので、錆びないような黒錆加工が必須になります。

f:id:A---chan:20200715074408j:plain

また、オピネルナイフを黒錆加工をする際は面倒ではありますが、分解して刃だけを黒錆加工するようにしないと、回転部分だけが錆びてナイフの開閉が難しくなりますよ。

 

⇩黒錆加工とナイフ砥ぎの記事です⇩

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

メリット
  • 安い
  • 刃の種類が選べる
  • カラーが豊富
  • デザイン性が良い
  • 耐久性が高い
  • 愛用者が多い
  • 砥ぐ事で切れ味を上げる事が可能
デメリット
  • ユーザー率が高過ぎる
  • 種類が多く選ぶのが困難
  • カーボンスチールは錆びる 

総合評価

価格・・・・・★★★☆☆

耐久性・・・・★★★★☆

デザイン・・・★★★★★

希少性・・・・★★★☆☆

携帯性・・・・★★★★★

使い易さ・・・★★★★★

 

価格は比較的に安価で、シンプルな作りになっているので、耐久性も120年の歴史に裏づかれていますので安心できますね。

 

デザインに関しては非常に美しいフォルムが売りですが、その為ユーザー率は高めになっていますので、自分にあったサイズや色合いを選びたいですね。

 

そして、フォールディングナイフでコンパクトに折り畳めますし、切れ味も良く使い勝手も非常に高いクオリティになっています。

 

以上でオピネルナイフ #12 カーボンスチールの評価を終了しますが、あくまでも個人的な主観で評価しておりますので、記事の訂正などについてのご意見はご容赦いただけますようお願い申し上げます。

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓