格安!BearsRock(ベアーズロック )8㎝キャンピングマット【徹底レビュー】

昨今のキャンプブームにより、各社から心躍るような素敵なキャンプギアがたくさん発売されていますよね。

 

自分がキャンプを始めた10年程前から見れば、多種多様で各特徴を持ったキャンプギアギアが増えて個人的には嬉しい限りです。

 

ただ、多種多様のキャンプギアが出て来ると実際どうなの?と思われる事も多いと思いますので、コチラのコーナーでは我が家で使用しているキャンプギアのレビューをまとめていきます!

f:id:A---chan:20200830214747j:plain

そんな中、今回紹介するのは…

格安!BearsRock(ベアーズロック )8㎝キャンピングマット

BearsRock(ベアーズロック )は家族や友人と楽しい会話と笑顔が生まれるような、アウトドアシーンを創造出来ればと考えている会社です。

 

また、ブランドコンセプトしては使う人に寄りそった製品づくり、そして利用する人が、気持ちよくアウトドアを楽しんで、いい体験といい思い出が作れるようにスタッフ一同気持ちを込めて鋭意研究開発に励んでいるようですね。

 

そして、我が家が最近車中泊でも愛用しているのが、このBearsRock(ベアーズロック )8㎝キャンピングマットです。

 

以前は厚みが5㎝のエアピロー式インフレータブルマットを使っていたのですがシートの凸凹が多い車中泊では、より厚みがあるマットの方が寝心地は良いんですよ。

 

ここら辺はキャンプと車中泊で勝手の違いはありますね。

 

⇩実際使用している車中泊の記事です⇩

www.a-chancamp.com 

Ⅰ.基本仕様

f:id:A---chan:20200830213141j:plain

f:id:A---chan:20200830213211j:plain

サイズ :190×65×8cm

収納サイズ :65×22cm

本体重量: 2.5kg

f:id:A---chan:20200830213429j:plain

サイズに関しては、キングサイズもありますがミニバンで使うなら通常サイズを2枚並べて使えば、夫婦と幼児の3人で寝る分には十分なスペースを確保できますよ。

 

インフレータブルマットという事で、使用するにはエアーマットのように内部を空気で膨らましウレタンにも空気を充填する事により、車内の凸凹感をほぼ無くす事が可能です。

 

ただ、使ってみて思うのは外気温が低い冬場はマット自体が固く、空気の入り方が悪いので最終的には口で空気を入れる事はしばしばありますが、この問題はインフレータブルマット全般の問題ですから、品質には問題はないように感じます。

f:id:A---chan:20200830213825j:plain

楽に寝返りがうてる「高反発」と、自然な寝姿勢を保つ「体圧分散」という2つの機能があるので体に負担をかけず、車内にいながら自宅で寝ているような寝心地を実現できているように感じます。

f:id:A---chan:20200830213943j:plain

そして、高反発ウレタンフォームは復元性が高く、体の動きにスムーズに反応する事で寝返りがし易くなっているのも特徴ですね。

f:id:A---chan:20200830214217j:plain

特にマットの厚さが8cmもある事で体圧分散し体の負担を軽減でき、ウレタンフォームの3D構造があらゆる方向からも体をバランスよく支えてくれて、自然な寝姿勢を保ちます。

f:id:A---chan:20200830214549j:plain

また、マットの厚みが8cmもある事で、使用者の好みのマット硬さに調整できるのも有難い点ですよね。

f:id:A---chan:20200830214729j:plain

もちろん、車中泊以外のキャンプでも快適な寝心地が実感できますよ。

 

そして、冬場は地面が冷たいので座布団代わりに使え、冬キャンプの際には底冷えを軽減できますよ。

Ⅱ.価格

ベアーズロック BearsRock 8㎝キャンピングマット

メーカー希望小売価格:6,980円(税込)

by カエレバ

購入価格に関しては、購入サイトで価格差がでますので、購入するのであれば公式ページからの購入がおススメです。

 

また、車中泊で使用するマットのポイントしては、とにかく厚みがあり、マット自体が硬く、車内シートに凸凹があっても影響しない事が大事です!

 

そういう面では、8cmの厚みがあればシートの凸凹感の影響を受けず、更に厚みのある10cmマットや、2重に重ねて使うなどで自宅と変わらないクオリティを再現できるのは凄いですね。

Ⅲ.BearsRock(ベアーズロック )のその他のマット 

ベアーズロック BearsRock 8㎝キャンピングキングサイズマット 

通常のキャンピングマットに比べて、長さや横幅が更に10cm拡げたキングサイズになります。

by カエレバ

車内が広い3ナンバー車には、コチラの方がシックリくるように感じます。

ベアーズロック BearsRock 10㎝キャンピングマット 

更に寝心地を追求した厚みが10cmのキャンピングマットです。

by カエレバ

特に車内シートの凸凹感の影響が出そうな場合には、コチラをチョイスした方が良いかもしれませんね。

ベアーズロック BearsRock 3㎝キャンピングマット

コチラはファミリーキャンプ向けの3cmの厚みのインフレータブルマットになっています。

by カエレバ

家族分が必要なファミリーキャンプで荷物を軽減するには、厚みを最大限まで削減しながらも快適な眠りが出来ますよ。 

ベアーズロック BearsRock 5㎝キャンピングマット

同じように荷物が増えるファミリーキャンプ向けですが、キャンプ場のサイトに凸凹がある場合は5cmの厚みがあれば問題なく快眠出来ます。 

by カエレバ

また、デザインやカラーバリエーションも豊富なのが有難いですね。 

 

以上のように、BearsRock(ベアーズロック )のキャンピングマットは種類が豊富ですからアウトドアスタイルで最適なマットを選びたいですね。

Ⅳ.レビュー

f:id:A---chan:20200830220052j:plain

我が家が使用しているパターンとしては、まずは車中泊ですね!

 

車中泊の際には、ミニバンのエスティマを使うのですがサイズ的には2枚使って丁度良い大きさだと思います。

f:id:A---chan:20200830220109j:plain

また、ファミリーキャンプの際の寝袋下のマットとしても寝心地は良いですし…

f:id:A---chan:20200830220125j:plain

ソロキャンプの際のマットとしても十分使用できます。

f:id:A---chan:20200830214729j:plain

また、冬キャンプの際にはコットだと下から冷気で底冷えするのですが、コットの上にBearsRock(ベアーズロック )8㎝キャンピングマットを敷くと自宅ベットの寝心地と変わらないくらい快適に寝れますよ。

ただ、その分寝具の荷物が増える事になりますので、積載量を考えて活用したいですね。

メリット
  • シンプルな色合い

  • リバーシブルカラーになっている

  • 自動で膨らんでくれる

  • 8cmの厚みがあるので車内の凸凹には対応可

  • 座布団としても使用可能

  • サイズ種類が豊富

  • 2枚繋げて利用可能

  • 表面の汚れが付きにくい
デメリット
  • 思った以上に価格が高い

  • 空気注入時に追加で膨らます必要がある

  • 厚みがある分収容量がデカい

  • 2枚接続ロープが使いにくい

総合評価

価格・・・・・★★★★☆

耐久性・・・・★★★★☆

デザイン・・・★★★★☆

希少性・・・・★★★★☆

携帯性・・・・★★★☆☆

使い易さ・・・★★★★☆

 

マットの厚さの割りコスパが良く、シンプル構造の為耐久性もありそうで色合いもシンプルなブラック色とブラウン色に、グリーン色になっておりデザイン性は良好です。

 

また、BearsRock(ベアーズロック)製という事で、薄いマットは格安のイメージでユーザーも多いとは思いますが8cmの厚みタイプを愛用しているユーザーは少ないように感じますね 

 

厚みがあるため、どうしても収納量が大きく携帯性は若干低くなりがちですが、使用しやすさは抜群だと思いますよ。

 

以上でBearsRock(ベアーズロック )8㎝キャンピングマットの評価を終了しますが、あくまでも個人的な主観で評価しておりますので、記事の訂正などについてのご意見はご容赦いただけますようお願い申し上げます。

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓