定番!TRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ 70L OD色 【徹底レビュー】

昨今のキャンプブームにより、各社から心躍るような素敵なキャンプギアがたくさん発売されているんです。

 

自分がキャンプを始めた10年程前から見れば、多種多様で各特徴を持ったキャンプギアギアが増えて個人的には嬉しい限りです。

 

ただ、多種多様のキャンプギアが出て来ると実際どうなの?と思われる事も多いと思いますので、コチラのコーナーでは我が家で使用しているキャンプギアのレビューをまとめていきます!

f:id:A---chan:20200706201140j:plain

そんな中、今回紹介するのは…

TRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ 70L OD色

f:id:A---chan:20200706201201j:plain

我が家のキャンプの荷物入れで愛用しているのが、TRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ です。

f:id:A---chan:20200706201222j:plain

また、キャンプでの荷物入れでトランクカーゴといえば、定番中の定番の荷物入れとして有名で、お持ちの方も多いと思いますし、中にはフタ裏をカスタマイズしてテーブルにしている人も多いですよね。

f:id:A---chan:20200706201235j:plain

そして、このトランクカーゴの特徴としては非常に頑丈で、荷物入れとして重宝出来ながら、持ち運びもしやすく、椅子替わりにもなりますので便利です。

f:id:A---chan:20200706201256j:plain

また、サイズも3種類ありますので、キャンプも規模でサイズを選ぶ事も可能ですし、キャンプ以外の自宅使いをしても良いですよね。

f:id:A---chan:20200706201325j:plain

Ⅰ.基本仕様

f:id:A---chan:20200706201339j:plain

そして、トランクカーゴに関しては同じものが各社から販売されており、若干の形状変化や色の違いが各社でありますが、性能が一緒ですので色合いや金額で決めて良いように感じます。

 

我が家の場合は、ファミリーキャンプやソロキャンプでも使えるように、ソロキャンでのミリタリー感を損なわないようなOD色をチョイスしています。 


サイズ     :W780×D390×H370(mm) 

有効内寸    :W680×D305×H292(mm) 

材質      :PP 

製品重量    :3865g 

耐荷重     :(約)100kg 

原産国     :日本 

最大積み重ね段数:2段

 

また、我が家で使用している70L(大)以外にも30L(小)50L(中)もありますので、購入時にはどれだけのサイズが必要か考えた方が良いですね。

  サイズ 有効内寸 重さ 耐荷重
30L(小) W400×D390×H370(mm) W304×D306×H293(mm) 1945g (約)100kg
50L(中) W600×D390×H370(mm) W504×D306×H293(mm) 2630g (約)100kg
70L(大) W780×D390×H370(mm) W680×D305×H292(mm) 3865g (約)100kg

ただ、大は小を兼ねるという感じで70Lをサイズを買っておけば、まあ間違いはないように感じますけどね…w

Ⅱ.価格

メーカー希望小売価格:不明(無印良品同サイズの場合2,590円)

by カエレバ

TRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ 70Lの定価に関しては不明ですが、各社色によってバラツキはありますが、概ね4,000~5,000円前後です。

f:id:A---chan:20200706201833j:plain

中でも、無印良品から販売されているPP頑丈収納ボックス・特大(ホワイト)の定価が同サイズ商品の中では一番安く、定価で2,590円になっており店頭で購入可能です。

 

ある意味カラーを気にしないのであれば、無印良品店頭購入が一番お得ですね!

f:id:A---chan:20200706201821j:plain

そして、蓋の形状変化で重ねやすくなったスタッキングトランクカーゴ は2020年秋より一般に流通する予定ですが、それに先駆けてGORDON MILLERのタイポグラフィが入ったコヨーテ、オリーブドラブの2色は4月下旬から先行発売します。

f:id:A---chan:20200706201402j:plain

新たなスタンダードとなること間違いなしのプロダクトですのでお早めにチェックしておいた方が良いですね。

Ⅲ.各社のトランクカーゴ

リス・トラスコ中山・無印良品・オートバックス(JKM)・GORDON MILLERなどの各社からトランクカーゴが発売されていますが、構造や性能は全く一緒の製造元はリス社OEM商品です。

f:id:A---chan:20200706202728j:plain

また、サイズも3種類ありますが、今回は70Lのカラーバリエーションを紹介します。

リス トランクカーゴ 70L グリーン
by カエレバ
リス トランクカーゴ 70L グレー
by カエレバ
リス トランクカーゴ 70L ブラック 
by カエレバ
リス トランクカーゴ 70L ネイビー 
by カエレバ
トラスコ トランクカーゴ 70L OD色  
by カエレバ
トラスコ トランクカーゴ 70L 黒 
by カエレバ
無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックス 特大
by カエレバ
ゴードンミラー トランクカーゴ 70L 
by カエレバ
ゴードンミラー スタッキングトランクカーゴ 50L コヨーテ
by カエレバ
ゴードンミラー スタッキングトランクカーゴ 50L オリーブドラブ
by カエレバ

再度言いますが、同じ商品ですので基本的に色で好みの物を選べばよいのですが、ブラックやネイビー色は価格が割高になる傾向ですね。 

Ⅳ.レビュー

f:id:A---chan:20200706211754j:plain

基本的に耐荷重も性能も良く、我が家は70Lを2個利用しファミリーキャンプでの荷物をほとんど収納でき非常に重宝しています。

f:id:A---chan:20200706211817j:plain

実際は、この2つをソロ用、それとプラスαでファミリーキャンプ用として、焚き火テーブル、ストーブ、チェア、寝袋5つ、バーナー、シエラカップ以外にも色々入れています。

f:id:A---chan:20200706212005j:plain

両方の中身を説明すると大変ですので…

f:id:A---chan:20200706212121j:plain

ソロ用の方を解説していきます。

f:id:A---chan:20200706212325j:plain

まず…

  • ユニフレームの焚火テーブル
  • 焚火台B-GO
  • ダイソーのアルティメットコンテナ(大300円)×2

を上部に入れています。

 

⇩焚き火テーブルと焚火台の記事です⇩

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

f:id:A---chan:20200706212600j:plain

その他に左上から…

  • YOGOTO 冬用ダウンシュラフ
  • ユニフレーム 山ケトル900
  • ユニフレーム fan5まな板
  • スノーピーク シエラカップ×3
  • スノーピーク シングルチタンマグ×3
  • ランチョンマット
  • キッチンツール(フライ返し、おたまなど)
  • カラトリー(オピネルナイフ、箸、スプーン、調味料)
  • LEDランラン×2
  • ユニフレーム フォールディングガスランタン
  • CB缶×2
  • SOTO レギュレーターストーブ
  • 電池類ケース
  • ティッシュ入れ

そして、左下から…

  • キャプテンスタッグ マルチボーダーラグ
  • セリア レジャーシート
  • アルミホイル
  • モーラナイフ
  • バンドックソロベース用グランドシート
  • ハンキングチェーン
  • キャプテンスタッグ ランドリーリール
  • セリア ランドリーバケット(ゴミ箱用)
  • ダイソー ランタンフック
  • ダイソー ほうき&ちりとり
  • ミリオン巾着 (ゴミ袋、スーパー袋など)
  • 妖怪ウォッチ巾着(洗濯ばさみなど)

以上が全部入って、まだ少し余裕がありますね。

f:id:A---chan:20200706214346j:plain

そして、前回のキャンプから徐々にソロ用の荷物を更に減らしていく予定です。

f:id:A---chan:20200706214504j:plain

たど、そう考えるとトランクカーゴ70Lひとつだけでも工夫すればかなりの荷物を収納できると思いますよ。

 

まあ、リュックひとつで徒歩キャンプや、山岳の縦走キャンプをされている方からすれば、まだまだ大容量なんでしょうが…w

メリット
  • 70Lの大容量
  • 耐荷重があり丈夫
  • 椅子として使える
  • デザイン性が良い
  • 持ち運びできるように取っ手が付いている
  • カラーバリエーションが豊富
  • 焚火テーブルも収納できる
  • スタッキングできる
  • 安い
  • 汚れても拭きやすい
  • 蓋のカスタマイズが出来る
  • 急な雨でも蓋すれば大丈夫
デメリット
  • 収納し過ぎると重たい
  • ユーザー率が高過ぎる
  • 仕分けの工夫が必要
  • 一人での持ち運びが大変

総合評価

価格・・・・・★★★★☆

耐久性・・・・★★★★★

デザイン・・・★★★★☆

希少性・・・・★☆☆☆☆

携帯性・・・・★★★☆☆

使い易さ・・・★★★★★

 

価格は荷物入れの収納ボックスとしては安くはないですが、耐久性抜群なのでデザイン性も考えればコスパの良い商品だと思いますし、各社が販売している事からもおススメの商品です。

 

 

ただ定番中の定番のトランカーゴですから、キャンプ場ではかなりの確率で被りますが、カラーバリエーションやアウトドア系ステッカーなどでカスタマイズも出来ますし、スタッキング(重ねて)して使用が出来るのは助かります。

 

そして、中身は大容量で丈夫なため荷物をパンパンに入れても壊れる事がないですし、持ち手も付いているので持ち運びも便利ですから、ハードな使い方をするキャンプには最適の荷物入れです!

 

以上でTRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ 70Lの評価を終了しますが、あくまでも個人的な主観で評価しておりますので、記事の訂正などについてのご意見はご容赦いただけますようお願い申し上げます。

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓