車中泊って便利です!格安に黒部ダムへ行く方法(富山県)【後編】

f:id:A---chan:20200501115228j:plain

車中泊をしてみたいという、前回からの続きになりますが…

 

まず最初に、タイトルの行き先が富山県の黒部ダムになっていますが、旅の90%以上は長野での観光になります。

 

あくまでも、目標地点が黒部ダムになるますので…w

 

⇩前編の記事です⇩

www.a-chancamp.com

 

車中泊って便利です! 

それでは話を戻しますが…

 

昨晩あのあと…

 

道の駅に到着しアルコールを飲んでいい気持ちで眠りについたのですが…

 

寝れん…!

 

妻と子供は爆睡してますが、私は夜中1時に眠れず目を覚ましました。

眠れない理由 

理由は、心配していた寝床の凸凹です。

 

いくら、マット2枚使っても、完全にフラットではない状態と天井が近い圧迫感が、気になって起きてしまいました。

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

意外とデリケートな自分を発見~ww

 

エスティマの仕様

やっぱり、マットが平らじゃないと眠れないので、寝ていた妻を起こし…

 

いざ!!!

 

ヘ・ン・ケ・イ(変形)!

 

(`・ω・´)シャキーン

 

実はエスティマは、実は3列目が床下に収納できるんです。

 

そのうえで、倒していた2列目のシートを今度は持ち上げると、奥行き約160cmほどのフラットスペースが…

 

※本来なら自転車や大きい荷物を置く使い方です。

 

そこに、フロアマットをひいてインフレーターマットを敷くと完全フラットです。

 

寝心地最高~♬

 

最初からこっちにしておけばよかったと後悔です。

 

(;一_一)

 

ただ、無理やり起こされた妻もちょっと怒り気味に…

夜食 

こういう嫁さんが怒ったときは食べ物で釣るしかないですね~w

 

そして、夜中の白馬は寒く外は温度計で9℃で寒いので…

 

『カップラーメンでも食べる…?』

 

妻の怒りを鎮めるために、近くのセブンイレブンへ~♬

 

※飲酒済みだったので、モチロン妻が運転です。

 

そこで、深夜に夫婦でカップラーメンを食べて、お腹も膨れ何とか妻の怒りも収まり、再度就寝です…Zzz

翌日…

ようやく、あたりが明るくなってきて、目を覚まして時計を見ると早朝5時頃です。

 

昨晩購入したパン類で簡単な朝食を済ませ、顔と歯を磨くと不思議とキャンプ気分になりますね。

 

ちなみに昨晩フラットにした写真がこちらです。

f:id:A---chan:20200501115253j:plain
三男は、まだ夢の中です…w

 

一応、奥行きが160cmあるので嫁さんと子供は問題ないけど、自分はちょうど真ん中で2列目のシートの間に足を入れれば、足を曲げずに眠れましたよ。

 

ここ白馬道の駅からだと、青木湖、木崎湖と通って扇沢駅までは約40分ほどです。

 

天気の良い中、扇沢駅まで山道を車で走っていきますが、北アルプスの山々がとても奇麗です。

扇沢駅 

早朝ドライブ感覚で運転していると、案外早くに扇沢駅到着です。

f:id:A---chan:20200501115317j:plain

f:id:A---chan:20200501115412j:plain

扇沢駅に到着して7時の始発のバスに乗りますが、日本人10数人と、あとから来た中国人観光客グループ60人ほどで、トロリーバス3台に乗り込みます。

 

ちなみに駅長さんの流暢な中国語が凄いですw!

f:id:A---chan:20200501115435j:plain

トロリーバスを15分ほど乗ると、黒部ダム駅に到着しますが、時間は7時20分頃で朝早すぎですね~w

黒部ダム

黒部ダム駅に到着すると、黒部ダム(黒部湖)と展望台に行き先が分かれており我が家は展望台へと思ったら…

 

なんやねん!この階段…!

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

早朝から220段はキツすぎる…w

 

しかも、途中から三男が案の定の

 

『だっこして~♪』

 

( ノД`)シクシク…

 

苦行過ぎる…w

 

ようやく、展望台に到着し、外階段を下ります。

f:id:A---chan:20200501115456j:plain

f:id:A---chan:20200501115516j:plain

階段を下りるのは楽みたいで、三男は走って下りていきます。

f:id:A---chan:20200501115552j:plain

f:id:A---chan:20200501115628j:plain

ダムの下流側です。

 

ここから北上すると宇奈月温泉方面です。

f:id:A---chan:20200501115715j:plain

黒部ダムの中心でハイ!チーズ!

 

こっちは上流側のダム方面です。どちらも山々が奇麗で富山に住みながら、黒部ダムに来るのが初めてでちょっと感動です。

 

黒部ダムの住所は?

さっき駅員さんに、ここの住所を聞くと富山県の立山町ですと…

 

分かってはいましたが、思いっ切り地元ですね…w

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

地元なのに、立山をぐるっと大回りして反対側から来ちゃいました~w

 

そして…

 

黒部ダムに着いて30~40分ほどハシャギ疲れたみたいでお約束の… 

 

『もう歩けん…抱っこして…』

 

これがあるので富山側から来なくて正解!とは言いながら、子供を抱っこして黒部ダム駅へ戻ります。 

 

黒部ダム滞在時間

約40分!

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

みじかw!!

 

駅員さんも始発の8:00の帰りのバスに人が乗る事自体あまりない様で、不慮の問題が起きたかと心配されますが、ただの子供の我儘です。

 

流石にこんな早くに帰る人はいないので、帰りのバスは貸し切りですね…w

 

扇沢駅戻り、せっかくなので展望台へ

f:id:A---chan:20200501115901j:plain

せっかく、天気も良かったのに黒部ダムは終了です。

 

でも、時間はまだ午前8:30です!

国営アルプスあづみの公園

時間もたっぷりある事から、これから国営アルプスあづみの公園に向かいます。

扇沢駅からだと1時間ほどなので比較的近いですね。

f:id:A---chan:20200501115922j:plain

ゆるゆると、安曇野の風景を見ながらドライブして9時半前には到着です。

 

一応、本来なら入場料が必要なのですが、ここも妻が障害者手帳保持者という事で、付添い者の私も無料です。

 

ちなみに、ここの国営アルプスあづみの公園は3000m級の峰々が連なる北アルプスの麓の安曇野地域に位置しています。

 

北側の「大町・松川地区」と、南側の「堀金・穂高地区」の2つに分かれており、我が家は遊具の多い堀金地区にいきました。

 

のどかで風景も良くのんびりできるんですが・・

 

ただ、問題は広すぎるんですよ。

 

案の定、遊び疲れたら…

 

『だっこ~♪』

 

それでも、2時間近く遊んで、三男も満足そう。帰りは、安房トンネルを抜けて帰る際に寄り道します。

新穂高の湯

奥飛騨の新穂高の新穂高の湯で露天風呂温泉~♬

 

新穂高の湯は寸志200円で入ることができ、大自然の中でのんびり温泉を堪能できますよ!

f:id:A---chan:20200501115946j:plain

また我が家は近くを通る度に来ているのですが、お湯はヌル目で小さい子供も安心して入れますし、何といっても…

 

混浴なんです~♬

 

※裸でもOKですが、水着着用でもOKですよ。

 

また、川のそばなので、夏場でもおススメです。到着したころは、先客30代の男性1名でしたが出る頃には女性も含めて6~7人に…

 

一応、嫁さんも水着持参してましたが、恥ずかしいとの事で却下でしたけど…w

 

新穂高の湯でゆったり入浴後は1時間半ほどかけて帰路につき、今回の車中泊デビューについては終了です!

 

また、初めて車中泊をしましたが、キャンプで必須になる設営&撤去がないので、早朝からアクティブに動けるのは非常に便利ですし、特に自然や景色を堪能するスタイルの我が家のアウトドアにはぴったりだと思いました。

 

今回の格安車中泊費用 

2019.5.20~21

 

車中泊にて宿泊料:無料 

別途食費:2,000円  

黒部ダム:2,570円

アルプス公園:無料

温泉入浴料:400円


合計費用:4,970円

 

車中泊とはいえ、観光をしてこのトータル金額は安いですね~♬

 

無料キャンプ場良いけど、車中泊こそコスパ最強かも!

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓