格安!手軽で美味しく自家製燻製ベーコンチーズ炙り!

f:id:A---chan:20200512081743j:plain

格安!手軽に簡単キャンプ飯!

皆さん、アウトドアやキャンプで欠かせないのが、大自然の中で食べる美味しいキャンプ飯ですよね?

 

だけど、実際は家とは違って準備や後片付けが面倒ですし、キャンパーの中にはカップラーメンやインスタント食品で済ます人も多い事でしょうし、最近ではフリーズドライ技術の進歩で、お湯を注ぐだけで美味しい食事にありつけます。

 

⇩フリーズドライ食品の記事です⇩

www.a-chancamp.com

 

だけど・・・

折角なら、ゆっくりとした時間の中で、もっと美味しいキャンプ飯を食べてみたいと思われる方も多いはずです。

 

皆さんキャンプで、料理って面倒と思われるかもしれませんが手のかかる料理じゃなくても、大自然というスパイスがある限り、在り来たりの格安な食材でも十分美味しいんですよ。

 

という事で、自宅でもキャンプ場でも作れる

え~ちゃんの格安!手軽に簡単キャンプ飯!

そして、今回はザ・キャンプ飯といったら皆さんが連想する燻製です!!!

 

⇩我が家の定番キャンプ飯の記事です⇩

www.a-chancamp.com

勿論、手軽に市販のベーコンを買ってきて作っても良いのですが…

 

折角なので、我が家がいつも作る自家製燻製ベーコンを作ってみるところから紹介いたします!

 

◆自家製ベーコンチーズ炙り

f:id:A---chan:20200512081728j:plain

必要な物

f:id:A---chan:20200512081802j:plain

f:id:A---chan:20200512081816j:plain

 

格安食材(6人分)

◇豚バラブロック(1,000g)

※特売で100g、100円以下の格安で購入しています…w

  

ソミュール液(調理液)

◇水(900㏄)

◇塩(大さじ6)

◇砂糖(大さじ3)

◇ニンニク(適量)

◇バジル(適量)

◇ガラムマサラ(適量)

◇ローズマリー(無くても良い)

 

まず、燻製を作るときに必要なのがソミュール液です。

 

ソミュール液とは、簡単に言えば塩分濃度10~20%にした保存液の事で、このソミュール液に数日浸けおき、乾燥をさせて、煙で燻す事により、燻製食品が長期保存が可能になります。

 

中には、ソミュール液を使わず、直接塩を塗り込む方法もありますが、ソミュール液を使う方が食品の全体に万遍なく塩気が行きわたりますので、燻製初心者だと失敗が少ないですね!

f:id:A---chan:20200512081832j:plain
ソミュール液の作り方が、簡単で材料をそのまま入れて沸騰させたら完成です。

 

※我が家ではローズマリーの他に燻製用にハーブ系を自宅で栽培しています。

f:id:A---chan:20200512081843j:plain
完成後はソミュール液を必ず冷まして使用します。

f:id:A---chan:20200512081853j:plain

豚バラブロックは、ソミュール液が馴染みやすいように、事前にフォーク類で表面に穴を開けておいた方が良いですよ!

f:id:A---chan:20200512081904j:plain

ジップロックなどの保存パックに豚バラを入れて、ソミュール液を注いだら1週間ほど冷蔵庫で保存します。

f:id:A---chan:20200512081916j:plain

その際、ソミュール液の撹拌する為に、毎日一回ひっくり返すと良いでしょう。

f:id:A---chan:20200512081924j:plain

ソミュール液の塩分濃度にもよりますが、4~7日程度を浸けていた豚バラを流水で洗い落した後、高濃度の塩分を流水で2~3時間塩抜きます。

f:id:A---chan:20200512081933j:plain

ちなみに塩分濃度が低い場合だと、この手順は省略する事が可能だと思いますが、その分完成後の日持ちはしませんよ。

 

また、キチンと塩抜きできたかどうかは、豚バラを端を切ってレンジでチンして食べてみれば分かりますので、ここはシッカリ確認しましょう!!

f:id:A---chan:20200512081941j:plain

塩抜き後の豚バラをキッチンペーパー類で、水分を拭き取ったあとは…

f:id:A---chan:20200512081949j:plain

扇風機などを使って、一晩風を当てて乾燥させます。

f:id:A---chan:20200512081957j:plain

我が家では、リビングのインナーテラスに室内物干し台を設置して乾燥させるので、絵的には、結構シュールです~ww

f:id:A---chan:20200512082005j:plain

また、木串と煮物用の紐を利用して吊るすと簡単ですよ! 

f:id:A---chan:20200512082023j:plain

乾燥時間は扇風機を使えば夜22時~翌朝7時の一晩程度で、十分乾燥できますよ。

f:id:A---chan:20200512082031j:plain

f:id:A---chan:20200512082041j:plain

ある程度乾燥しており、半分干し肉状態なのでこのまま焼いて喰うと旨そうですね…w

f:id:A---chan:20200512082050j:plain

薫製方法

そして、ここからが薫製準備です。

f:id:A---chan:20200512082101j:plain

必要な物は薫製用チップと、薫製に照りを出すためにザラメが必要ですが、我が家の場合はSOTOのさくらチップと、スティックシュガーを使う事が多く、これならキャンプ場への持ち運びも便利です。

f:id:A---chan:20200512082110j:plain

またチップ容器の焦げ付き防止や後処理を考え、ガスで熱する鉄のチップ容器にはアルミホイルを敷いておくと後片付けが便利です。

f:id:A---chan:20200512082122j:plain

そして薫製器内には、吊るしたベーコンからの水分や油を受ける100均のステンレス製バットを入れておけば、ベーコンから油が落ちて引火する事もないのでお勧めです。

f:id:A---chan:20200512082131j:plain

そして、今回は自宅のパティオで、薫製の中でもオーソドックスな温薫で薫製を作りますが、温薫にする場合に特に重要なのが温度調整です。

 

一般的には温薫の場合は30~80℃前後で2~5時間程度燻しますが…

 

我が家の場合は80℃~90℃で約2時間程度燻す事が多いですね!

(これくらいが薫香の付き具合や脂の落ち具合が良いです。)

f:id:A---chan:20200512082148j:plain

出来上がったの自家製ベーコンはこんな感じで、ちょうど良い薫香も付き食欲がそそられます!

f:id:A---chan:20200512082157j:plain

そして、このままでも非常に美味しいのですが、ラップに巻いて半日冷蔵庫で保存すると、薫香が食材に馴染み非常に美味しいので、午前中に薫製を作ると夜には美味しく食べる事が可能ですよ。

キャプテンスタッグ アドバンス折りたたみスモーカー
by カエレバ
キャプテンスタッグ スモーカー用温度計
by カエレバ
SOTO スモークチップ(さくら)
by カエレバ

ここまでが、自家製の薫製ベーコンの作り方ですが、ここまでは割愛しても結構です!

ベーコンのチーズ炙り

ベーコンのチーズ炙りは非常に簡単で、わざわざベーコンを作る必要もなく市販のブロックベーコンや薄切りベーコンを皿の並べ、チーズを万遍なくかけます。

f:id:A---chan:20200512082205j:plain

そのうえで、ガスバーナーでシッカリ炙りチーズがトロけたら、パセリを載せれば完成ですよ。

f:id:A---chan:20200512082212j:plain

厚切りのベーコンを使えば、ちゃんとしたおかずにもなる一品ですし、勿論、お酒のおつまみにも最適ですよ。

f:id:A---chan:20200512082220j:plain

ベーコンとチーズとバーナーが用意できれば、キャンプで誰でも簡単に作る事が可能ですから、是非お試しくださいね~♬

ガストーチ  
by カエレバ

そして、調理後には…

キャンプの際は、ティッシュで簡単に拭き取ってから炊事場で洗っていただいた方が、時短になりますし、そもそも炊事場を汚す事が無くなりますので、是非心掛けていただけば良いかなと思っております。

 

※もしくは食器ペロペロもOKです~ww

 

⇩炊事場などの関連記事です⇩

www.a-chancamp.com

根本的な事ですが、『来たときよりも美しく』を守れるように今後も美味しいキャンプ飯を作っていきたいですね!

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓