無料で最高のキャンプを!大津谷公園キャンプ場【岐阜県】

f:id:A---chan:20200328062905j:plain

10年キャンパーの目線に立って、図々しく全国のキャンプ場を徹底解説していきます!

 

今回は岐阜県の無料キャンプ場で有名な

大津谷公園キャンプ場

の基本情報からです。

  基本情報
標高 127m(平野より気温-0.8℃)
住所 岐阜県揖斐郡池田町宮地
電話 0585-45-3111
受付時間 無し(上記役場連絡先:平日 午前8時30分~午後5時15分)
受付場所 無し
オープン期間 通年営業
サイト数 100~150サイト(見た感じですが…)
料金 無料
IN&OUT 自由(21時以降は静かに)
入浴施設 車で10分
炊事場 3ヵ所
かまど 1ヵ所
トイレ 4ヵ所(障碍者用トイレあり)
その他 直火禁止 ※砂利サイト地面固め
総合評価 ★★★★☆
公式サイト https://www.town.gifu-ikeda.lg.jp/0000000229.html

 

Ⅰ.基本情報

f:id:A---chan:20200327212405j:plain

f:id:A---chan:20200327212342j:plain

大津谷公園キャンプ場は渓谷のせせらぎの中で、春は花見、夏はキャンプやバーベキュー、秋は紅葉散策や自然体験ができ、四季の自然を肌で感じることができる観光スポットです。


渓谷には散策路があり、水遊びを楽しむこともでき、子どもから大人までゆっくりとした時を過ごすことができます。

 

キャンプ場自体が広すぎので簡単にマップ紹介をします。

f:id:A---chan:20200327212636j:plain

まず、大津谷公園キャンプ場は東西を中心道路で分断された東西約600~700mある川沿いにあるキャンプ場で、赤い部分が駐車場エリア緑の部分が芝生サイトエリア茶色が砂利サイトエリアになっています。

f:id:A---chan:20200327213459j:plain

そして、ライフラインを場内マップで説明すると赤丸は炊事棟で、青丸はトイレで、紫丸は橋になります。

 

Ⅱ.設備類

東側サイト(下流側)

東側サイト(下流)には、炊事棟が1カ所あり、直火禁止なので一応かまどもありますね。

f:id:A---chan:20200327214309j:plain

f:id:A---chan:20200327214320j:plain

そして、トイレに関しては2カ所あり、無料キャンプ場でありながら綺麗に清掃されています。

f:id:A---chan:20200327214244j:plain

f:id:A---chan:20200327214541j:plain

f:id:A---chan:20200327214549j:plain

f:id:A---chan:20200327214557j:plain


西側サイト(上流側)

西側サイトの炊事場も、トイレも綺麗に清掃されて気持ちよく利用する事が出来ると思います。

f:id:A---chan:20200327215045j:plain

f:id:A---chan:20200327215101j:plain

f:id:A---chan:20200327215114j:plain

f:id:A---chan:20200327215145j:plain

f:id:A---chan:20200327215159j:plain

f:id:A---chan:20200327215208j:plain

f:id:A---chan:20200327215220j:plain

f:id:A---chan:20200327215230j:plain

ゴミや炭に関しては無料キャンプ場ですから、必ず持ち帰る事を徹底しないといけません!

f:id:A---chan:20200327214645j:plain

ですが、21時以降でも平気でうるさかったり、直火禁止にも関わらず直火後を複数見る事も出来たので、マナーを守れないキャンパーが多いのが無料キャンプ場のデメリットかもしれません。



Ⅲ.アクセス&標高

立地については東海環状自動車道の大垣西ICから車で約20分程で、養老鉄道美濃本郷駅から徒歩でも利用可能な事もありアクセスは比較的良好だと思います。

標高が127mで低く、杭瀬川沿いで東面に開けたキャンプ場なので夏場は多少暑く、快適に利用出来る時期は春の5月上旬~6月下旬と、秋の9月下旬~11月上旬だと思います。

 

また、冬場も利用できる通年営業キャンプ場になっています。

  

Ⅳ.場内ロケーション

東側サイト(下流側)

f:id:A---chan:20200328064357j:plain

f:id:A---chan:20200328064413j:plain

f:id:A---chan:20200328064432j:plain

キャンプ場全体が川沿いに面しているため、どこにテントを張ってもロケーションはそこまで変わりませんが、東側サイトは基本的には全て砂利サイトになっております。

 

ただ、その分地面はカチカチなので、鍛造ペグじゃないと正直ペグダウンが出来ないレベルです。

 

⇩ペグ関連の記事です⇩

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

また、東側サイトはトイレなども比較的近い範囲に2カ所あるので、幼児を連れてのファミリーキャンプなら、東側サイトの方が親の負担は比較的に楽ですよ。

そして、東側サイトの最大の利点は駐車場からの距離が非常に近く歩いて数十秒のところに車を停める事が可能ですから、荷物の多いファミリーキャンプ層にとっては非常に助かります。

 

西側サイト(上流側)

f:id:A---chan:20200328065603j:plain

f:id:A---chan:20200328065618j:plain

f:id:A---chan:20200328065635j:plain

f:id:A---chan:20200328065653j:plain

f:id:A---chan:20200328065712j:plain

f:id:A---chan:20200328065744j:plain

西側サイトの南側に関しては、砂利サイトになっておりこちらも駐車場が近いので、荷物運びが億劫な方にはおススメですが、炊事場&トイレが川を渡った南側にありますので、そこらへんの注意は必要です。

f:id:A---chan:20200328065801j:plain

f:id:A---chan:20200328065815j:plain

f:id:A---chan:20200328065829j:plain

f:id:A---chan:20200328065848j:plain

そして、川遊びをする際にはどこのサイトでも比較的楽しめますので、小さいお子さんを連れてキャンプに行っても退屈はしませんね。

f:id:A---chan:20200328070313j:plain

f:id:A---chan:20200328070330j:plain

f:id:A---chan:20200328070347j:plain

西側サイトでも、川を挟んだ南側サイトに関しては、この大津谷公園キャンプ場で唯一の芝生サイトになっておりますが、駐車場から比較的遠い事がネックです。

 

また、傾斜がありますし、見晴らしの良い上のサイトは段々サイトになっているので、大きいテントを張るのは難しいように感じます。

 

そういう点からすれば、荷物の少ないソロキャンパーにとっては向いているサイトかもしれないですね。

f:id:A---chan:20200328070403j:plain

f:id:A---chan:20200328070431j:plain

そして、夏場は南側に川があるので、日差しを遮る事が出来ない事を考えておく必要がありますよ。

Ⅴ.周辺入浴&観光

池田温泉本館

車で10分ほどの距離に道の駅池田温泉があり、ここは本館と新館で温泉に入る事が出来ますし、大人500円と利用料金も安い上に、シャンプー&コンディショナーやボディソープも設置されているのでお得ですよ。

※ちなみに半額になる身体障碍者割引もあった事に驚きです。

スーパーマーケットバロー池田店

大津谷公園キャンプ場から、川沿いに車で3分下るとあるのがスーパーマーケットバロー池田店です。

このバローにはスーパー&ホームセンター&ドラックストアもありますので、ここだけでキャンプ時に必要な食材や炭といった燃料系の入手も十分可能ですので、設営後に買い出しするのにも便利です。 

霞間ヶ渓

大津谷公園から車で10分のほどの距離に霞間ヶ渓がありますので、お花見や散策をするにはもってこいですね。

そして、高台に位置しますので濃尾平野を見下ろす事が出来て心地よいですし、夜景を眺めるのも最高です。

大垣城

そして、車で20分ほどで行けるのが、西美濃の拠点で、関ヶ原の合戦前に石田三成方の西軍の本拠地になった大垣城がありますので、歴史好きな方にはおススメですね。

関ヶ原古戦場

日本でも最大の東西両軍の合戦地ですが、かつて関ケ原合戦の中でも特に激しく戦いが行われたこの場所には、石碑や、徳川家・石田家の家紋入りの旗が建てられています。

西軍の指揮を執った石田三成が陣を布いた笹尾山です。麓には合戦時に敵からの攻撃を防ぐために設置された馬防柵が復元され、山頂には「石田三成陣跡」の石碑が置かれていますし、関ヶ原全体が戦国時代ファンにはたまらない見所がたくさんありますよ。

 

総合評価

コスパ・・・・・★★★★★

アクセス・・・・★★★★☆

ロケーション・・★★★★★

設備・・・・・・★★★☆☆

周辺状況・・・・★★★★☆

 

無料キャンプ場でありながら、設備が広範囲に整っており、温泉や買い出し、西美濃観光などと全てが整ったキャンプ場ですので、県内外の利用者が多いのが頷ける最高のキャンプ場だと思います。

 

しいて、デメリットを上げるとすれば、無料キャンプ場特有のモラルが低く、ルールを守れないキャンパーが多いのと、繁忙期などは利用者が多くて静かにキャンプを楽しむ事は出来ないでしょうね。

 

以上で、大津谷公園キャンプ場の評価を終了しますが、あくまでも個人的な主観で評価しておりますので、記事の訂正などについてのご意見はご容赦いただけますようお願い申し上げます。

 

※記事の内容については投稿時の状況ですので、実際利用される際には再度、各自で確認されますようお願い致します。

 

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になれば幸いです~♬

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓