格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国の無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

焚き火に強いタープを考えてみた!ポリコットン製タープ8選!

10月の中旬を過ぎるとさすがに朝晩の冷え込みが厳しいですよね・・・

 

地元でも、朝の冷え込みが10℃を下回る事も出てくる中、今年初めてのソロキャンに行ってきましたが、やはり夜間と朝の焚き火っていいもんですね。

 

温かいし何より火を見ていると不思議と落ち着くので・・・

 

ただ!

 

温かいのですが、基本は火🔥なので、勿論焚き火をしていたりすると、含水率が高い木材を使うと爆ぜたり、強風が吹くと火の粉が舞ったりとして、ビックリする事が多々あります。

 

そんな中、気をつけないといけないのが、その火の粉からのテントやタープへの燃え広がりで、ポリエステル生地のタープやテントって火の粉がかかるだけで溶けて穴が簡単に開いちゃうんです・・・

 

エエッ!?そうなの?

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

なので、先日の写真ですが・・・ 

f:id:A---chan:20191018095838j:plain

焚き火台はテントから離して置いていますし、実際使う際は更にキャノピーの軒先から2mくらい離して焚き火を楽しみました。

 

※嫁さん&三男はデイキャンプで、15時頃には帰宅でその後はソロキャンに~♬ 

 

ソロキャンと言いつつ、テントはスノピのヴォールトですが、タープは現在スノーピークにて修理中です。

 

⇩その修理記事です⇩ 

www.a-chancamp.com

 

そして、夜になって一人で焚き火を楽しむわけですが・・・

f:id:A---chan:20191018101015j:plain

テントから離れているし、タープ(屋根)もなくて遮るものが無い為、寒くて焚き火しているのに風が吹くと正直寒い訳ですよ・・・w

 

( ノД`)シクシク…

 

ただ、今回は天気予報を見て来ているので、雨が降らなくてOKでしたが、正直雨が降ると焚き火が出来ない訳で、その場合はテント中で寝袋に入ってイモムシに成らざるをえないわけなんです~ww

 

という事で・・
 

炎(焚き火)に強いタープが欲しい!

 

となる訳なんですが、そもそも通常のタープってそんなに焚き火に弱いのでしょうか?

 

そもそも・・・

タープの素材はどういったものがあるの?

 

① ポリエステル

 

最もスタンダードな素材で、キャンプ用のテントやタープであれば、現在販売されている9割以上のテントがポリエステルだと思ってもいいかもしれません。


理由としてはコストパフォーマンスや軽量性、強度などのバランスに優れており、テント類の素材の中では最も吸水性が低いですし、濡れた際にも重さがあまり変わらないのが良い点です。

 

耐火性能として255℃から260℃で溶解するので、火の粉ですぐに穴があくモロさはあると思います。

 

 

②ナイロン

 

ナイロンってよく聞く素材ですが、もともとは女性のストッキング用として使われたのが始まりで、石炭と水と空気から作られ、鋼鉄よりも強く、クモの糸より細い、というのが当時のキャッチフレーズだったんです。

 

また、ポリエステルよりも軽いため、軽量が必要な登山用途のテントによく使われていますが、ポリエステルと比べるとコストは上がります。

 

耐火性能は溶融点が215℃から220℃一番低いので火には弱いですね。

 

 

③コットン(綿)

 

衣類などで良く使われていますし、身の回りに多い素材で科学繊維にはないナチュラルな風合いがあり、空気が通る隙間があるため結露しにくいこと、燃えにくいことなどがメリットですね。


また綿は水分を含むことで膨張することにより、生地の密度が上がって雨を防ぐ仕組みになっていますが、強い雨が長時間降ると生地がためこむ量に限界がきて雨漏りに繋がりますが、通常の雨であれば大丈夫なことが多いです。


それよりも注意すべき点は、濡れると非常に重くなることと、早く乾燥させないとカビやすいことです。

 

ちなみに耐火性能は溶解はせずに235℃で分解し約275℃~456℃で燃焼する性質なので、火の粉がかかったくらいですぐに溶けて穴が空く心配はないですね。

 

 

④T/C(ポリコットン)

 

ポリエステルとコットンを混ぜた素材で、ポリコットンやテクニカルコットンとも呼ばれ、ポリエステル65%~70%のものが多く使用されており、コットンのメリットを保ったまま、軽量で扱いやすくした生地の為、化学繊維とコットンの良いとこ取りした素材です。


また、日本のような雨が多い地域にはコットンよりもこのT/Cの方が向いていると言えますが、濡れると重くなることと、早く乾燥させないとカビが生える事はコットンと一緒です。 

 

耐火性能に関しても、コットン100%素材の方が強いかもしれませんが、ポリエステルやナイロンとは違ってすぐに溶けないので、ポリコットンは十分火にも強い性質であると考えてよいと思います。

 

以上の事から・・

 

焚き火に関しては、火の粉で溶けやすい化学繊維や、耐水性に難があってカビやすいコットンではなく、両方の良さを両立できるポリコットン生地のタープが最適という事になりますね。

 

※雨が降らないならコットン100%でも良いのですが・・・

  

そのうえで、このポリコットン生地のタープがどんなものがあるかをご紹介します。

 

f:id:A---chan:20191018172638j:plain

 

DODからはポリコットン生地のタープが多く販売されています。 

 

 

by カエレバ

 

ポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡生地)を使用した5×5mの超大型タープテントで、全16ヶ所にポールとロープを付ける事のできる正方形形状のため状況に応じて自由自在に張る事ができます。

 


タープテント単体で使う事は勿論カマボコテント、カマボコテント2等の大型テントに接続して使うのもおすすめですね。 

 

by カエレバ

張り方自由自在のポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡生地)を使用した5.1×5.1mの超大型タープテントです。

 

8ヶ所の全ての角にポールとグロメットを付ける事ができるため状況に応じて自由自在に張る事ができ、流線型で風を受け流しロープを張る場所もヘキサタープより多いオクタゴン型のため大型タープテントながら耐風性に優れています

 

 

by カエレバ

 

そして、ファスナー連結でサイズや色を自由に組み合わせられるポリコットンタープだと、このムゲンタープです。

 

1枚ならソロキャンプ、2枚でファミリーにちょうど良いサイズに、3枚あればみんなでワイワイできる宴会スペースがつくれますし、何よりもポリコットンでありながら格安リーズナブルなのが嬉しいですし、カラーバリエーションもいくつかありますので、自分の好みにあった色合いでお洒落キャンプを始められます。

 

 

 

FIELDOOR製のヘキサタープ T/C ポリコットン 440x470cm Mサイズもファミリーキャンプにオススメです。 

 

by カエレバ

 

このT/C生地とはポリエステル糸とコットン(綿)糸を混紡した生地であり 遮光性、難燃性、耐久性に優れていますよ。

 

また、Mサイズの他にSサイズやLサイズもありますので使用人数を確認上、サイズを決める事が出来るのは嬉しいです。

 

 

 

ビジョンピークスのタープでオススメなのが、ファイアプレイスTCヘキサタープ2です。

 

by カエレバ

アウトドア販売メーカーの「ヒマラヤ」のオリジナルブランドが「ピジョンピークス」です。

 

こちらのポリコットンタープは「ファイアプレイス」と呼ばれるラインナップシリーズの人気作で、特に魅力的なポイントは「コストパフォーマンスの高さ」ですね。

 

 

 

また、ドイツ製のタトンカのポリコットンタープならTarp2TCコクーン(Cocoon)もオススメです。

 

by カエレバ

タトンカは長い歴史を誇るキャンプ用品専門メーカーで高品質で安全なタープやテントの開発を長年追求しており、使いやすくてオシャレなキャンプの必需品です。

 

またポリコットン系の生地で屋外での時間を快適に過ごせ、丈夫で高品質な生地を使用し遮光性が高く、防水加工で日差しや雨から守ってくれながら、焚火等の熱にも強い素材になっています。

 

 

そして、海外のポリコットンテント&タープといったらノルディスク製のタープカーリダイヤモンド10ですね。 

 

by カエレバ

 

ハイセンスなキャンパー憧れの北欧発アウトドアブランドNordisk(ノルディスク)デンマークで創業したノルディスクは100年以上の歴史と誇り高い伝統、革新的なデザイン、最先端機能素材の使用と「限界への挑戦」を理念に掲げて商品開発を行っています。

 

ノスタルジックな印象の可愛いシロクママークとレトロな雰囲気は、流行に敏感なキャンパーに好評ですね。

 

 

また、アウトドアメーカーのナチュラムでしか購入できないTENT FACTORY(テントファクトリー) のヘキサゴンタープTC470(ポリコットン) もオススメです。

 

by カエレバ

コットン混紡素材だけあって風合いはバッチリで近年人気のナチュラルカラーやアースカラーにもマッチするカラーリングなので、使って頂きやすいモデルになっています。

 

そして、テントファクトリーとナチュラムで共同開発したナチュラムでしか買えないTCタープで価格も格安リーズナブルなのが助かります。 

 

 

それでは、今回は焚き火にも強くて、メンテナンス性もあるポリコットン製タープをご紹介しました。 

 

 

毎回、不思議に思ったり、気になった事を記事として書くのにあたって、調べれば調べるほど、コレいいなっと思ってしまいますが、購入される際は所有しているキャンプギアも考えて計画的に購入下さいね~♬

 

 

それでは、皆さんの

キャンプライフの参考に 

なれば幸いです~♬

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓