格安に涼しく快適BBQは最高!奥飛騨温泉郷オートキャンプ場(岐阜県)

2017年の7月久々に会社内で、バーベキューの話しが盛り上がりました…

 

以前から、たびたび社内の同僚などとは夏場にBBQをしたりしている職場なので

今回もやろう!!…っと

 

でも、毎年やる時期は梅雨明けで盆前の7月下旬~8月上旬で我が家のキャンプをする時期に重なるのが残念なんです。

格安に涼しく快適BBQは最高!

なので今回は、我が家のキャンプと会社のBBQを一緒にする計画です。

 

ですが、場所をどこにするかですよね。

 

社内のメンバーは富山だけではなく、石川県のメンバーもいますので、立地が重要な事に…

 

また、夏場のキャンプですから、暑くないところを考えないといけませんよね!

 

今年もいつもと一緒で暑いという事で…

今回の3つの条件

  1. 富山と石川県から好アクセス
  2. 夏なので涼しいところ
  3. 子供も楽しめる事

以上の3点です!!

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場 

そして、決定したのは奥飛騨温泉郷オートキャンプ場です。

富山からだと約1時間弱、石川からでも2時間弱の好立地に加え、標高も750mとそこそこあり涼しく上宝の道の駅に併設されているキャンプ場です。

 

また、場所も分かり易いうえ場内には子供用プールもありますし、近くには高原川が流れています。

 

自分も存在も知っており評判のキャンプ場なので行ってみたかったんですよw

 

という事で、7月下旬の天気の良い日に、我が家は設営もあるので皆な集合する2時間前に到着できるよう早目に出発です!!

f:id:A---chan:20200620155044j:plain
f:id:A---chan:20200620155051j:plain

富山からだと、国道41号線で神岡に向かい、そこから平湯方面へ90分ほど奥飛騨温泉郷オートキャンプ場に到着です。 

f:id:A---chan:20190701120301j:plain

私たちのサイトは、サイトⅡの24、25番です。

 

エエッ!!?

 

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

2区画も・・?と思われるかもしれませんが…

 

メンバーと新装備

今日のメンバーは我が家5人(長男は部活で不参加)

富山から1人、石川から4人の合計10人ですので、1区画にテント&タープを張り

ワンタッチタープ

もう一区画に、新装備のワンタッチタープ!

by カエレバ

実は前々から、欲しかったんですよね。

 

サイズも3m×3mなので結構余裕がありますしデイキャンプや、レジャー、お花見などにも使えますので、しかも価格も当時は送料込みで6,000~7,000円で安かったので…

 

それと、今回はもうひとつ新装備が!!

キャプテンスタッグ薫製器
by カエレバ

実は、今までも燻製を作ってはいましたが、あくまでも簡易的にダッチオーブンを使用した燻製でした。

キャプテンスタッグ スモーカー温度計

それに合わせて購入したのが、薫製は温度調節が最重要なので温度計と桜チップですね。

by カエレバ
新富士バーナー スモークチップ(さくら)

by カエレバ

また、ユニフレーム製と悩みましたが、容量の多いこちらを購入!

ユニフレーム インスタントスモーカー 

ユニフレームのインスタントスモーカーカッコ良いんですけど、小さくて本当にインスタントというサイズなんです。

by カエレバ

しかし、最近調べたら大きいサイズのロング出てるんじゃん…

 

( ノД`)シクシク…

ユニフレーム インスタントスモーカー ロング  
by カエレバ

今から、薫製器を買おうとしてる人は👆オススメですよ。

 

そして、新装備の話しは置いといて設営をせっせと進めますよ~♬

 

チェックイン自体は管理ゲートで9時にして、設営完了が10時頃、その頃ようやく同僚たちが到着です❕

驚きの高規格キャンプ場

そして、改めてキャンプ場内を探検する事に…

 

すると…!

 

なんということでしょう…

 

Σ(;゚Д゚)!

 

エエッ!!! 

 

※ビフォーアフター風に~w

 

実はこの奥飛騨温泉郷オートキャンプ場は、所謂、高規格キャンプ場で各サイトに回収用の分別ゴミBOXが設置されており、定期的にゴミ回収をしにきてくれます。

 

そして、なんと炊事場はシングルレバー水栓でお湯まで普通に出るし、トイレに至ってもチョー綺麗でウォシュレット付きなんです。

 

さすがに、ここまでだと家と設備変わんないじゃん!

 

場内の芝なども奇麗に管理されており、職員(地元の爺ちゃん、婆ちゃん達かな?)が複数名で手入れしており、初心者には非常にオススメですね。

 

しかも、道の駅と一体になっているので、普通に食堂や売店もあるので、食材無くてもキャンプできますよw

BBQ開始

そして、いよいよBBQスタートですが、毎回ながら調理中の写真がなく13時頃にはお腹いっぱいに!

 

昼からは、チャッチャと片付けをして、キャンプ場内の水遊び場(プール)に~♪

f:id:A---chan:20200620161118j:plain
f:id:A---chan:20200620161127j:plain

そして、水遊びやBBQで遊んだ後は、無料の露天風呂までキャンプ場内にありキャンプ場の心配りに感服です~♬

 

そして、時間はそろそろ15時頃です。

 

我が家メンバー以外の、同僚達は帰路につき我が家は、地元スーパーへ買い出しに、実はスーパーと言いますが小さなJAのストアで車で10分の距離です。

JAひだ奥ひだ支店Aコープ

折角だし、その場でアイスを購入し、キャンプ場でカレーを作りながらアイスを食べて、夕食後は以前にいった温泉へ

 

さて、何処の温泉にいったかと言えば…

 

懐かしい、そして忘れもしない…

 

キャンプデビューを平湯野営場でした時の悪夢を・・ww

 

⇩平湯キャンプ場の記事です⇩

www.a-chancamp.com

ひらゆの森

そして、その時も利用したひらゆの森の温泉施設です。

f:id:A---chan:20190616113547p:plain

ここの温泉のよいところは、露天風呂が10か所以上あるところで、子供達も楽しみながら入れるうえに、入浴料が格安なんですよ。

 

なので、奥飛騨でキャンプされる際は絶対にここで温泉に入る事をおススメします。

 

その後は、キャンプ場に戻って皆で就寝で今日は終了です。

翌朝(2日目)

ここの奥飛騨温泉郷オートキャンプ場は、さすが高規格のキャンプ場として、さすがですが、人気も、お値段も流石です~w

 

チャックアウトも11時なので早目にご飯を食べて早々に撤収し、10時頃にはチャックアウトを済ませます。

双六渓谷

f:id:A---chan:20200620164322j:plain

しかし、時間は午前10時で子供達はまだまだ遊びたい様子の為、帰り道の双六渓谷で川遊びです~♪

 

キャンプ場から、双六渓谷までは車で約10分くらいで、以前は、この双六渓谷テント村というキャンプ場があったんです。

f:id:A---chan:20200620164258j:plain

 

かなり前にはなりますが、ここでBBQをして経験もあるのですが、今はもうキャンプ場自体がなくなっています。

 

後継者不足なのか非常に残念ですね…

 

そして、到着して子供達は早速川へ~♪

 

自分達は、クーラーボックスや必要なものを持って河原へ下りますが、さすがに夏の炎天下で暑いですね。

 

自分も水着に着替えて子供と川で遊ぶ事に…

 

その時、ふと川の対岸をみると、こちらは日向なのに対して対岸は日陰で涼しそう!

 

水着を持ってきていない嫁さんは一人で暑い中、日傘をさして河原で待っています。

 

ちょっと可哀想だな…と思った時

 

閃きました~!!

 

(∩´∀`)∩

 

川の深さを測ると腰より下な感じなので、オンブして対岸に連れていってあげようと…

 

嫁さんにそのことを話したら不安そうです。

 

ですが、暑さに勝てずオンブする事に…

双六側渡河作戦 

実際おんぶして、渓流の河を渡る訳ですが

 

私の両手はオンブで妻を持っており、あくまでも両足裏で、藻の付着した滑りそうな岩や石を踏みしめながら慎重に対岸を目指します!

 

エッサ!ホイサ!~w

 

エッサ!ホイサ!~ww

 

そのとき、事件がw!!

 

私が岩についた藻で足を滑らせ転びます!!

 

バシャバシャ!

 

バシャーン!!

 

まるでドリフのコントのように…w 

 

そして、ずぶ濡れになった…

 

<(`^´)>

 

嫁さんはカンカンです!!

 

しかも、怒っているのも束の間、より酷い状況に

 

何かと言うと…

 

その時、嫁さんは黒いレギンスを履いており、その影響かは分かりませんが嫁さんの下半身に大量のブヨが群がってきます!!!

 

ブ~ン!

f:id:A---chan:20190701172837p:plain

ギャーーー!!!

!!!Σ(゚Д゚)

 

そういう事で、嫁さんは車の中で着替える事になるのですが、その後、嫁さんからかなりお叱りを受けて早目の帰路につき今回は終了ですw

 

今回の格安キャンプ費用

2017.7.28~29

キャンプ場入場料:大人500円×2 小人300円×2 未就学児無料、

アーリーチェックイン料金1,500円、ゴミ協力金300円、サイト料金4,000円 

キャンプ場合計金額:7,400円

入浴料:大人500円×2、小人400円×3=2,200円 

別途食費:3,000円

総費用:12,600円

 

高規格キャンプ場だから高めだけど、旅館に泊まるよりは安いですね。

 

キャンプはコスパ最高! 

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓