格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国の無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

キャンプの夜は明るいのが一番!燃費の良いCB缶が使えるガスランタン3選!

初心者キャンパーや防災用に、まず手に入れるランタンといえば・・・

 

基本的には扱いやすいLEDランタンですよね!

 

※それ以外を購入された方は素晴らしい~♬

 

かくいう我が家も同じくLEDランタンスタート(2台持ち)でキャンプをスタートして、早いもので9年になります。

 

ただ、最近良く思うのは夜にLEDランタンをつけても、そんなに明るくないというか・・・

 

暗いんです・・・ww

 

( ノД`)シクシク…

 

 

というのは、色々なキャンプ場にいって他の燃料系ランタンのサイトを見ると非常に明るくて、ガソリンランタンやガスランタンに比べれば、LEDランタンは暗いという事なんです。

 

まあ、普通にLEDランタンを使用する分にはメリットも多いんですがね。 

 

例えば・・・

 

①電池を入れるだけで誰でも気軽に使える!

②ランタン自体が熱くならない!

③換気不足なテント内でも使える!

④燃料が電池なのでどこでも入手可能!

⑤LEDという事で省エネ性が高い!

 

良い事だらけじゃん!と思いますが、他の燃料系に比べると光量は確かに弱めで、もちろん、光量が高いLEDランタンもありますが、それでも燃料系のランタンの方が明るいんですね。

f:id:A---chan:20191025142921j:plain

そもそも、不便なキャンプに行っているんだから、少しくらい暗くても良いんじゃないと言われる方も多いかと思いますし・・・

 

夏がメインのファミリーキャンプなら、19時でも全然明るいし21時に就寝なら夕食後の2時間くらい薄暗くても、非日常的に感じられて問題はないかもしれません。

 

 

そして我が家も、全くの一緒の考え方でしたのでLEDランタンで特に問題なかった訳なんです!!

 

しかし・・!! 

 

ファミリーキャンプが減ってきて、夏以外のキャンプ回数が増えてくると、この暗さが問題になってくる訳なんです。

 

キャンプでの暗さのデメリット

 

①夏以外は夕方から暗く、暗い時間が長い!

②BBQ時に肉の焼け具合が分かりにくい!

③暗いため、本を読む際の字が見えにくい!

④テント廻りの障害物に気付きにくい!

 

そうなんです!暗い時間が長い分、食事の際に不便だったり、日常色々と不都合が出やすくなってしまうんですよ。

 

そう思うと、より明るさが欲しいと思っちゃうんですね~♬

 

ただし・・・

 

燃料系のランタンと言っても、ガソリン系(灯油系)とガス系のランタンがある訳で、一般的にガソリン系のランタンの方が外気温に左右されずに明るいと評判なんですが、当然ながらガソリン系だと、ランタンの為だけにホワイトガソリンを購入する必要が出てくるので正直コスパは悪いです。

 

そして、我が家のコンロはCB(カセットボンベ)缶を使ったガス系なので、ガス系ランタンといっても、OD(アウトドアガス)缶ではなく、CB缶ランタンを考えてみます!

 

※冬キャンプとはいっても、氷点下にあるような極寒キャンプ地ではキャンプをしないので・・・w

 

そして・・・

 

CB缶が使えるガスランタンと言えば、ユニフレーム製のフォールディングガスランタンのUL-Xです。

 

by カエレバ

カセットボンベという手軽な燃料を用い、低燃費と高照度を両立させる事が可能で、一台でサイト全体を照らせる240Wの照度と低燃費を両立させたカセットボンベ式ランタンです。

f:id:A---chan:20191025143151j:plain

また、ユニフレームUL-Xの良い点は、ツインバーナーと一緒でパワーブースター搭載しており、燃焼部分(発光体)の熱をガスカートリッジに伝える機構になっているため、ガスカートリッジを温めることにより液化ガスの気化を促進させ出力ダウンを防止できるのが魅力です。

 

 

また、CB缶が使用できるガスランタンとしてはSOTO製のST-233もオススメです。 

by カエレバ

 

夏場にテントサイトを明るくすると、どうしても起こりがちな虫問題がありますが虫の寄りにくいランタンST-233は3つの効果で虫対策も万全です。

f:id:A---chan:20191025145210j:plain


そして、パワーブースターも標準装備でドロップダウンを防ぎ、安定した光量が得られますし、コチラのケースセットでユニフレームのガスランタンとほぼ同じ値段なので、お得感はありますが、若干燃費が悪いとの事も・・・

 

 

そして、同じくSOTO製のフォールディングランタンのST-213です。

by カエレバ

先ほど紹介したST-233のノーマル版ですが、極寒キャンプをされないならコチラのST-213でもスペック的には十分で、ST-233よりは燃費性能は良さげですね。  

f:id:A---chan:20191025150813j:plain

 

でも、こうやって調べてみると、案外CB缶が使えるガスランタン自体が少なくてビックリします・・・

 

これだけしかないの・・?

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

だって、LEDランタンならピンキリで探せばかなりの数はありますからね。

 

それだけ、ニーズが少ない分商品も少ないし、もっと明るさを欲しいと思えばより手間暇かかる、ホワイトガソリンや灯油系ランタンを選ぶでしょうから、そういう意味ではCB缶が使えるガスランタンは初心者でも比較的にオススメかもしれませんね。

 

それと、最後に

燃料系ランタンがおススメなキャンパーとは・・・

 

①夏以外のキャンプが多い!

②高規格キャンプ場を利用しない!

③夕飯に肉を焼きたい!

④夜長を楽しみたい!

 

①~④に該当するキャンパーにはやっぱり燃料系ランタンが良さげですよね~♬

 

 

それでは、皆さんの

キャンプライフの参考に 

なれば幸いです~♬

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓