格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国で格安キャンプなどの低コストアウトドアを面白可笑しく展開してます!

LEDランタンは暗すぎ!燃料でこんなに明るさが違うとは!?

夏休みにファミリーキャンプを始めた我が家ですが、早いもので、キャンプ歴は10年以上になります。

 

そして、我が家の子供達4人もそれぞれ成長し、中々家族総出でのキャンプには行けなくなってくると淋しいもんですね。

LEDランタンは暗すぎ!

今後、我が家は一番下の三男と嫁さん三人でのキャンプもしくは、自分一人でのソロキャンも増えてきそうですね。

 

そして、昔は夏しかキャンプをしていなかったので、夜の暗さのはそこまで気になった事がありませんでした。

 

何故か…?

 

我が家のキャンプは夏場がメインだったからです。

 

夏場は20頃まで十分明るく、それまでに夕食を済ませてしまう事が多く、その後は近くの温泉に入りに行き、キャンプ場に戻って21時頃には就寝するのがルーティンになっていました。

 

そのためランタンは使いますが使用時間は短く、炊事場やトイレの行き来や、子供を寝かした後にお酒を飲むくらいなので、ランタンの明るさの必要性が感じなかったんです。

f:id:A---chan:20191027092135j:plain

秋キャンプの問題点 

そうした中、近年の子供の成長以降に夏以外の時期にキャンプを始めると、改めてランタンの明るさの重要性を感じるようになりました。

 

例えば…

 

晩秋以降は17時頃から暗くなり、そこから夕食の準備をするとランランの照度が低いと手元が暗く調理しにくく、肉の焼き加減の色が分かりにくいといった食品衛生上の問題が出てきます。

 

また、ソロキャンプだと夕食を食べる時間も短くなり、夜の時間が長くなってしまいますので、何をするにも明るい照明が欲しくなってくるんですよね。

燃料でこんなに明るさが違うとは!?

そこで、今回はランタンの光量や照度について、ガス、ガソリン、LEDなどの種類によってどれくらい明るさが違うのかを考えてみたいと思います。

照度とは 

ちなみに光の強さを表す値(単位)っていくつあると思いますか?

 

自分の仕事柄良く使うのですが…

 

一般的なのは従来の電球や蛍光灯でも使われていた消費電力量を表すw【ワット】ではないでしょうか?

 

これは、消費電力量=明るさの目安として表示されていましたので、皆さんもなじみはあると思います。

 

ですが、近年消費電力の低いLED電球やLED対応の照明器具では、w【ワット】では対応できずに、明るさを表す単位として【カンデラ】【ルーメン】【ルクス】を用いる事が増えています。

 

エエッ!!?

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

はじめて聞くんですけど…w

 

という方にご説明しますと

カンデラ

国際単位系(SI)における【光度】の単位の事で、光度とは光源から特定の方向へ照射される光の強さの事です。

 

カンデラとはラテン語でろうそくを意味する言葉で、英語のキャンドルと同じ語源の言葉で、1cdは一般的なろうそく1本の明るさとほぼ同じとなっています。

ルーメン

国際単位系(SI)における【光束】の単位です。光束とは、ある面を通過する光の明るさを表す物理量の事で、これを表す単位がルーメン(lm)になります。

 

そもそも、従来の電球や蛍光灯の明るさの目安は電力量W【ワット】で表示されていましたが、LED照明では電球や蛍光灯に比べて、同じ明るさを実現するためのワット数がとても小さくなりますので、混乱を避けるために表示されるようになったのがルーメンです 

ルクス

国際単位系(SI)における【照度】の単位です。物体の表面を照らす光の明るさを表す物理量の事で、これを表す単位がルクス(lux)になります。

 

ルーメンが照明器具自体の明るさを示しすものであるのに対して、ルクスは照らされた面の明るさを示すものですので、空間の用途や作業内容に応じて推奨照度が定められており、例えば事務室であれば750ルクス以上の照度が推奨されていたりします。

 

そして、問題なのはこの3つの単位を総合して、必要な明るさを考える必要があるって事です。

 

Σ(;゚Д゚)!

 

難しすぎる…!

 

当然ながら、毎日使う住宅などでは細かく設定する必要性がありますが、非日常のキャンプ生活では、ここまで細かく総合的に考える必要性はありません。

 

ですが、上記の単位のように小さい値(単位)よりも、大きい値(単位)の方が明るいという事は分かっていただけめしたよね?

燃料別のランタンの明るさ 

そこで、タイトルの通り燃料別のランタンの明るさを考えてみたいと思いますが、ある程度単位の統一をして考える必要があるわけなんですね。

 

一応、(社)日本電球工業会の「電球形LEDランプ性能表示等のガイドライン」では、30W相当は325ルーメン以上と表示されており、100W相当は1520ルーメン以上で、200W相当は3330ルーメン以上との情報をベースに考えていきます。

 

※単純にwとルーメンのは比例していないから面倒なんですけど…

コールマン ノーススターLPガスランタン 

まずガスランタンで明るいと評判なのが、ランタンマークで有名なコールマンのノーススターLPランタンです。 

by カエレバ

カタログスペックは200w相当とされていますので、3,330ルーメンくらいですね。

 

以前の記事で紹介したCB缶ガスランタンも高性能なCB缶を使えば同じく210~230w相当でしたので、OD缶をじゃなくても明るさを保つことは出来そうです。

 

⇩そのときの記事です⇩

www.a-chancamp.com

コールマン ノーススター2000ランタン 

そして、ガソリンランタンで明るいと言われるのが、同じくコールマンのノーススター2000ランタンです。 

by カエレバ

カタログスペックは230w相当とされていますので、3,700~3,800ルーメンくらいなのが推測出来ます。

ジェントス LEDランタンEX-1000C

そして、LEDランタンで明るいと評判なのはジェントスのLEDランタンEX-1000Cです。 

by カエレバ

ただ、明るさについては1,000ルーメンなので逆算すると約70wです。

 

エエッ!?

 

70w???

 

Σ(;゚Д゚)

 

思った以上にw数に直すと意外とLEDランタンは低いんです。

ロゴス パワーストックランタン2000 

もっと、明るいLEDランタンないのか探すとありましたよ。 ロゴスのパワーストックランタン2000です。

by カエレバ

気になる明るさはLEDランタンでは驚異の1,200ルーメン!!約80w相当です!!

 

エエッ!!?

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

ガスやガソリンランランの半分以下の照度しかない…w

ジェントス LEDランタンExplorerシリーズEX-V777

これがLEDランタンが暗いと言われる理由で、ちなみに我が家で長年使用してきたメインランタンは、ジェントスLEDランタンExplorerシリーズEX-V777です。 

by カエレバ

そして、最高出力は360ルーメンで、ガスやガソリンの1/10の明るさしかありません。

 

こうやって計算してみると、このLEDランタンをメインランタンにもう少し小さいランタンの2個を使っていましたが、燃料系ランタンと比較すると暗い訳ですね。

 

先日行ったキャンプ用品店の店長さんはLEDランタンなんて、ガスやガソリンから比べれば鼻糞みたいなもんや!と言われた事を、調べてみて実感しましたよ…w

 

⇩自分が良く行くアウトドアショップです⇩

www.a-chancamp.com

ですから、以前からガスやガソリンランタンを使用している方々のサイトは眩しいくらいに明るく輝いて見えたんだと思いました。

まとめ【燃料でこんなに明るさが違うとは!?】

ですが、普通にLEDランタンを使用する分にはメリットも多いんですがね。 

 

例えば…

  1. 電池を入れるだけで誰でも気軽に使える!
  2. ランタン自体が熱くならない!
  3. 換気不足なテント内でも使える!
  4. 燃料が電池なのでどこでも入手可能!
  5. LEDという事で省エネ性が高い!

実際、省エネ性という点では8~9年前の電池で現在も普通にLEDランタンを使用していること自体驚異的ではありますが…

 

明るさでは、ガス&ガソリンには勝てないという事が良く分かりました。

 

燃料系ランタンを導入するだけでテントサイトが明るくなりますので、キャンプの際に明るくしたいとお考えなら、是非ガスランタンやガソリンランタンを検討してみても良いと思いますよ。

 

また、最近ではLEDランタンでも高出力で明るい物もありますが、バッテリーが3時間しか持たないので、モバイルバッテリーとセットで使うのも良いかもしれないですね。

 

⇩USB充電式の高出力ランタンです⇩

www.a-chancamp.com

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓