格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国で格安キャンプなどの低コストアウトドアを面白可笑しく展開してます!

夏は絶対に山キャンプがおススメ!ファミリーキャンプでも最適な3つの理由!

f:id:A---chan:20200510080350j:plain

今年の梅雨入りは早く、暑い日も増えてきましたね。

 

ただ、雨の日のキャンプは控えるキャンパーも多く、今後キャンパーが楽しみなのが夏キャンプですよね!

 

特に、お子さんがいるファミリーキャンパーからすると、お子さんの夏休みは長期キャンプをするにはうってつけです。

夏は絶対に山キャンプがおススメ!

我が家はキャンプの際に、海キャンプ派?山キャンプ派?と聞かれたら『両方』と言うズルい事をいいますが…

 

これだと答えになっていないので…

 

暑い夏場に限定しますと、絶対に山キャンプ派です!

f:id:A---chan:20210527102645j:plain

昔からサービス業で平日休みの自分は、ファミリーキャンプの場合、子供達と休みが合うのが夏休みなどの長期休暇になります。

 

特に、キャンプデビューしたのが夏だったので、夏=キャンプの季節という時期が長くありました。

 

⇩夏キャンプのおススメ記事です⇩

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

ファミリーキャンプでも最適な3つの理由!

今では、一年中キャンプ三昧ですが、夏キャンプの最大の敵は暑さを解決するために、夏は山キャンプなんです。

山キャンプのメリット

そして、夏場の山キャンプにはファミリーキャンプでもメリットが沢山あるんです。

山キャンプは涼しい!

f:id:A---chan:20210603082000j:plain

標高100m上がると外気温がマイナス0.6℃下がり、1000mだとマイナス6℃も下がるのが有名で、風も風速1mだと体感温度が1℃下がります。

 

そのため、標高の高い山キャンプなら、避暑地と一緒で夏の暑い時期でも涼しく過ごせる環境になっているんです。

 

また、子供は汗を多くかきやすく、地熱輻射熱を受けやすく熱中症になりやすいですが、樹木や高木が多い山の林間キャンプ場だと体の負担も少ないですよ。

山は水のアクティビティが豊富! 

f:id:A---chan:20210603081922j:plain

山の場合は、川遊び&湖水浴などの水のアクティビティが豊富ですし、標高が高い位置にある湖や川の水も冷たく、夏の暑い時期の水遊びは最高です。

 

また、海の場合は海水がベトついたり、砂浜は紫外線も強いので案外快適に水遊びをするのは困難です。

 

そして、我が家の子供は皮膚が弱く海水よりは、奇麗な水で遊ばせるために夏は湖水浴が出来るキャンプ場を良く利用します。

山は自然の観光地が豊富!

f:id:A---chan:20210603081841j:plain地元の北陸富山は海も山もありますが、夏のキャンプに良く行くのは岐阜、長野、山梨といった、都市自体が標高が高いエリアです。

  

特に長野県は標高が700~800mほどある地域が多く、自然の観光地が豊富ですから、キャンプをしながら観光に事欠かないのが有難いですね。

 

また、標高2,000m付近まで無料でいける、美ヶ原ビーナスラインなどは涼しいうえに子供とも気軽にトレッキングもできますよ。 

山キャンプのデメリット

山キャンプは夏キャンプに最適ではありますが、デメリットもありますので、それぞれに対策をしてキャンプを望むのが重要です。

海に比べて虫が多い!

山キャンプで一番気を付けないといけないのが虫です。

 

特に、標高が高く涼しく水の奇麗なところには、虻やブヨといった危険な虫が多く主に下半身を狙ってきます。

 

しかし、最近では虫よけの線香や、スプレーの他にも対策グッズも豊富に販売され、虫が寄ってこない服やズボンも販売されているので、対策は可能です。

アクセスが悪い! 

アクセスは都市部や中心部から近い海より悪い事が多く、入浴&買い出しなどに苦労する事が多いです。

 

また、場所によっては携帯電波が悪かったり、そもそも圏外の山のキャンプ場もあります。

 

しかし、全ての山キャンプ場がこうではなく、利便性の良いキャンプ場もあったり、携帯の電波状態が悪い地域は、wifi完備のキャンプ場もあるので、事前に下調べをする事で問題を解決できますよ。

山の天気は変わりやすい!

標高が高い山の天候は変わりやすく、いきなりゲリラ豪雨になることもあるので注意は必要です。

 

特に夏場は夕立の可能性も高いので、日除け対策としてタープを利用する事で急な雨にも対応できるようにしておく事が重要です。

 

そのため、夏のキャンプは急な天候悪化に備えた準備をしておく事で、問題なく快適にキャンプを楽しめますよ。

海キャンプはどうなの?

f:id:A---chan:20210603081759j:plain

それでは、最初の海キャンプ派?山キャンプ派?について、両方と答えていましたが、海キャンプはどうなのでしょう。

海キャンプのメリット

個人的には暑くない10月~5月の期間なら、海キャンプもメリットがたくさんありますよ。

無料で釣りが出来る!

キャンプと一緒に楽しめるアクティビティとして、小さい子供から女性までが楽しめるのは釣りです。

 

有料の遊漁券が必要な川や湖の釣りに比べて、海釣りは簡単で子供でも釣果も上げやすいのでファミリーキャンプにも最適な遊びです。

 

また、釣った魚をキャンプで食べる事も出来るので一石二鳥だと思いますよ。

波の音が心地よい! 

気温が下がった夜に焚火で薪をくべながら、波の音を聞き、お酒を飲むのは最高です。

 

波の音は、焚き火と一緒で不規則な音であ1/ゆらぎ効果があると言われており、波の音を聞いているだけで、癒しの効果があると言われています。

山に比べて便利!

山に比べて比較的に市街地に近いため、買い出しや都市観光する際のベースキャンプ地には最適です。

 

また、自炊しなくとも市街地で食事や温泉を堪能して、テントでは寝るだけなどの旅キャンプには海キャンプはおススメですね。

 

そして、山に比べて雪の心配が少なく冬場でも営業している通年営業キャンプ場も多いので、一年通して利用出来るのは有難いですね。 

海キャンプのデメリット

ただ、海キャンプも全て良い訳ではなく、デメリットも多いです。

うるさい事が多い!

山のキャンプ場に比べて利便性が高い反面問題になるのは音です。

 

非日常を味わうキャンプなのに、市街地が近いと車、電車の生活騒音が気にある事も多いです。

 

また、便利な分キャンプ場の利用者も多く、マナーを守らずモラルが低い利用者が多いような気がします。

磯の香りが臭い!

自分はあまり気になりませんが、中には海の臭い(磯の香り)が、苦手の人もいます。

 

特に、漁港が近く網を付近で干していたりすると、季節によってはかなり匂いますし、テントなどにも磯の香りが付いたりします。

風が強い! 

山より遮蔽物が少ない為、風が強くなる事が多いので設営時に注意が必要です。

 

テントやタープを止めるペグについても、砂地で支持が効きにくい事もあるので、利用時にはペグの選定をしておく方がよいですね。

季節でキャンプ場を選定をするべき!

それでは、今回はキャンプをするなら海キャンプ派?山キャンプ派?という事でしたが、暑い夏場は涼しい山キャンプが最適のように感じます。

 

ただ、海キャンプを捨てがたいメリットが多く、夏以外の季節なら海キャンプも快適に利用出来そうですね。

 

以上の事から、6~10月なら山キャンプが良くて、11~5月なら海キャンプが最適ですので、季節によってキャンプ場を使い分けるようにしましょう。