格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国で格安キャンプなどの低コストアウトドアを面白可笑しく展開してます!

キャンプでメスティン「まぐろの漬け丼」を作ろう!#055

ソロキャンプの場合は料理が面倒で敬遠される方も多いですが、アルミ飯盒のメスティンを利用すれば、色んな料理を作る事ができるんです。

 

そして、今回は手軽に誰でも簡単にできる「マグロの漬け丼」をご紹介しますね!

メスティンで簡単にキャンプ飯を作ろう!

筆者はキャンプ歴10年と長いのですが、以前はソロキャンプで一人分だけのご飯を炊く事が面倒と感じていました。

 

ファミリーキャンプなら3~4合の米を炊くので問題ないのですが、ソロだと1合以下しなので、わざわざご飯を炊くのが煩わしかったんです。

 

そのため保冷剤代わりの冷凍御飯を持参し、以前は雑炊にする事が多かったのですが、トランギアのメスティンを入手したおかげで、ソロでも手軽にご飯が炊けるようになりました。

トランギア メスティン TR-210

by カエレバ

ダイソー メスティン

最近は、100均でもアウトドアグッズが充実してきて、ダイソーのメスティンでも問題なく美味しいご飯が炊けるので、まずは手軽に試したい方にはコチラがおススメです。

 

⇩ダイソーメスティンの記事です⇩

www.a-chancamp.com

 

最近ではメスティンを使って毎回違ったレシピを楽しんでいるので、キャンプ場でも簡単に作れる、メスティンキャンプ飯をご紹介していきます。

キャンプで「まぐろの漬け丼」を作ろう!

今回は旅キャンプで昨晩マグロの刺身の残りを利用して、どんな刺身にも合う漬け丼の紹介です。

 

特に長期キャンプなどでは、新鮮な刺身を現地調達して、日持ちする食材を合わせれば簡単に美味しい漬け丼が造れますよ。

メスティン まぐろの漬け丼【食材】

今回は、特価品のマグロの切れ端を利用していきますが、一般的な刺身でも応用できますよ。

  • 米:0.75合(3/4合)
  • 水:150㎖
  • 錦糸たまご:適量
  • 刻み海苔:適量
  • 刻みネギ:適量
  • 醤油:大さじ1
  • マヨネーズ:適量

メスティン まぐろの漬け丼【作り方】 

米に水を給水させよう!

夏場は30分、冬場は60分ほど米に水を吸水させましょう。

 

ひと手間かかりますが、前日から浸け込んでいたり、わざわざ待たないように工夫するのがおススメです。

メスティンで炊き込む!

ガスバーナーで炊き込んでいきますが弱火で10分前後で蒸気が出始め、更に火を弱くして5分ほど加熱しましょう。

炊上がり後は蒸らそう!

火が消えたら保冷バックやタオルでくるんで10~15分程蒸らしましょう。

マグロの漬けを作ろう!

米の蒸らし中に、シェラカップなどを利用して醤油をまぶして漬けを作っていきましょう。

錦糸たまごを全体にのせよう!

蒸らし時間が終わったら、米の上全体に錦糸たまごを載せていきましょう。

具材を盛り付けて完成!

錦糸たまごの上にマグロの漬け、刻み海苔、マヨネーズとネギを散らせば「まぐろの漬け丼」の完成です。

蒸らし時間に味噌汁を作ったり、おかずを用意しておけば豪勢に見えますよ。

メスティン飯のまとめ! 

今回も誰でも簡単にできる「まぐろの漬け丼」をご紹介しましたが、手軽にできる割りに美味しいのが特徴ですよ!

まいたけ御飯

コスト:★★★☆☆(300円前後です)

難易度:★★★★★(固形燃料で調理簡単)

時間 :★★★★☆(30分)

味  :★★★★★(錦糸卵の甘みと漬けのしょっぱさがマッチして絶品です)


コメント:日持ちする錦糸卵と刻み海苔があれば地物の食材で簡単にできます!

 

まぐろの漬け丼は、メスティンを使えば初心者でも簡単に作れ、時短も出来るタイプの調理ですのでソロキャンプ飯や登山飯にも最適です。

 

今回は「まぐろの漬け丼」をご紹介しましたが、手軽にできる割りに美味しいのでキャンプで何を作ろうか悩んでいるなら一度作ってみたらいかがでしょうか。