格安^^キャンプへGO~!

北陸富山発!全国の無料&格安キャンプ・車中泊・旅行・低コストアウトドアを面白可笑しく展開中~^^

冬キャンプを楽しくするために睡眠時に大切な事とは!?

季節も晩秋の11月です。

 

日本各地もそれなりに朝晩は冷え込む日が多くなってきましたね。

 

そんな中、色付いた綺麗な紅葉を見ながら、虫のいない時期に快適にキャンプを楽しんでおられる方も多いかと思います。

 

そういう意味では、これからの時期の冬キャンプは初心者の方が始めるにもおススメです。

 

※アニメゆるキャン△の影響で冬キャンをされる方も昨年から増えたみたいですしw

by カエレバ

www.a-chancamp.com

 

しかし・・・

 

この冬キャンプにおいて重要なのが、寒さ対策です!

 

もちろん、日中は暖かくストーブや焚き火で暖を取る事が出来るので、この寒さ対策は比較的簡単ではありますが、寒さ対策を万全にしないといけないのは何だと思いますか・・・?

 

⇩関連記事です⇩

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

 

まあ、色々と考える事はありますが

 

それは・・ 

 

寝るときなんです!

f:id:A---chan:20191101094205j:plain

普通に考えればそうですよね。だって寝ているときにはストーブも、焚き火も出来ないですし、テント内でストーブを付ける事は出来ますが、一酸化炭素中毒の危険性もあるので、基本的には就寝中はストーブは消さないといけません。

 

それに、寝る際に寒いと本当に寝れない状態になり、翌朝以降の体力面が心配になりますので、快眠する事はキャンプでは必須です!

 

そもそも、快適に眠れない状態でキャンプが楽しいはずがありませんからね。

 

そんな中、我が家は冬キャンプについては、そもそも寒い地域にはいかないようにしており、外気温も7~8℃下回らない時にしか冬キャンプをした事がないので、経験値は初心者並みです。

 

実際我が家で使っている、寝袋も基本は3シーズン用で、寒い時期は厚着をして靴下を履いて寝る事で問題はありませんでしたし、ソロキャンプでより寒くなる場合には寝袋の上から毛布を被れば十分暖かいと思います。

 

使用しているのは、Naturehike製の封筒型寝袋で超コンパクトに出来るのがおススメですが、性能とすると最低使用気温9度、快適推薦温度15度から20度なので、とてもコレだけ冬キャンプは乗り切れません! 

by カエレバ

 

 

なので、今までの冬キャンプは、+αで厚着や毛布を利用していました。

 

ですが、本格的にソロなどで冬キャンプをしようと考えれば、氷点下対応の寝袋が必須になりますので、今回は寒い冬でも快適快眠が出来る寝袋を考えていきましょう!

 

まず最初に、寝袋は大きく分けると2種類の形状に分類できますので、特徴をまとめてみたのが、下の表です。  

f:id:A---chan:20191101214717p:plain

 

基本的には、封筒型かマミー型に分類できますが、一番重要なのが中に入っている素材です。

 

        f:id:A---chan:20191101214809p:plain

 

単純に素材は化学繊維系(化繊)か、ダウン系(羽毛)に分けられ、おのおの特徴があります。

 

 

封筒型

 

一般的にホームセンターなどでも安く売っているのは上記の封筒型寝袋で、中身は化学繊維で出来ていく事が多くて、格安で購入する事が可能です。

 

その分、保温性能も低めですから、主に春・夏・秋といった3シーズンのものが多く、本当に安い物は夏だけ使える寝袋もあります。

 

 

ただ、中綿が化学繊維の為、ダウンに比べて圧縮がしにくいので、サイズは大きめで重いですから、ファミリーキャンプの際は車でのキャンプではないと家族分の寝袋を運ぶ事自体大変です。

 

その為、我が家は上記で説明した化繊でもコンパクトになる寝袋に、アップデートしましたので・・・w

www.a-chancamp.com

 

上記の通り、格安で購入できるのは良い反面、封筒型で肩から上の部分が外気に触れやすく、素材的にも保温性能が低い為、冬キャンプにはおススメ出来ない形状だと思います。

 

※封筒型でも、中綿がダウンの物も一応ありますが形状的には冬にはオススメ出来ない。 

 

 

マミー型

 

マミー型の良い点は、寒い時期のキャンプには最適で、中に入ると首元や頭もすっぽり包み込んでくれますので、外気と接する面が顔だけになるので、マスクをするなりで寒さ対策は出来ますので、冬キャンプ向けの形状ですね。

 

 

そして、マミー型は化繊もダウンも両方ありますがダウンについては、羽毛布団といった方が分かり易いかもしれませんが、ダウンが適度に空気層を作る事で非常に暖かいです。

 

ですから、保温性能は非常に高く、氷点下10度以下での十分運用可能な寝袋までありますが、逆に暑すぎて寝汗をかいたりする可能性もありますので、使用する時期や最低気温などを考えて利用する必要があります。

 

また、ダウンは化学繊維に比べて圧縮率に優れており、コンパクトに収納して持ち運びができる反面、自然物ですので使用しないときは収納袋から出して、外気に触れさせながら保管しないといけない事がデメリットかもしれませんね。

 

ちなみに化繊のマミー型寝袋も種類は豊富ですが、何が一番問題かといえば大きさだと思いますし、まあその分価格はダウンよりは安くなるので、冬キャンプで積載に余裕があるのであれば、化繊でもいいかもしれませんね。

 

そして、ダウンの最大のデメリットが価格です!例えば化繊の封筒型寝袋だと1,000円前後の格安寝袋から購入出来て高い物でも、10,000円以上するものは少ないですが、マミー型のダウン系場合は20,000円~50,000円くらいが相場になります。

 

エエッ!?

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

高過ぎる・・・!

 

よくよく考えれば、キャンプ場で使えるコンパクトな羽毛布団と思えば、相場的にはそれくらいなのが納得できますが、家族全員分揃えるとなると、それだけで痛い出費になりますよね。

 

ちなみに我が家、夫婦+子供4人で下手すると30万近い出費になりますし、そもそも厳寒期には行かない!氷点下にならない地域でキャンプをするなどを考えて、キャンプ地を決めていく事がまずはおススメです。

 

そして、個人的には地面からの遮熱を考えて、寝る際にインフレータブルマットかコットを利用し、厚着になって靴下を履いて、3シーズン寝袋と毛布を利用すれば0℃くらいまでなら十分快適に眠れると思いますよ~♬

 

ちなみに我が家で使用しているハイランダー製の格安インフレータブルマットです。

 

by カエレバ

 

by カエレバ

そして、我が家で使っているDOD製のローコットもサイズ的には良いのですし・・

 

自分一人の場合だとコット+マット+寝袋+毛布の4点セットなら十分ですよね~♬ 

 

by カエレバ

 

寒がりな方は、更にカイロや湯たんぽを利用すれば暖かいですよ。

 

そして、タイトルにあるように冬キャンプを楽しくするためには、絶対に睡眠が重要ですから寒くないよう、暖かい状態で快適快眠が出来るような準備を怠らないようにしたいですね。

 

最後に、高価な寝袋を買わずに、冬キャンプでも自分の持っている物次第で、格安に暖かく快適に過ごす事は十分に可能ですので、まずは知恵を絞ってみるところから始めてみても良いかもしれませんね。

 

 

 

それでは、皆さんの

キャンプライフの参考に 

なれば幸いです~♬

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓