快適なキャンプシーズン到来!秋キャンプで一番気を付けないといけない事!

f:id:A---chan:20200828125721j:plain

いや~今年の夏も短い割に暑かったですね…

 

といいながら、残暑が厳しい8月下旬です。

 

今年は各地コロナの影響で、学校の夏休み期間が短ったり、外出も自粛気味で春から夏にかけてキャンプに行けていない方は多いのではないでしょうか?

快適なキャンプシーズン到来!

勿論我が家も毎年夏キャンプは合計1週間近くしている事が多い中、今年は2泊3日を近県で過ごした訳なんですが…

 

Σ( ̄□ ̄|||)

 

今年の夏が短かった…w

 

キャンプを本当の意味で堪能したいならこれからの時期のキャンプが最適ですよね~♬

秋キャンプのメリット

特に秋キャンプには色んなメリットがありますからね!

過ごしやすい

秋キャンプで一番のメリットなのが、夏の暑さも落ち着いて、湿度も低く日中も快適に過ごせるところです。

 

9月中旬~10月上旬は過ごしやすい気温が多いと思いますので、キャンプを始められるならこの時期が一番おススメかもしれないですね。

食欲の秋

f:id:A---chan:20200828125800j:plain

そして、秋といえば食欲の秋ですよね~♬w

 

特に果物、野菜やキノコ類なども収穫時期になるものも多く、旬な食材を使ってのキャンプ飯は格別ですよ。

 

また、キャンプ地の旬な名産品での料理は、アウトドアの環境も相まって美味しく感じられると思いますよ。

 

個人的には、炭火での秋刀魚を焼いて食べるのが絶品ですが、今年は秋刀魚が不漁でお高いので食べられないかも…

 

( ノД`)シクシク…

中秋の名月

f:id:A---chan:20200828125815j:plain

また、秋といえば中秋の名月が有名ですよね!

 

特に大自然に囲まれたキャンプ場では、人口の明かりは少なく暗いので月見をするのには最適で、焚火をしながら、月見酒と考えただけでもよだれが出ちゃいます…w

 

ちなみに今年2020年の中秋の名月は10月1日ですが、例年この時期は晴天に恵まれる確率は低いので、もし見れるようなら貴重なので是非みてみたいですね。

スポーツの秋 

f:id:A---chan:20200828125840j:plain

また、秋といえばスポーツの秋ですよね。

 

例年10月に体育の日もありますし、運動会シーズンだったりとスポーツをするには、気候も涼しく湿度も低めだからでしょうね。

 

当然、キャンプ場でも広場やグランド、テニスコートなどを併設している場所も多いですし、また山手のキャンプ場に行くのであればトレッキングや登山などに挑戦するのも良いですよね

虫が少ない

そして、気温が下がる晩秋では屋外にそもそも虫がいなくなります。

 

女性だけではなく、虫が苦手な男性も多いですから、虫が苦手な方は晩秋からキャンプをされると余計なストレスが無く快適にアウトドアライフを堪能できますよ。

 

パッと考えても、秋はキャンプをするには最高のシーズンだという事が分かりますが、秋キャンプをする際に一番気を付けてほしい事があります。 

秋キャンプで一番気を付けないといけない事! 

もちろん、屋外で楽しむアウトドアですから、気を付けないといけない事は季節構わず沢山あるのですが…

 

その中でも一番気を付けないといけないのが…

 

寒さです!!

 

Σ(;゚Д゚)!?

 

まだ、猛暑なのに…w? 

寒さ対策 

確かに9月~10月上旬までは日中の気温が夏日を超える日が多いので、日中はむしろ暑さ対策などを考えなければいけません。

 

ですが、日が暮れた後の夜~朝にかけては、場所によっては非常に冷え込み、10月でも氷点下を下回る事があり得ます。

風が強いと寒さ倍増 

f:id:A---chan:20200828130017j:plain

⇩9月中旬でも寒かった記事です⇩ 

www.a-chancamp.com

実際、上記記事のキャンプ場には9月中旬に訪れたのですが、標高も1,500m近くあり平地に比べて気温がマイナス9℃ほどのキャンプ場でした。

 

そして更に眺望が良いキャンプ場で遮蔽物がなく風速3~4mあったため、風速1mで体感温度マイナス1℃と考えるのなら、体感温度はマイナス12~13℃だったという事です。 

 

その為、夜のキャンプ下では超寒いうえに、風が強く暖をとる焚き火も出来ないので、簡易ストーブや冬用上着や冬用寝袋が必須です!

氷点下キャンプ

f:id:A---chan:20200828125858j:plain

⇩想像以上の冷え込みで氷点下キャンプになった記事です⇩

www.a-chancamp.com

実際、上記記事のキャンプ場には11月初旬に行こうと思っていたキャンプ場が熊の影響で休止しており、急遽連絡し伺いました。

 

ただ、標高は700m近くあり平地に比べて気温は若干下がるものの、山あいで自然があふれる川沿いのキャンプ場でした。

 

ただ、ここでの問題点は山あいの川沿いという事で冷気が入ってきやすく、また連日の晴天で放射冷却効果で、この年一番の冷え込みになったという事です。

 

そのため、富山県の11月初旬でありながら氷点下2℃を記録し、テントやキャンプギアが凍る事になって、しかも車のバッテリーが上がってしまい、エンジンがかからないという事に最悪な事に遭遇しました。

まとめ 

以上の事から、秋キャンプは初心者向けの季節でありながら、天気の急変などによっては想像以上に気温が冷え込む事が多々あります。

 

その為、これからキャンプを始めようと思われる方は、暑過ぎかもしれないくらいの装備でキャンプに行く方が間違いがありません。

 

そもそも暑ければ、脱げばいいだけの話しですが、寒くて着るものもなくて風が強く暖をとれなければ最悪で、その環境化だと下手すれば寒すぎて眠れないといった事も十分考えられますので、万が一の事を考えた装備が必要です。

 

ですから、秋キャンプで一番に考えてほしいのは、使用温度が低めな寝袋&シュラフを用意しておけば、いざというときに助かりますし、価格が安い今だからこそ冬用寝袋の購入を考えてみられる事はおススメします。

 

⇩格安ダウンシュラフの記事です⇩

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

www.a-chancamp.com

 

それでは、皆さんのキャンプライフの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 ↓ランキングに参加していますので、ポチっとクリックお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

↓共感できるなら気軽にブックマークお願いします(#^.^#)↓